目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇者的夏休みへの入り方 1-1



 言葉の響きを聞くだけでなんとなく童心に返る、とでもいうか。
 甘やかな響きを内包した『夏休み』を満喫しはじめて数日が経ったオレたちは、リュウジもノブオも非番だという日を狙って4人でおもちゃ屋に来ている。
 先導はもちろんダイゴだ。
 走り慣れた国道をしばらく行って、交差する県道に折れて。さらに走ったところにダイゴのよく来るという店があった。

 敷地面積が広くて、天井が高い造りの店。単車を停めて、オレたちは意気揚々と店内へ。
 「うわ、なんか空気が懐かしいっスね~。子供のころを思い出しますね~」
 久方ぶりに制服でもなく、昇龍軒のお仕着せでもない姿を見せたノブオがにっこり笑ってそんなふうに言っているもんだから、オレもついついちょっかい出したくなったりして。
 「っていうか、ノブオはついこないだまで子供だったんじゃないの?」
 「そんなことないっスよ!! オレ、精神的にはハヤトさんより年上かなって思ってるっスもん」
 「……そうなんだ」
 うん。もう慣れてるんだけどさ。ノブオの奴ってオレをそういうふうに扱うんだよね。
 なんでなんだろな。

 しかも、それについては誰も意義を唱えないのは――なんでなんだろな?
 「わはははは!!! まあ、いいじゃねえか、ハヤト。な?」
 「ちぇ。そうだよな。リュウジは自分とこの店員を庇うよな、普通」 
 ちょこっと肩をすくめてリュウジに言ったら、ダイゴがこれまたにこやかに言う。
 「そういう問題ではなかろう、ハヤト。というよりも、ある意味ではこの中で一番精神年齢の低いのは俺ゆえ」
 「うん? どういう意味だ、ダイゴ」
 「皆が懐かしむ店の、いまだ常連なのだしな。俺は」
 ごく当たり前のようにリュウジの問いにダイゴが答えた。それを聞いたオレはひたすら感心だったんだ。
 「そういう達観した言葉言えるって。ダイゴさすがだね」
 「ホントっスね。ハヤトさんとはひと味違う」
 「ってノブオ、ちょっと待てよっ!!」
 うん。やっぱりオレはオレで精神年齢が高いとは言えないよね。
 言い捨てて店の中に向かって逃げるノブオを、思いっきり走って追っかけてるんだから。

 そんなこんなのレクリエーションを終えて、リュウジとオレはダイゴのあとについて店内を練り歩く。
 「うわ、懐かしいね。このミニカーのシリーズ、まだあるんだ」
 「そうだな。このシリーズはずっと昔から途切れることはないな。実車に沿った新しい型がリリースされるのもさることながら、旧型車両の復刻版も出ているし」 
 ディスプレイされているミニカーの棚に貼り付くようにしていたらダイゴが説明してくれたり。
 ひとつ隣の棚を見ていたリュウジが昔のアニメに出てくる戦闘機のプラモデルの箱を持って来たと思えば、テンション高めに話しかけていたり。
 「ダイゴ!!! これ、同じやつ。昔作ってくれたよな?」
 「ああ――そんなこともあったな。これはパーツが多いので俺も組み立て甲斐があったのを覚えているな、リュウジ」
 「だよな? ダイゴにしちゃ珍しく、自分ちに持って帰ったもんな。落ち着いて作りたいって言って」
 「過去の汚点を覚えているのだな、リュウジ」
 「わはははは!!! 汚点なんかじゃねえってば!!! だってな、ハヤト。ダイゴって大概、組み立て図なんて見ねえで作ってたんだぜ? プラモデル」
 「ああ、うん。それわかる。こないだ一緒に作った時もそうだったしね」
 「そのあたりは、まあ、慣れと勘が勝負なのでな」
 ダイゴが照れ笑いしてるのが、なんだかおかしい。




にほんブログ村 スロットブログへ


スポンサーサイト

勇者的夏休みへの入り方 1-2



 店内をひとりで一周していたらしいノブオが散歩を終えて帰ってきた。
 「ダイゴさん、ここで母ちゃんの誕生日プレゼント選べますかね?」
 「ここで、か? さあて、どうだろうな。俺だったらどれをもらっても嬉しいかも知れんが」
 「うん。オレも親父へのプレゼントだったら見つかると思うけど。お袋の趣味にあうものはありそうもないな」
 「う~ん、やっぱりそうっスよね」
 ノブオが笑い混じりにダイゴとオレにそう返す。
 そしたらリュウジがノブオの肩をたたいてこう行った。
 「わはははは!!! いいんじゃねえの? ノブオがバイトして給料もらってそれで買ったって知ったら、何もらってもノブオの母ちゃんは大喜びだろ」
 
