目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はつはる


 新年の瞬間を鬼浜寺で迎えたオレたちは、その後一旦解散してからふたたび集まることになっている。今年初の集会ってことだ。
 集合場所は浜、時間は朝の6時半。
 みんなで集まって初日の出を拝もうという計画だ。
 浜では水平線からの日の出が見られる。その時間はだいたい6時50分とのこと。

 ダイゴのところから家に帰ってほっと一息。
 さすがに体が冷えたから、風呂に入ってあったまった。
 それから居間でテレビ見て、お菓子をつまんで。まだ6時までは時間があるからここでうたた寝でもしようかな。うん、初夢だな──なんてしゃれこんでたら案の定。
 「ハ~ヤ~ト!!!」
 気合いの入った単車が奏でる爆音が近づいてくるな、と思った矢先に至近距離でそれは止まって、続いてリュウジの声が深夜の店の前でオレを呼んだんだ。
 嗚呼、なんたるタイミングの良さなんだろう。

 勝手知ったる何とやら。リュウジは居間まで上がってきて、こたつのオレの向かいに陣取った。さっそくかごに盛ってあったみかんに手を伸ばす。
 「ほらな。思ったとおりだぜ」
 「何が?」
 「ハヤト、お前、寝てたろ?」
 「え──いや、まだ寝てないってば」
 「まだ、ってことは寝る予定だったんだろ? 正解じゃねえか!!」
 「ああ、まあそうかもしれないけどさ」
 あはは、なんて笑いながらリュウジにお茶を出した。
 「まったくハヤトはちょっと目ぇ離すとすぐ寝るからな。来てよかっただろ、俺」
 「なんだよ。寝たら悪いのか?」
 「だってお前、絶対寝過ごすもんな」
 …………あまり否定できない自分が情けないなあ。

 「ところで親父さんとお袋さんは? いねえのか?」
 「うん。初詣だって。オレと入れ替わりで出てった。さっき」
 「オウ、そうか。んじゃこれ、渡してといてくれや」
 とリュウジが差し出したのは、『御年賀』ののしのついたタオルだった。昇龍軒──リュウジの家のラーメン店の名前が入っているやつ。
 「うん、ありがとう。渡しとくよ。いつもご丁寧に」
 「なんの。こういう挨拶って大事だからな!!」
 「あはは。リュウジらしいね。それじゃ遠慮なく」
 
 結局リュウジの隙のない監視のもとに仮眠を断念したオレは、幾分眠い目をこすりながら朝までの時間を、列島中継みたいなテレビを見たりしながら潰した。
 そろそろ出掛けるか、ということになったのは朝6時過ぎ。
 外は寒いだろうからと、なるべく着込んで武装して。
 「今年もよろしく頼むよ」
 なんてエンジンをかけた愛車に向かって呟いたオレを、リュウジは笑って見てた。

 新年初乗りの単車の調子は上々。
 まだ夜の色の、静まりかえった早朝の町の空気に響くマシンの爆音がことさら心地よい。
 よくオレたちみたいなチームが『初日の出暴走』なるもので取り締まられているって聞くけど、オレたち──というか特にリュウジがひたすら地元を愛するわけで、こんなときこそ鬼浜町で過ごすべきだというのが持論。
 いつもの場所で、いつもの仲間とそれでもどこかしら特別な日を分かち合うのがオレたちのスタイルなんだ。

 浜に向かう途中の国道で、オレたちは見覚えのある一団とすれ違った。
 そう──暗黒一家たち。
 いつもならば何か起こってもおかしくはないんだけど、今日はお互いスルーだった。
 もっとも奴らは、背後にパトカーを従えて低速走行に興じていたからっていうのもあるんだけど。
 やれやれ。相変わらずだな。奴らもオレたちも。
 なんてふうに、並んで走るリュウジと視線を合わせたりした。

 浜にはリュウジとオレが一番乗りだった。
 乗り入れられるぎりぎりのところにある駐輪場に単車を停めて、まだ暗い砂浜へ。
 「うわ……海風くるね。寒いな」
 「おう、さすがに俺でも寒いぜ。けどよ、大勢集まれば大したことねえだろ?」
 「あはは、言える。なるべく寄り集まったほうがいいね」
 とか言ってる矢先にダイゴとノブオが相次いで到着した。
 「チュ~っス!! あらためましておめでとうございます」
 「押忍。さきほどは世話になったな。助かった」
 「とんでもない!! 貴重な経験したぜ。な、ハヤト?」
 「うん。今年ほど新年らしい新年の迎え方をしたことってなかったよ、オレ」
 「それならばよかった。また頼みたいものだな」
 「オウ!! いつでも呼んでくれ、ダイゴ」
 
