目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風にのって鈴の音が 5-1

 
 なんとなくダイゴと顔を合わせづらくて、オレは用事があるから、なんて言って放課後を待たずに5時間目が終わってすぐに裏門から学校を出た。6時間目は自主休講ってことにして。
 
 人目につかない裏通りにあるちいさな公園に寄り道をする。
 ベンチに座るとフウカがポケットから顔を出した。周りが安全だと気配から察知すると、自分から出てくるようになっている。
 「ハヤト。学校、いいの?」
 「うん。今日は天気がいいから」
 「……わたしのせい?」
 「あはは。まさか。オレってもともとそういうタイプだしね」
 フウカを掌にのせて、できる限りの小声で話す。誰かが通りかかっても怪しまれないように。
 
 「さて。今日はどっちの方角へ行ってみようか?」
 フウカの浮かない顔を消させたくて、オレはつとめて陽気な声を出してみる。小声だけどね。
 「ええと――そうね。ちょっと考えてみる」
 言って、フウカは手を合わせて目を閉じた。
 空のほうから誰かのお遣いでやってきたと話すフウカは、途中で仲間とはぐれてしまったんだそうだ。
 その仲間を捜して、流れ流れてオレと出会って。
 行きがかり上、オレは近頃暇さえあればフウカの示した方向にむけて単車を走らせている。
 フウカが仲間と再会を果たすまでのオレの使命がそれだったから。

 彼女の言葉を借りれば、オレと波長が合ったんだって。本来、フウカの存在はオレたちのような普通の人間の目には見えないらしい。猫と子供と、一握りの敏感な人にしか見えないのだと。
 そういう意味では絵に描いたような鈍感なオレが彼女と会話しているのは奇蹟に近いと我ながら思う。
 そう。だからオレはダイゴと顔を合わせづらいんだ。
 ダイゴは選ばれた、一握りの敏感な人間に違いない。現に何かを感じているみたいだし。
 
 何かの音に耳を澄ませるようにしているフウカを見ながらオレは思う。
 もしもダイゴが何かに気づいていて、もしもダイゴにもフウカが見えるとして――それならそれで協力してくれるんじゃないか、なんてことを。
 そしたらもっと早く仲間を見つけてやれるかもしれない。そしたらフウカは喜ぶのかもしれない。
 けれどもこれはオレのわがままで――オレはフウカとふたりだけでいたかったんだ。

 ああ、やっぱりオレって――そこに思い至ってしまった自分にどきりとしているオレを知ってか知らずか、そのときフウカは目を開いてオレに笑いかけた。
 「ハヤト。今日は海岸線を西に行ってもらってもいい?」
 「うん、了解。西だね。そしたら急ごう。せっかく時間があるんだし、できるだけ走ろう」
 フウカがありがとう、と頷いたとき、通りかかった野良猫がフウカを見つけて唸っていた。
 そうか。見えるんだ。
 
 真冬の海は、夕方の陽差しを映してきらきらしている。
 海はいつ見てもいいな。
 そういえばあこがれてた、オレ。誰かとふたりで海岸線を単車で走るのを――なんて。

 目標は人捜しみたいなもの。手がかりとなるのはフウカの感じる相手の気配だけ。
 だからオレは、ちょこっと走っては路肩に単車をとめて、その都度フウカに問う。
 「どう? こっちでよさそう?」
 「ちょっと離れたかも」
 「戻ったほうがいいの?」
 「ええと、ちょっと戻って北のほうに向かえるかしら」
 「うん、了解」
 こんなことをくり返し、くり返し。
 日が落ちるまでをこうして過ごす風の強い冬の日々。ほんのりと心のどこかがあったまっているオレは、来年から案外冬がそんなに嫌いじゃなくなるかもしれないな、なんて思ってみる。


スポンサーサイト

テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

風にのって鈴の音が 5-2

 結局、収穫なし、だった。
 そろそろ帰ろうか――ということになったのは、すっかり日が落ちて、だいぶ気温も下がってからのこと。
 鬼浜町からはだいぶ遠くまで来ていたことに我ながら驚きながら、一応フウカに了解を得てからもと来た道をたどり始める。
 帰り道の途中でコンビニに寄って、肉まんと缶コーヒー、それからフウカのためにビスケットを買う。駐輪場の片隅の、人目につかないところを選んでオレはフウカをポケットから呼び出した。
 「フウカ。お腹すいただろ?」
 「うん。ありがとう、ハヤト」

