目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌と和弦の日々 6-1


 ライブ当日のリハーサルがたった今終わったところ。
 今日は千晶ちゃんもマイク使用だし、玉城の生ピアノじゃなくてキーボード。だからオレも自前のエレアコギターをアンプにつないで音を出した。
 ライブハウスの人に言われたことに従ったり、問われた専門用語に答えられなくて玉城に助けを求めたりしながら、どうにか乗り切った。

 終わった後に一旦楽屋へ行ってみたけど混雑していたから、リュウジとオレは外へ出てきて座り込んでいる。
 「そうか。リュウジは知ってたんだ。今日タカシのバンドと一緒だって」
 「ああ──、まあな」
 珍しく歯切れのよくないリュウジの話し方だった。
 「もしかして、こないだひとりのときにコウヘイたちと揉めたのって何か関係あるんじゃない?」
 「別にねえよ、そんなの。第一ハヤトが首を突っ込む問題じゃねえし。そんなこと心配してる場合じゃねえだろ? 本番まで集中な、ハヤト!!!」
 「あはは、了解。そうする」
 リュウジにそう返して、オレは楽屋から持ち出してきてたギターを膝にのっけてコードを鳴らしてた。こうしてるとちょこっと落ち着くのが不思議だ。
 
 さっきちょこっとリハーサルで聴いたタカシのギター。場慣れしている感があって、大したものだった。勢い重視のパンクだから高度なテクニックが要るジャンルじゃないみたいだけど、なんかこう、巧いんだなって思えるオーラが出てた。
 けどオレ、初心者に毛の生えたようなもんだし。張り合おうなんて思っていないし。
 本来負けず嫌いなオレだけど、半面開き直るもの案外得意。これが勝負だとしたら、オレがタカシに敵うわけないからね。オレはオレの道を行くことにする。

 「ああ、ここだ。ノブオ」
 「ほんとだ──あ、ハヤトさん、兄貴!!! チュ~っス!!!」
 「オウ、ダイゴ、ノブオ!!!」
 そうこうしているうちに、ふたりが陣中見舞いにきてくれた。
 「ハヤト。差し入れだ。」
 「悪いね、ダイゴ。ノブオ」
 ダイゴに差し出されたのはドーナツ屋さんの袋だった。
 「リュウジ、いただく?」
 「いや。俺はいい。それはお前ら3人への差し入れだからな!!!」
 「あはは、別にいいのに。リュウジって堅いよね」
 「ホントっス。オレ、兄貴の分もって思って、いちごのやつ選んだっスけど……」
 まあいいから、とリュウジに促されて、オレは一旦ギターとドーナツを持って楽屋へ戻った。

 「千晶ちゃん、玉城。これダイゴとノブオから差し入れだって」
 「あ~、いたいた。ハヤト。そろそろ呼びに行こうかと思ってたんだ」
 「オレ? 何かあった? 玉城」
 「うん。ちょっと曲順変えようか、って。玉城くんと相談してたとこ」
 「あ、そうなんだ。どんなふうになる?」
 「えっとね、真ん中にしてた曲、やっぱ盛り上がるからラストにしたいの。で……」
 千晶ちゃんが曲順表を指さす。玉城が鉛筆で矢印を何本か書き入れる。書き直したものをライブハウスにもう一度出さないといけないらしい。
 見守るオレは頷きながら自分用の曲順表を広げて、玉城と同じように矢印を入れて。ともすると混乱しそうになる曲名の横に出だしのコードを幾つか書き込んで。
 「そうかそうか。ここからはこっちに繋げたほうがいいのか」
 「うん。ここでMC入れたいな、って」
 ふたりの真剣な表情。よし、オレも男にならなくちゃいけないよな。

 ヘアスプレーの匂いが染みついた狭い楽屋を4分割で使う本日の出演者たち。
 オレたちの陣取ったとなりはタカシたちのものらしき荷物があった。メンバーは外出中みたいで、オレはすこし安心した。なんか顔合わせにくいような気がしてたから。