 リュウジがそんなふうに加勢するもんだから、ノブオときたら目をきらきらさせてリュウジを見てる。
 「兄貴――ホントにそう思います?」
 「そりゃな、そう思うぜ」
 「じゃあオレ、母ちゃんにラジコンか何かプレゼントしよっと」
 「って、ノブオ。さすがにそれは……どうなんだ?」
 「それは自分が欲しいだけではないのか?」
 胸を張ってノブオが言うもんだから、ダイゴもオレもちょこっと慌てた。
 「わはは、ハヤトもダイゴも本気にするなってば。ノブオ、お前冗談うまくなったな?」
 「あ、兄貴。わかりますぅ? えへへ」
 いつしか昇龍軒の師弟には妙な理解が生まれていた。
 ダイゴもオレも、なんかよくわからないけど、まあいいか。
 
 結局ノブオはスポーツカーのラジコンをレジに持って行った。
 「ノブオ、本気?」
 「うはははは、やだな、ハヤトさん。あくまで自分用っスよ」
 「どうだかね、ダイゴ」
 「押忍。包装までしてもらっているしな」
 鋭く意見するダイゴは、昔リュウジに作ってあげたというロボットアニメの戦闘機のプラモデルを買うことにしたらしい。
 リュウジも負けじと同じ物を買っていた。
 「リュウジ。それ作ったら教えて。見に行くから」
 「オウ!!! 完璧に作るからな、任せとけ、ハヤト」
 「楽しみだ。ダイゴ作のやつと見比べるのが」
 「うん? どういう意味だ?」
 ちょこっとリュウジが眉をつり上げてる。

 かくいうオレは、ウチの店の飾り棚にあるのと同じ車種のミニカーを3つ買ってみた。
 どれも現行型の実車がモデルだから、店の飾りと比べたらだいぶ様子が違うんだけど、それはそれで並べて飾ったら楽しいかも、なんて思って。
 まあ、持って帰ったら親父のものになっちゃうかもしれないけど。

 最初のおもちゃ屋を出て、さらに走って、いつもの国道と交差する別の国道に入る。
 しばらく行ったところのハンバーガー屋でひと休み。
 ハンバーガーを片手に、よっぽど待ちきれないのかリュウジはおもちゃ屋の包みを開けてプラモデルを取り出している。
 「ほら、リュウジ。そんな手で触ると汚れるよ?」
 「そうだろう? ハヤト。俺も昔からそれを言っているのだがな」
 「ちぇ。いいじゃねえかよ、別に。なあ、ノブオ?」
 「えっと――兄貴。せめて指を舐めてからにしたほうがいいかもしれないっス……」
 上目遣いにノブオが言ったら、リュウジはおとなしくノブオの言うとおりにしてた。
 
 そのあと4人はいったん二手に分かれることになる。
 リュウジとノブオは古本屋に用があるんだそうだ。
 ダイゴは古本屋の道路を挟んだ真向かいにある、これまた古いおもちゃを専門に扱っているお店に行くことにしていた模様。
 オレはどっちでもよかったんだけど、せっかくだからダイゴについて行くことにした。
 「そしたら、ハヤト、ダイゴ。またあとで集合な」
 言い残してリュウジとノブオは意気揚々と古本屋に吸い込まれていった。


勇者的夏休みへの入り方 2-1



 そしてオレはダイゴのあとについておもちゃ屋のはしごをすることになる。
 本日の2軒目は、ダイゴの行きつけらしい。
 一歩店内に入ってみると、なるほど。親父を連れてきたら興奮しそうな感じがする。
 「うわ、すごいな。こういう店があるんだ」
 「押忍。俺はさきほどのような店よりも、この手の店に来るほうが多いな」
 「なんとなくわかる」

 店内に並ぶガラスのショーケースには所狭しといろんなおもちゃが並んでいる。
 アニメのキャラクター人形、木製の電車のおもちゃ、ウチにあったのと似たようなクルマの模型、いかにも年代物っぽいカプセルトイの中身らしきちいさいもの。
 新しいものから古いものまで。高価なものからいかにもチープな品まで。
 そんないろいろの前を通り過ぎて、ダイゴがレジに向かって挨拶した。
 カウンターにいた人のよさそうな、丸い眼鏡の人がにこりとダイゴに手を振るあたり、なるほど常連なんだと思わせる。
 「ハヤト。俺は店長と話しをするので。悪いが適当に物色していてくれるか?」
 「ああ、うん。OK。親しいんだね、店の人と」
 「そうだな。月に何度かのペースで通ううちに、いつの間にか」