 ちいさなフウカと、彼女の好きなビスケットを左の掌にのせる。オレは右手を缶コーヒーであっためながら、フウカを見ていた。フウカは人形みたいなかわいらしい指でビスケットの端っこを持って、えいっ、とばかりに断片を折りとってから満足そうに口に運んでいる。、
 「え――なに?」
 「いや、べつになんでもないけど?」
 「やだな、そんなに見ないで。恥ずかしいから」
 「あはは、それは悪かった」
 「もう。笑うことないでしょ」
 色白の頬にすこしばかりの薔薇色を掃いて、フウカは不満を口にする。
 それがまたとんでもなくかわいくて――口には出さないけど、オレは表情にそう混ぜ込んでフウカを見る。
 すると彼女はわざとのようにオレから瞳を逸らすんだ。
 「――だめだよ、ハヤト」
 「え? なにがだめなの?」
 「うん……なんでもない」
 一瞬だけうつむいてそう言って。けれども次に顔を上げたときにはもうなんでもなさそうな表情でフウカはオレに笑いかけた。

 ほんとは彼女が言いたいことは解る気がする。
 もともとの住む世界が違うから、とか。いつか帰らなきゃ行けないから、とか。
 けれどもそれは少なくとも『今』ではない。
 だからオレはあえて気づかないふりを決め込んで――人差し指でフウカの透けるような淡い色の長い髪をなでていた。
 先のことなんてどうでもよくて。ただ、この瞬間にオレがフウカと一緒にいることだけが真実で――そう思うことだけが今のオレの支えだった。
 
 帰り道の途中でも、もしかしてフウカが何か気配を感じたりしているかもしれないから所々で単車を止めて、フウカに問いかけて。
 そうこうしながら家までたどり着いたのは、22時を過ぎていた。
 居間でテレビを見ていた親父とお袋に声をかける。
 「ただいま」
 「おかえりなさい。ご飯は?」
 「うん。食べる。着替えてから」
 「おう、遅かったな、我が自慢の放蕩息子」
 「え、そう? 割と早いほうじゃない? 今日は」
 振り向く親父に答えるオレ。
 「早くはないだろう? これから合流するのか? 仲間連中とは」
 「……え――?」
 「今夜は集まりなんだろう? さっきからリュウジが何度か電話してきている。一度はここまで爆音轟かせて来たくらいだぞ。ハヤトはまだ帰らないのかと」
 「リュウジ……? あっ」
 そうだった。親父に言われて思い出した。
 今夜は集会だったんだ。

 その晩、オレは初めて集会に欠席した。
 明日の朝、リュウジはどんな顔してオレを迎えに来るだろう。心配させたくないんだけど……フウカを。
 こんなときでもそこに意識のいく自分に皮肉めいた笑いを捧げて、枕に頭を預けた。
 耳を澄ますと、フウカの寝息が鼓膜に届いた。なんだか安心するな――。



テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

風にのって鈴の音が 6-1

 
 朝から空をどんよりとした色の、低くて厚い雲が覆っていた。
 昨日集会をサボったオレへのリュウジの対応は――いかにも機嫌悪そうな言葉数。
 いつもだったら何くれとなくリュウジのほうから話しかけてくるのに、今日ばかりは意図的と思われる無言が続く通学路。
 リュウジが怒っているのは承知。けれどもいつもと同じ時間に、わざわざ遠回りしてまでしっかり迎えに来てくれるところがリュウジらしいというか。

 「リュウジ。あの……昨夜は」
 「オウ。忙しかったらしいな」
 「うん――まあ」
 どんないいわけも聞いてもらえる雰囲気じゃなかった。
 リュウジはきっとオレが集会を欠席したことそのものじゃなくて、一度行くと言ったのに連絡もなくそれを破ったことへ怒っているんだと思う。
 「あの、ほんとに悪かった。オレ」
 「――――ああ」
 滅多に見られないリュウジの静かな不機嫌を目の当たりにする。コウヘイに啖呵を切っているときなんかよりよっぽど凄味があった。

 気まずいまま午前中を過ごしたリュウジとオレ。
 昼休み、弁当を食べ終えたところでノブオがリュウジを連れに来た。何か見てほしいものがあるとかで。
 ひとりになったのをこれ幸いと、オレは屋上へ行くことにした。
 フウカと話をしたかったから。

 階段を上がりきったところの重い鉄扉を開くと、空が近い。
 今日の空は雲が低いから、より近く感じるんだろう。おまけに風も強くなってきた。
 フウカを出してやろうとポケットに手を突っ込んだときだった。
 背後からぽんと肩を叩かれて、オレは思わず飛び上がりそうなほどびっくりした。
 「うわ!!! ――って、ああ。ダイゴか」
 「押忍」
 いつもどおりの落ち着き払ったダイゴの姿に、あからさまに慌てた顔のオレ。対照的だな。
 「……どうかした?」
 「いや。ただハヤトがここへ上がるのが見えたので、少し話しでもしようかと」
 「ああ、そっか」
 オレはポケットに右手を入れて、『悪いけどちょっと待ってて』の意味を込めてフウカの住まう銀細工を撫でた。ほんのり指先に熱が伝わってくる。
 