 そうこうしている間に、浜には知った顔が大勢集まってきた。
 クラスの奴とか後輩連中とか、総勢50人の仲間たちの大部分が浜へ来ていると推察される。
 口々に挨拶して、肩をたたきあって。こういう地元ならではの集会をリュウジが好むのがよくわかる。
 「うん。ちょっとはあったかいかも。人が増えたから」
 「うはははは。ハヤトさん、気のせいじゃないっスか?」
 「え、そう?」
 「いや、ノブオ。大勢いると熱気が違うからな。あながち気のせいではないだろう」
 「オウ!! 全員気合い入ってれば寒くなんかねえぜ!!」
 「──そうかも。リュウジが寒そうにしてるのって見たことないもんな」
 言い得て妙、って感じだろうか。

 ほんのりと水平線の上が明るくなってきているのがわかる。
 ただいま時刻は6時40分。あと10分ほどで初日の出だ。
 「おーい、リュウジ!! ハヤト!! みんな~!!」
 そんな声に振り向いてみると、ふたつの小振りな人影がこっちに向かって近づいてくるところ。
 「おう、千晶ちゃんじゃねえか!! よく来たな」
 気付いたオレが手を振った。千晶ちゃんともうひとり──初めて見る顔の女の子は、ふたりしていかつい集団に気後れすることなく輪に入ってきた。
 
 「明けましておめでとう、千晶ちゃん。そちらはお友達?」
 「うん、おめでとう。ハヤト。こっちは最近一緒にやってるギターの子」
 「はじめまして。千尋っていいます」
 ちょこんとお辞儀した彼女はアーモンド型の瞳が印象的な女の子だった。
 「へええ。千晶センパイと千尋サンっスか。なんか漫才みたいっスね~」
 「こらこら。失礼なことを言うでない、ノブオ」
 「あ──ゴメンナサイっス~!!」
 ダイゴがふざけてノブオを小突くのをみんなで笑って見てた。
 
 「こんなむさくるしいところによく来たな、ええと……千尋さん」
 リュウジはすこし身構えて言った。相変わらず女の子の前だとキャラが変わるのがおかしい。
 「今日はね、千尋のたっての希望で来たの。ね?」
 「うん、そう!! だって楽しそうじゃん? こういうの」
 「あはは。いいノリしてるね」
 千晶ちゃんに言ったらうれしそうに頷いた。なるほど、なんかいい感じなのかもしれないね。
 「千晶くんに聞いたんだけど、こうやるんでしょ? ええと──夜露死苦ぅ!!」
 「オウ!! 千尋さんできるな!! よし、その意気だぜ!!」
 千尋さんの思いの外の気合いを見て、驚いたことにリュウジの硬さがとれていた。
 そうか。『仲間』って意識だったら女の子にも平気で接することができるんだ。リュウジは。
 今年初の発見に、オレはひとりでくすっと笑っていた。

 「おお~い!! 諸君、お集まりだな」
 と、今度は上から声が呼んだ。
 声の主は──野球部の森園主将。国道沿いから野球部総員で浜を見下ろしている。
 「オウ、森園!! ランニング──か?」
 「ああ。一年の計は元旦にあり。よって我が鬼工野球部は新春早朝ランニングの最中なのだよ」
 「あはは。森園主将らしいや。精が出るね」
 「当たり前だよ、相棒さん。今年の鬼工野球部はひと味違うのだ。ふふふ」
 と森園主将は言って、野球部の面々はそれぞれに頷いている。その中のひとりを千晶ちゃんが呼んだ。
 「お~い、玉城くん!!」
 「あ、千晶ちゃん。来てたんだ。あれ? 千尋さんもいる?」
 「うん!! はじめまして、夜露死苦って挨拶してたとこ」
 なんかいいね。仲間ってさ。

 さて、そうこうしているうちに。
 「お──そろそろだな!!」
 リュウジの声で、一同──浜にいた仲間たちと国道沿いにいた野球部たちは、そろって視線を水平線へと向けたんだ。
 ほんのりと明け初めた色が海と空の区切りを作る。そしてその境界は、一秒ごとにはっきりしてきている。
 最初のきらめきが遠くの海を輝かせた。
 だんだんと見えてくる今年初の太陽の顔──大きくて明るくて、それは神々しいほどの存在感でもってオレたちを、そう、まるで祝福するかの如く魁偉たる姿を現しはじめた。
 浜で見守るオレたちは、どことなく敬虔な気持ちを持って静かに最初の輝きを浴びていた。
 