スポンサーサイト

テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

歌と和弦の日々 6-2


 「うん。じゃあこんな感じでいこっか」
 「だね。そしたら僕、これPAさんと照明さんに渡してくる」
 「お願いね、玉城くん。じゃああたしはお化粧の続きに戻るかな」
 玉城が書き直した曲順表を持って楽屋を出て、千晶ちゃんが鏡に向き直る。
 「それじゃオレ、リュウジたちのとこ行ってるね、千晶ちゃん」
 「うん。あ、ついでにミネラルウォーター買ってきて、玉城くんのも」
 「了解」
 そうしてオレは、もう一度外へ出る階段を上がった。

 うん──きっとこんな光景が目に入ってくるんじゃないかな、って予想はしてた。だって状況が状況だし、もういい時間だし。
 ライブハウスの前の路地には、まもなく開場時間だからお客とおぼしき人々がすでに大勢集まっていた。
 その中で人混みがあえて避けている異様な空気を醸しているあたりに、オレは確信めいた視線を送る。
 やっぱり、か。
 無視するわけにも当然いかないので、そっちに近づいていった。
 
 「これはこれは。お揃いで」
 無言のままの視線の応酬を続けている連中に外側から声をかける。
 と、3対3の睨み合いをしていた面々がそれぞれオレを振り返った。
 「ハヤト!!! 馬鹿、お前、何で出てきたんだ?」
 慌てたようにリュウジが言うのに、オレは落ち着いて答えた。
 「うん。お使い。ミネラルウォーターがいるんだって」
 「ほう。余裕だな、特攻隊長」
 「どうも。オレ、緊張しすぎると開き直る体質だからね」
 なんて言葉を返す先は──当たり前のようだけど暗黒一家のコウヘイだ。
 「今日、タカシも出るんだね。オレぜんぜん知らなくて。彼、ギター巧いな」
 オレは挨拶がわりに、純粋にタカシを讃えてみる。コウヘイは何も答えなかった。

 「オレは飛び入りだから大したことないけど、ウチのメインのふたりはコウヘイも知ってる顔だ。だから期待していいよ。ふたりとも真剣だし。いいもの聴けると思うから」
 何の偽りもなく、煽るようなつもりもなくオレは言ったんだけど。どうしたことかダイゴとノブオが慌ててオレのシャツを引っ張った。
 「ハヤト。ここは放っておいて早く買い物に行ったほうがよい」
 「そうっスよ。何もここで揉めなくたって」
 「揉める? なんで?」
 「ああ、もう。ハヤトは!!! いいから早く行けや!!!」
 なんだかわからないけど、オレは言わないほうがいいことを言ったらしいと今さら悟る。
 説明してもらったりは出来そうもない雰囲気だった。コウヘイらはオレを嫌な目つきで見ていた。仕方なくリュウジたちの言に従って場を去ろうとしたとき──
 
 「あ、総帥。ハンゾウさん、ゴンタさん──あ……」
 自分の先輩らの姿を見つけたタカシが近づいてきて、同時に目に入ったらしいオレたちに微妙な視線を寄越した。
 「タカシか。今な、鬼浜の特攻隊長が挨拶に来たところだ。お前も挨拶しておくといい」
 「そ、総帥……。いえ、今はそんな」
 「言ってもいいんだぞ。玉城のピアノで共演するギターは自分ひとりのはずだってな。特攻隊長に思い知らせてやるがいい」
 「え……?」
 何を言われているんだかわからなくて、オレは間抜けな顔をコウヘイに向けた。
 