 ダイゴと並んで鉄柵にもたれかかって空を見る。
 「雪でも降りそうだな」
 「うん。降るかもしれないね」
 ここは海が近いからそんなに雪は降らないんだけど、今日はほんとに降るかもしれないような空模様だ。
 「それで? 話って?」
 「ああ」
 「昨日の集会のこと? あれはオレが悪かったよ。リュウジは納得してくれないけど」
 「そのことは、まあな。リュウジは根が一本気なのでな」
 「……許してもらえるかな、オレ」
 「大丈夫だろう。ハヤトにだって事情があるのだろうし。それを説明すればリュウジも理解するだろう」
 「事情――かあ」
 そればっかりはオレにはちょっと言えないんだ。でも、そうしないことにはリュウジの気持ちをほどくことはできない、ってダイゴは言いたいようで。

 「ハヤト。俺は本来、立ち入ったことを訊くのを善しとはせんのだが」
 ダイゴは正面からオレを見て切り出した。
 「お主、最近何か変わったことがあっただろう?」
 あったのではないか、ではなく、あっただろう、という強い意志をもったダイゴの言葉。
 「…………」
 肯定も否定もできないオレは、また空を仰いだ。きっとダイゴは肯定ととるんだろうけど。


テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

風にのって鈴の音が 6-2


 空はいよいよ灰色で、風もさっきより強くなっている。
 我知らず、最近ついた癖みたいにポケットに手を入れると、銀細工はまるで息を潜めるようにひんやりと触れたオレの指先に冷気を放った。
 「詮索したりするつもりではないゆえ気を悪くしないでほしいのだが」
 ダイゴはオレにこう問う。
 「近頃のハヤトには、別の大きな『気』を感じるのだ、俺は」
 「それが――?」
 「よくは解らんのだが、とてつもなく大きな『気』でな。本来ならば近寄り難いような」
 ダイゴが言っているのは、明らかにフウカのこと。それはわかるのだけれど、近寄りがたいっていうのはオレには理解できない。
 
 「近寄りがたい? そんなこともないと思うけれど……」
 「ハヤトにはそうは思えないということか」
 ダイゴは唸って腕組みをする。
 「それで? それがどうかしたのか?」
 「それもよくは解らん。ただ、その『気』にハヤトが包み込まれて、ともすると挙げ句取り込まれてしまうように感じるのだ」
 オレを正面から見ていたダイゴは、つと言葉を切って目を閉じる。
 まぶたの裏に何かが映っているんだろうか――もしかしたらフウカの姿が。

 「とにかく、気をつけたほうがよいのかもしれんと思って」
 「気をつける……そんな大袈裟な?」
 「言い方がよくなかったようだ。つまり、そうだな」
 と、ダイゴは目を開く。
 「ハヤトはハヤトであること、自分をしっかりもっておれば大丈夫だと思うゆえ」
 「うん。それなら大丈夫だ。オレはちゃんとオレだから」
 ダイゴが言いたいことは何となくわかる。
 ダイゴの感じるフウカの放つ『気』は、本来こういったことに鈍感なオレが感じるものよりも強大であるらしいこと。
 それから、オレがそれに取り込まれてしまうことへの警鐘。
 たしかに――オレは出会ってからの数日というもの、フウカを最優先していた。それできのうの集会をサボって、リュウジの機嫌を損ねて。
 
 「リュウジのことは、そう心配いらないとは思うが」
 ダイゴはオレの心中を察したように――ダイゴはいつも鋭い――やんわりと笑ってみせる。
 「とにかく筋を通しさえすればな」
 「うん。そうだよね。オレ、もうちょっとちゃんと謝るから」
 「そうするといいかもしれんな。とまあ、それはよい。俺が言いたいのはな、ハヤト。縁あって出会った存在というものは――」
 ダイゴは何か重要そうなことを言いかけたんだけど。
 ちょうどそこで鉄の扉が派手な音をたてて開いて、むこうから赤いリーゼントが現れた。
 
 「ハヤト!!! 寒いってのにま~たここかよ……ってダイゴも一緒か」
 「押忍」
 「んじゃまあいいか。ダイゴも何か言ってやれよ。ハヤトここんとこなんか変じゃねえ?」
 わはははは、なんてリュウジは笑っている。それを受けたダイゴもまた頬をゆるませていて。
 「ええと……リュウジ」
 「うん? なんだ、ハヤト」
 「あのさ。昨日、悪かった。オレ、どうしても行かなきゃいけないとこがあって……」
 「ああ、そのことか。もう忘れたぜ!!! 俺はそういうのは飯喰ったら忘れる主義だぜ」
 ほんのさっきまで明らかにオレに対して怒っていたはずのリュウジだったけど、普通に戻っている。ほんとに飯のせいかどうかはわからないけれど、なんとなく助かった。
 「まあ、あれだ。ハヤトだってお年頃だからな」
 うひひ、って笑いをリュウジは見せた。
 「いや、そういうことでもないんだけど……っていうか……」
 「ともかく次はちゃんと来いや!!! ハヤトがいねえと気合い半減だぜ」
 うん、とリュウジにオレはうなずいた。ポケットの中の銀細工はふたたび熱を帯びている。

テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

風にのって鈴の音が 7-1


 天気予報によれば、今夜遅くから海沿いのこのあたりだけ、局地的に風と雪が猛烈な勢いで発生する可能性が大なのだとか。
 リュウジと肩を並べての帰り道。
 昨夜のオレの失態は、リュウジにはどうにか許してもらえたみたいだ。昼休み、オレがダイゴと話しているあいだに、ことによるとノブオが何か口添えでもしてくれたのかもしれない。
 
 「そんなのって珍しいよな。このあたりで雪なんて」
 「うん――あ、もう降ってきてるね。ほら」
 リュウジの制服の肩に、はらりと舞い降りる雪の結晶を見つけて指さした。
 「オウ!!! ほんとだぜ」
 空を見上げてリュウジはどことなくうれしそうだ。
 「なあ、ハヤト。積もると思うか?」
 「ん~、どうかな」
 「たまには積もると楽しいと思わねえ? いつもの町が真っ白になるとこ、見てえな。俺」
 こんなときのリュウジは幼いんだよな。犬みたいな目、とでも言うか。
 
 「ハヤト。なんか知らねえけどよ。よかったらそのうち聞かせてくれよな、ハヤトの話も」
 別れ際にリュウジはこう言った。オレは従順にうなずいたんだ。
 うん。もうすこし経ったらリュウジにも会ってもらおう。時期を見てフウカを紹介しないとな。

 ――そんなことをその時考えていたオレって、なんておめでたい奴だったんだろうな……。

 家に帰って、ようやくポケットの銀細工を取り出した。
 今日はなんだかんだで、一度も学校ではフウカを外に出してあげられなかったんだ。
 見慣れた薄い靄が目の前に現れて、それが晴れるとフウカと会える。
 「フウカ。ずっと中で息苦しかった?」
 「ううん。大丈夫。そんなことよりハヤト。昨日、やっぱりわたしのせいで……ごめんね」
 「謝ることないってば。リュウジもわかってくれたしね」
 「……うん。でもほんとにごめん、ハヤト」
 ぴょこんとお辞儀する姿に想いをこめて笑みを返して、それからオレはフウカにビスケットを食べさせてあげる。そうしながらとりあえず着替えて。

 着替え終わって、机の上にのっけたフウカを振り返ると、机の前の窓にかかったカーテンをめくろうとしていた。フウカのちいさな手には余る業だからオレが手を添えてやる。
 「ん? 外、見たい?」
 「ちょっと天気が気になるの」
 「ああ。今日は暴風雪になるかもしれないって天気予報が出てるね」
 「――やっぱり」
 「え……やっぱり、って?」
 オレの問いかけに、フウカは答えなかった。ただ窓の外の低い空に目をやっている。
 
 「ハヤト。こんなお天気の日だけど、行ってもらってもいい?」
 「うん。オレはもともとそのつもり」
 「ありがとう、ハヤト。わたしハヤトと会えてよかった。ハヤトが親切にしてくれたこと、ずっと忘れないから」
 「あはは。何言ってるんだ、フウカ? 別れの挨拶じゃあるまいし」
 「……そうね。ごめんなさい、ハヤト」
 「だから、謝ることないってば。さっきから謝ってばっかりじゃん」
 フウカは首を傾げてほろりと笑った。なんだかあんまり楽しそうじゃなかったのが気になる。

 今日は東の方角に行ってほしいとフウカが言った。
 いつもよりも確信めいた表情をしていた。そしてこう続けたんだ。
 「あのね、この天気、わたしと仲間のせいかもしれないの」
 「え? 天気って、これから暴風雪になるかも、って?」
 「そう。わたしと仲間がはぐれたから、あるじが心配してこちらに働きかけているのかもしれない。もっともわたしひとりじゃもとの世界とコンタクトもとれないから確認する術もないけれど……」
 空のほうからきたというフウカ。
 オレなんかでは到底計り知れない力とでもいうものを持っているらしいと今更に気づかされた。
 凜とした面差しを見せて、フウカはオレを見返している。
 よし、オレだって男だから。いとおしいフウカのために今日も走るよ――緊張しながら思う。


テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。