 やがて太陽は、完全なる円盤となって海を照らしはじめたんだ。
 「そんなわけで──今年も一年、気合い入れてくぜ!!!」
 静かに初日の出を見ていたオレたちの中に、リュウジの声が響いた。
 「お~っ!!」
 それに応える全員の雄叫び。オレたちいつもの仲間プラス野球部と千晶ちゃん・千尋さんも交えての、パワーアップ版の喝采が浜を包んでいた。
 
 うん。今年はきっといいこといっぱいあるよな。
 こんな仲間がいる──それだけでオレは毎日楽しく過ごせる。
 仰ぎ見たまるい太陽に、オレは思わず手を合わせていた。


スポンサーサイト

テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

矜持対決新春編 1-1


 それにしても正月っていうのはなんて平和なんだろう。
 いつもより寝坊したり、いつもよりだらだらしたりして過ごすことを差して『寝正月』なんていう素晴らしい呼び方まで用意されているんだから。
 そんなわけで、オレはいわゆる寝正月を満喫しているわけだ。
 とは言え、そろそろリュウジあたりが襲撃かけて来そうな気はするけど。
 そんな予感がはずれた試しはないんだけど。

 部屋で寝転がって、のんびりと小さい画面のテレビを見てる。
 今年はお笑いタレントが生中継する番組がけっこう多いな。
 へえ、元旦過ぎても神社には大勢人が集まってるんだ──なんて考えてたとこで部屋の扉が急に開く。
 「オウ、ハヤト!!」
 「あ──びっくりした。リュウジか」
 「なんだよ、びっくりしたってのは。あ~あ、だらしねえなあ。ほら、菓子こぼしてるぜ」
 「ああ、そりゃ失礼。今日は単車じゃないのか? 音もなく現れたからちょっとびっくりしただけだよ」
 「ん? ああ、今日は自転車だぜ。これからハヤトを誘って自転車でカッ飛ぼうかと思ってな」
 笑って言いながら、リュウジは手にしている単車のそれよりはずいぶんちいさい鍵をオレの目の前に出したんだ。

 「え、自転車で? それは珍しいな」
 「だろう? そんな寝てばっかりじゃ体がなまるって。ほら、行こうぜ!!」
 「う~ん。自転車か。そういやしばらく乗ってないなあ……」
 ちょこっと不安なオレ。実は小さいころから自転車を覚えるチャンスがなかったオレは、去年の秋に特訓の末、ようやく乗れるようになったばかりなんだ。
 「大丈夫だって!!! 一度覚えりゃそう簡単に忘れるもんじゃねえから、自転車は」
 「そうか。なら──うん。いいよ。どこ行くんだ?」
 「さて、どこにするか?」
 リュウジはとくに行き先なんて考えていないらしい。考える顔をしながら、オレの横に並んで座って、なんとなくテレビの画面を見はじめた。

 「ほう。初詣か」
 テレビの中継は、まだ神社の境内の模様。
 そんなに気合い入れて見てたわけじゃないから実際どこの神社だかわからないけど、大きな社殿のあるところ。
 どこかで見たことのある風景な気がした。案外近いとこなのかもしれない。
 鬼浜町の近くには、神社仏閣で有名が観光地があるから。
 「うん。リュウジは行った?」
 「そういやまだだな」
 「オレもだ。大晦日の除夜の鐘で満足しきってたよ」
 「わはは。除夜の鐘は寺だろ? 初詣は神社じゃねえかよ」
 「……うん。知ってたけどさ」
 「よし、そしたら神社行くか!! 国道しばらく行ったらあるだろ? 大きい鳥居の神社」
 「あるね。ってか、神社だったらもっと近くにあるじゃん」
 「だから、ちっとは遠くへ行こうぜ!! どうせハヤトは運動不足だろ?」
 「まあ──そうとも言えるけど」
 こうなったらリュウジはてこでも動かない。
 オレは観念して、出掛ける支度にとりかかることにした。

 髪をセットするからと、リュウジを部屋に残して洗面所へ行った。
 そしたら直後にリュウジの大声が、家中に響き渡ったんだ。
 「ハヤト、大変だ!!! ちょっと戻ってこいや!!!」
 ──なんだなんだ? 一体どうしたんだろ?


テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

矜持対決新春編 1-2


 部屋へ戻ると、リュウジはテレビにかじりついていた。
 「どうした?」
 「いいから、ちょっと見てみろや」
 言われて従うと──画面には、男女ふたりが映っている。
 あ、あれ? 知った顔じゃん。
 「え、赤ジャージ? とマキ姉さんじゃないか!!」
 「オウ……」
 さっきからやってる中継番組は、お笑いタレントが初詣客にインタビューしてるやつ。
 ただ今そのターゲットにされているのがどうやら赤ジャージとマキ姉さんってことだ。

 リュウジとオレは、ものも言わずに画面を食い入るように見てる。
 『ええと、おふたりはご夫婦ですか?』
 『い、いや、滅相もない!!』
 タレントふたりにマイクを向けられて、あからさまにたじろいでいる赤ジャージ──なんでか羽織袴を着てる。
 『じゃあ恋人同士ってことですね? いよっ!!』
 『そ、それも少し違う──』
 『ま~た、照れてんですね、彼氏ぃ~』
 『はい、では彼女に訊いちゃいましょ。そんなおふたりの今年の目標はズバリ──?』
 カメラが晴れ着姿のマキ姉さんに寄った。
 マキ姉さんの横でひたすらおろおろしている赤ジャージ。
 それを後目に、マキ姉さんはほんのり笑って──決然とこう言ったんだ。
 『結婚です』
 
 「えええっっっ!!!」

 ────同じように驚愕の声を上げてた。
 オレも、リュウジも。それからテレビ画面の向こうにいる赤ジャージも……。

 度肝を抜かれたオレたちは、そのまましばらく黙っていた。
 出掛ける支度の途中だったオレだけど、なんとなく座ったまま。
 リュウジも急かすわけではなかったし……。
 
 「なあ、ハヤト」
 しばらく経ってから、リュウジが口を開く。
 「ん? なに?」
 「今のな、驚いたよな?」
 「うん。かなりね。マキ姉さんって大胆だね」
 「ああ。俺もそこまで度胸があるとは知らなかったぜ」
 「さすが武道の心得があるってことなのかな」
 「さあな……。でもそれだったら赤ジャージだって、なあ」
 「あ、そうか。そうだね」
 「それよりか、心配じゃねえか? 今の、もしかして佐藤先生見てたりしたらどうなると思う?」
 リュウジにしては珍しく思案顔を作ってる。
 「どう──なるんだろう」
 「わかんねえけどよ」
 
 なんだか出掛ける気を削がれたオレたちは、そのまま部屋でなんとなく過ごした。
 初詣って気分じゃすでになくなっていたから。
 リュウジも珍しく言葉が少ない。
 
 なんとなくテレビのチャンネルを変えてみたけど、どこも似たようなお笑い番組をやってる。
 こんなふうに気もそぞろなときでさえなければ笑えるのかもしれないけどな。


テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

矜持対決新春編 2-1

 
 偶然にも初詣に行った先で、テレビ取材を受けてたマキ姉さんが爆弾発言を放ったその翌日のこと。
 おそらくどこからか、それは暗黒水産の佐藤先生──マキ姉さんの実兄で、赤ジャージの若い頃からの因縁ある人物──の耳に入ることは必至だろうと予測が立つわけで。
 とにかく一度、みんなで赤ジャージのところへ行ってみようとリュウジが招集をかけた。
 
 一旦、本日は正月休業中のリュウジんとこの店に集合したオレたち。
 前もってすこし話そうと、店の中で向かい合う。
 「ダイゴ、昨日のテレビは見たか?」
 「ああ。見るとはなしに見ていたらな。驚いた」
 「ノブオは?」
 「オレは、たまたま見てた母ちゃんが気付いて、呼ばれて見たんスよ。いや、ほんとにびっくりっスよね」
 「そうか。みんな見てたんだ。なら話が早いね」
 「そうだな。つーか、あれ見たら正直、佐藤先生はどうすると思う?」
 リュウジはオレたちにこう投げかけた。
 
 「えっと……ものすごく怒るんじゃないっスかね」
 「うん。オレもそう思うよ、ノブオ」
 「とは言ったものの、あれはマキ姉さんが言ったことだろう? 先生がそう言ったのならまだしも」
 「ああ、そうか」
 オレたちの中では比較的落ち着いて、ダイゴは言った。
 「だが──やはりいい気持ちはせんだろうな。決着がついておらんのだし」
 「だろう? ダイゴ。俺が言いたいのもそれだ」
 リュウジが頷いて同意する。

 「ダイゴ、実際のとこ赤ジャージの練習の成果はどんなもんだ? 仮に今すぐ勝負しても何とかなるもんなのか?」
 「ふむ……。以前よりは格段に闘えるはずだが、どうだろうな。マキ姉さんもあと少しと言っていたが」
 「そうなんだ。じゃあほんとはもう少し経ってからのほうがよかったのか」
 「理想はそうなんじゃないっスか、ハヤトさん。けど、ねえ。状況が状況だから──」
 「よし。とにかく赤ジャージんとこ行ってみようや!! 家にいるかどうかわかんねえけど」
 「うん。ここでこうしてても埒が空かないからね」
 「もしかして学校の道場にいるかもしれないっスよ? 覗いてったほうがいいかも」
 「ああ、その線はあるかもしれんな。または土手を走っている可能性も」
 「そしたら考えられる範囲でいくつかあたってみるか」
 そうリュウジが宣言したのにオレたちが同意したときだった。