 場の空気が揺れた。騒ぎを起こすつもりはないとは言え、リュウジは鬼気迫る表情でコウヘイを睨む。
 リュウジが何か言おうと口を開きかけるのと同時に──タカシが大声を出した。
 「総帥!!! すみませんがここは穏便に頼みます。オレにとっては大事な闘いの前なんです。大丈夫──オレ、今日は敵の特攻隊長に負けたりしませんです!!! だから今は……」
 細い体を張って、タカシはおのれの総帥に強く言ったんだ。その姿は逞しくさえ見えた。



テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

歌と和弦の日々 7-1


 本日のライブイベントが始まった。
 最初の出演は、地元の女の子バンドだった。
 オレたちの出番は次。楽屋で3人揃って、最後の打ち合わせをしたりしている。
 「ハヤト。ここんとこ間違えないでね。きっかけ、ハヤトからだから」
 「うん。気を付けるよ、千晶ちゃん。あとは走らないように、だよね?」
 「そうそう。抑えめに頼むよ~、特攻隊長どの」
 オレはくすりと笑って、玉城に向かって親指を立ててOKの合図を送る。

 「ハヤト、大丈夫? 緊張してない?」
 「ん。わりと平気みたい。オレって開き直るほうだからね」
 「それは心強いなあ。僕はがっちがちだからね~、いつも」
 「え~、ウソばっかり。玉城くんが緊張してる顔なんて見たことないよ」
 「あ、それ心外だな、千晶ちゃん。どうせ僕は腹話術の人形みたいな顔してますよ」
 「あはは。そんな意味じゃないってば。ごめんごめん」
 こんなふたりの会話を聞いてると、緊張してる暇なんてないかも。助かるね。

 「あのう──」
 オレたちの会話を聞いていたやつがひとり。オレがつとめて気にしないようにしていた楽屋の片隅から出てきたのはピンクのモヒカン──暗黒一家のタカシだった。
 「タカシ。どうかした?」
 タカシとはピアノ教室での幼友達だったという玉城がそう返す。
 「えっと、あの。特攻隊長」
 「ん? オレ?」
 「……はい。あの、さっきの総帥のこと。あれ、何でもないですんで」
 真実、済まなそうな表情でタカシは言う。
 「とにかく本番前にスミマセン……」
 「そっか。じゃあオレ、気にするのやめとくわ」
 いつもの敵味方ってのは、今日のオレは度外視だ。
 だって、今日はタカシとは同じステージに立つ仲間……って言ったらおかしいけど、少なくとも『同志』であることには変わりないから。
 
 「あのさ。暗黒の1年くん」
 「あ、はい? 何でしょう?」
 千晶ちゃんが問いかけるのに、かしこまった顔をタカシはしてた。
 「あんた大将に遠慮しすぎなんじゃない? 普段はいいけどさ。今日みたいなときって、どっちかって言ったら大将は脇役じゃないの。それなのにあんたが大将の尻拭いしてどうすんのよ。大きくなんなさいよ」
 千晶ちゃんが言うと、タカシは小さく肩を落としたんだ。
 「千晶ちゃん。そんなにタカシを責めちゃいけないな。タカシだって本番前だよ?」
 「あ──そうだよね、玉城くん。ごめん、言い過ぎた」
 「いえ……」
 「でも、千晶ちゃんが言うのも一理ある。タカシがコウちゃんを無条件に慕っているのはわかるけど。でもさ、もっと自己主張してもいいときもあるのかもね」
 タカシは黙ってうつむいたままだった。

 そんな様子を見ながら、オレは思っている。
 タカシと同じようにリーダーを慕う1年生のノブオは、タカシよりも恵まれているのかなって今まで感じていたんだけど、実際はどっちも変わりなく可愛がられているのかも。
 さっきのコウヘイの剣幕ときたら、すごかったから。
 それってのは可愛い後輩を思ってのことなんだろうから。
 「まあ、いいじゃん。お互い部下思いのリーダーを持つと苦労することもあるってことで納得だ。オレは」
 オレが肩をぽんと叩いて言ってやったら、タカシはなんでか目を潤ませていた。
 こいつも案外苦労してるのかもね。

 さて、本番は目前だ。
 オレは出番前にもう一度、鏡の中のオレを見直した。
 衣装は着慣れた特攻服。千晶ちゃんには笑われたけど、これがオレの闘いに挑む正装だから着ないわけにはいかないんだ。



テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

歌と和弦の日々 7-2

 
 最初のバンドの演奏が終わって、女の子ばかりのメンバーが楽屋に戻ってきた。
 それと入れ替わりにオレたちは、いよいよ舞台袖へと向かっていく。
 最後にチューニングをもう一回確認して、それから深呼吸。

 「ハヤト。玉城くん」
 花柄のシャツのステージ衣装を着た千晶ちゃんに呼び止められてオレは振り返る。
 「よっし、気合い入れてこう!!!」
 「お~う!!!」
 「OK!!!」
 円陣を組んで、中心に向かって伸ばした手を触れあわせた。
 こういうのってどこのバンドでもやる儀式みたいなものなんだろう。
 いっぱしのバンドマンになった気がして少し優越感のオレ。 
 緊張していないと言ったら嘘になるけど、背筋にぴりっと走る戦慄みたいなものには慣れている。うん。いつもの闘いの前とそっくりだ。
 そんな風に感じたから、きっとオレはできるんだって思いこむことに成功した。
 ここで決めるのがオレだろ? オレが一番だろ?

 客席の照明が落とされて、ステージ中央の千晶ちゃんにピンスポットが当たった。
 ざわめきの止んだ客席にちらっと目を向けたけど、リュウジたちとコウヘイたちがどこにいるのかはわからなかった。
 
 「じゃあいくよ。いっせ~の」
 あはは。本番でも『いっせ~の』って言うとは思わなかったな。
 玉城のカウント出しの声がいつもとまったく一緒だったから、オレはすんなり曲に入っていけた。
 玉城の鍵盤に合わせて弦をはじく。8小節の前奏を経て、千晶ちゃんの声が乗ってくる。
 乙女な男子高校生の甘い歌声は、その場に居合わせたお客さんたちの心にきっと響くんだろうな。
 ミドルテンポの耳にやさしい1曲目から、2曲目はアップテンポの弾む曲。
 そこまで終わると千晶ちゃんのMCを挟むことになっている。
 「は~い、こんばんわ。初めての方も毎度の方もどうぞよろしくぅ!!! 今日はゲストに我らの特攻隊長・ハヤトを呼んだよ」
 なんて千晶ちゃんが言うのを承けて、オレはお辞儀なんかしてみた。すると──
 「ハヤトさぁん!!!」
 「……え?」
 意外にも客席から声を掛けられて、きょとんとしてしまった。
 「オイ!!! ハヤト、なんて顔してんだ? ビッとしろや!!!」
 「え、あ、リュウジ。えっと、了解」
 遠くから聞こえるリュウジの怒号にそう返したら──なんか受けてる。こっちは大真面目なんだから、みんな笑うことないのになあ。
 
 続く3曲目。こちらはせつない恋の歌だ。千晶ちゃんの歌唱力が冴え渡る。
 千晶ちゃんも玉城も、ずいぶんステージ慣れしているみたいだ。
 それに引っ張られるように、オレも今日は調子がいい。案外本番には強いのかも。
 ピアノ歴はかなり長いんだそうな玉城は、ところどころにアドリブを入れる。玉城の作曲による4曲目は、耳に残るコード展開がウリ。
 歌の止む間奏部分ではオレも手をとめて、玉城ひとりに場を委ねる。
 その指が生み出すきれいな旋律に、思わず一瞬聴き入ってしまうほど。

 初めて踏んだステージを、オレはすごく楽しいと感じてた。
 スモークマシンのオイルの独特な匂い。色とりどりに光るライトたち。
 それらがオレたちのために使われているっていうのが誇らしい。