 「おい、いるのか? 貴様等」
 店の正面の扉が外から開けられて──現れた顔。
 電気が奥半分しかついていない店内、しかも入り口からの逆光で見るその表情は、とてつもなく不穏なものに見えた。
 背後に控えるスキンヘッド。こちらはまったく表情が窺えない。
 「コウヘイ……か?」
 「ふん。お揃いで何をしてやがる?」
 「何だって関係ねえだろ!!! お前こそ突然こんなとこまで、何の用で来たんだ」
 リュウジの問いに、コウヘイは薄く笑った。
 「ほんの新年の挨拶だ」


テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

矜持対決新春編 2-2


 「へえ、それはそれは」
 コウヘイの意外な言葉に思わず口をついて出た。そしたらコウヘイに睨まれた。
 「特攻隊長よ。貴様、冗談も通じねえのか?」
 「冗談──なのか。重ね重ね意外だね。まさかコウヘイが冗談なんて言うとは思ってなかった」
 「いい根性してんじゃねえか、ゴラァァァ!!!」
 正月気分の鬼浜町にも、やっぱりコウヘイの怒号が止むことはなかったようだ。
 「せっかくだから挨拶代わりに勝負してやろうか?」
 コウヘイの左を守るハンゾウがオレを見る。
 「ハヤト、ちょっと下がってろや」
 ついその気になって、OK──と言おうとしたところをリュウジに制された。

 「コウヘイ、挨拶ってのはそういうことなのか? だったらごめん被るぜ。俺たちはこう見えても忙しいんだ。またにしてくれ」
 「ふん。残念ながら俺等も暇なわけではない」
 言ってコウヘイは、革の上着の懐に手を入れた。
 そして何かを掴み出す。
 「俺等はこれを預かってきたのだ、鬼浜工業の者どもよ」
 コウヘイはリュウジに、懐から取り出したものを手渡した。
 それは折り畳んだ白い紙──表に筆で何かが書いてある。まさか年賀状ってこともないだろう。
 手にしたリュウジは、書き付けてある文字を読んだ。
 「果たし状──か」
 「言っておくが俺から貴様へ、ではねえぞ、リュウジよ。それは我が暗黒水産の佐藤先生から託されたものだ」
 「佐藤先生が──!!!」
 聞いたオレたちは素早く視線を交わしあった。
 「貴様が渡すべき相手は言うまでもねえよなあ、リュウジ?」
 リュウジは何も言わない。リュウジの背中を見ているだけのオレはこう予想する。
 おそらくリュウジは、強い目線でコウヘイを睨んでいるのだろう。コウヘイの面白がる様子でそれとわかる。

 「さて、俺等の用事は済んだな。お望みとあらば、心おきなく挨拶の一つや二つ貴様にしてやらんでもねえ。前哨戦とでもいくか?」
 「──オイ、ノブオ」
 振り向かないままリュウジが呼んだ。
 「は、はい、兄貴!!」
 「厨房行って塩持ってこいや!!」
 「了解っス!!!」
 ノブオが厨房に駆け込んだと見るや、コウヘイがにやりと笑ってこう言った。
 「塩などどうするというのだ?」
 「昔っからありがたくねえもんには塩を撒いて清めるってもんだぜ。なあ、ダイゴ?」
 「押忍」
 「ふん。貴様に呪われでもしたら敵わねえなあ、鬼浜寺の」
 格段に面白くなさそうな顔になったコウヘイが、ハンゾウを促した。
 「ハンゾウ、引き上げだ。つまらん土産はたくさんだからな」
 「了解、総帥。続きはまた今度だ」
 ハンゾウの最後の言葉は、オレへ向けられたものだった。
 オレは腕組みして、大きく頷いてコウヘイとハンゾウの背中を見送った。

 「あ、遅かったっスか、兄貴? ──これ」
 「オウ、ご苦労、ノブオ!! ダイゴ、頼んでもいいか?」
 「お安いご用」
 ノブオが厨房から持ってきた塩の盛られた小皿は、ダイゴの手に渡る。
 ダイゴはそれをつまんで玄関に向けて撒いた。
 念仏か何かを唱えながら──。


テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。