 曲も進んですでに終盤にさしかかっている。この曲が終わったら、次は最後の1曲だ。 よし、最後まで突っ走るか──弦を強くピックで叩いたのがまずかったらしい……。

テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

歌と和弦の日々 8-1


 「え、嘘だろ……?」
 ぷつん、と手応えを感じたオレは、抱えたギターの1弦が切れたことに気付いてあわてふためいている。

 この曲のエンディングから続けてラストの曲に突入する予定で盛り上げていた最中のこと。強めのピックを当てたからなのかどうなのか。弦の切れたままのギターを鳴らし続けているオレだけど、こういうトラブルなんてはじめてだから内心おろおろしまくってる。
 上手の立ち位置から、下手の玉城に目配せしてみた。
 玉城も気付いたみたいで、あらら、って顔をしてる。
 ちょうど後ろを振り向いた千晶ちゃんも、えっ? って顔でオレを見た。

 さて、どうしたもんか。このまま最後まで行っちゃうか?
 生きてる弦はあと5本あるし──けど、ウチの構成はドラムもベースもないから、いかにラストがコードをかき鳴らすだけの派手目の曲だって言っても、ごまかしが利くかな?
 玉城がちょこっと困った顔で千晶ちゃんと視線を交わしながら、アドリブで曲を伸ばしてる。ふたりはそうしながらオレを見て──頷いた。
 うん。このまま行けって意味だ。よし、了解。
 本番にはトラブルはつきものだからね。開き直りの意地でもってオレは頷き返して、このまま最後の曲の最初の和音を作るべく、左手のポジションを構えなおした。
 
 ちょうどその時だった。
 舞台下手の袖から腰を低めた人影がステージを横切ってきて、オレの前に現れた。
 彼は手持ちのギターをオレに手渡して、オレのギターを受け取る仕草を見せる。
 オレは肩からストラップをはずして、彼に弦の切れたギターを預ける。そして彼の差し出した楽器を肩にかけた。
 そうしている間に彼は屈み込んで、アンプにつないだシールドを差し替える作業をしてくれている。

 「大丈夫ですぜ、特攻隊長。ちゃんとチューニングは合ってますんで。アコギじゃなくて悪いけど、弦は6本生きてます」
 オレを助けるための作業を素早く終えて、立ち去り際にオレに耳打ちしたのは、出番を次に控えたパンクバンドのギタリストだった。
 「ありがとう。恩に着る」
 玉城の弾くアドリブの中でそう呟いたのは、彼の耳に届いたかな。
 彼──ピンクのモヒカンのタカシに。

 タカシのギターは白のレスポール。オレのエレアコよりも重いから、肩にずっしり来る感じ。
 気を取り直して左手のポジションを決めて、オレは玉城に目配せを送る。
 さて、行こう。これが最後だ。
 アコースティックな楽器編成の3人組によるラストナンバーは、形態からは有り得ないほど熱い曲。
 ロックどころかパンクに近いのかな? 編成の限界に挑むかの如く、弾むリズムを叩くのは玉城の鍵盤。千晶ちゃんの歌も、腹の底から声を出してる感じで客席を盛り上げる。
 オレはふたりの音の隙間を縫うようにして、弦をかき鳴らした。
 照明はランダムにチェイスしながらオレたちを煽る。それにつられて進む曲のペースは、いつもより速かった。
 オレ、疾走気味かも。いや。オレだけじゃないよな。玉城も千晶ちゃんも、同じくリミッター解除と見た。
 
 ああ、最後にこの曲を持ってきたのは正解だったね。タカシのギターの音色はぴったり合ってる。いつも対立関係なのに、手助けしてくれて本当に助かった。
 なんて言うんだろ。やっぱり同胞っていうのかな。普段とは違う繋がりを感じた。
 陶酔感の合間に舞台袖に目を遣ったら、出番前のタカシのモヒカンが曲に合わせて揺れていた。



テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。