 そしてダイゴが丸い眼鏡の店長さんと話をしている間、オレはひとりで店内徘徊。
 よし、親父の誕生日にはここに連れてきてあげよう、とか思いながらガラスケースをのぞき込んだら、それがいた。
 「あ、これ――懐かしいな」
 見た瞬間、懐かしさでいっぱいになったオレの目はそこに止まって動かない。
 それは5体で一組のソフビ人形だ。
 悪の組織と戦う、変身をした5人組――戦隊ヒーローの人形。
 そうだ。オレがまだ子供のころ、これと同じものを持ってた。
 お袋にねだったけど、5体全部は買ってもらえなくて、自分が一番かっこいいと思ってた青い衣装のヒーローを選んで。近所の友達が赤いヒーローを持ってたから一緒に遊んで。
 今にして思えば、親父にねだったら5体とも買ってもらえたのかもしれないけど。
 その頃のオレ、大人になったら全部揃えるって友達に宣言してた気がするな。

 まだ子供だったオレは、いつか自分も変身できるようになるって信じてた。
 それで、悪い奴らをやっつける、って息巻いてた。
 一番かっこよかった青い衣装のヒーローは単車乗りだった。やっぱりかっこいい男には単車がつきものなんだって、当たり前のように思ってた。
 そう考えると、単車で極悪非道の奴らと勝負してる今のオレって――意外と子供時代のオレの理想に近いのかな?
 ……そんなことないか。
 
 ガラスケースの中では、5体セットのヒーローがこっちを見てる。
 値札を見たら、びっくりするくらい高い値段がついてた。
 新品って書いてあるから、プレミアとかがついているんだろう。
 ……オレはまだ、コンプリートできる大人にはなりきれていないんだな。

 「あれ? ハヤト?」
 急に背後から名前を呼ばれて、思いっきり肩をびくりとさせたオレ。
 郷愁からあっという間に現実に引き戻されたオレの目には、見知った顔が映ってる。
 「うわ、亜由姉さん――? びっくりした」
 「何よ、そんなに驚くことないじゃないの。失礼ね」
 くすっと笑った彼女は、オレよりひとまわり年上のいとこの姉さんだ。
 「でも、あたしもちょっと驚いた。まさかここであんたに会うとは思ってなかったもん」
 そうだよね、とオレも頷いてみる。

 「亜由姉さんは買い物?」
 「うん、そう。ちょっとね、仕事で使う資料集めみたいなもんかな」
 「なるほど。仕事熱心だね、相変わらず」
 「まあね」
 意味不明に忍び笑いをしている亜由姉さんは、絵を描く仕事をしている人。
 雑誌なんかの挿絵やイラストを描いているわけで、そう考えればこういう店にもいろんな資料が並んでるんだろうなと想像がつく。
 「ハヤトは何見てた?」
 「うん。これ。オレ、子供のころ好きだったなあ、って懐かしくて」
 「どれ? あ――」
 オレが指さしたガラスケースの中を見て、亜由姉さんはどういうわけだか言葉を切った。
 「ん? どうかした?」
 「え、あ、あはははは。何でもないけど……そっか。そうだよね。ハヤトって子供のころ、こういうの詳しかったもんね」
 オレとガラスケースの中の戦隊ヒーローを見比べて、亜由姉さんは勝手に納得してる。
 
 「そっか。ハヤトに相談すればよかったのか」
 「何? 相談って?」
 「あ、でもさすがにソレはまずいか……あはは、気にしないでいいや。忘れていいよ、ハヤト」
 「って、逆に気になるじゃん」
 「いいから、いいから。っていうか、そこちょっといい? 実はあたしもそれに用があるのよ」
 「え――? 戦隊ヒーロー?」
 「そう。探してる資料はまさにそれなのよ。って、ほんとはそういう話もしちゃダメだったかな……まあ、今さらしょうがないか」
 言って、亜由姉さんはオレが譲ったガラスケースの正面に立ってのぞき込んでる。
 しばらく考えたあとに、わりと最近の作品と思われるヒーローを5体セットで買うことにしたみたいだ。
 亜由姉さんがレジに向かうのについていったオレはせつなく思う。
 ……大人買いって、やっぱり憧れるな。



勇者的夏休みへの入り方 2-2



 レジの前で亜由姉さんが声をかけると、バックヤードから店長さんが顔を出す。
 店長さんは亜由姉さんの顔を見て、『まいど』って言ってた。顔見知りだったんだな。
 亜由姉さんが買い物する品をカウンターに置くと、店長さんがレジを叩く。
 そのすぐあとに、ダイゴも店長さんと同じところから出てきた――よっぽど懇意にしているのがわかる。
 「ハヤト、気に入ったものはあったか?」
 「ああ、ダイゴ。懐かしいやつ見つけた。そしたら、偶然この人に会っちゃって」
 「こんにちわ、ダイゴくん。一緒だったんだ」
 「押忍、お久し振りです」
 「っていうか、オレがダイゴについてきただけって話だけどね」
 ダイゴにしても見知った顔の亜由姉さんは、そうなんだ――って笑いかけたんだけど。
 何かに気づいたように表情を変えた。
 「ねえ、ハヤト。今日はダイゴくんとふたり? だよね? そうだよね?」
 「うん、ここにはね。向かいの古本屋にリュウジとノブオがいるけど」
 「え――ああ、そうなんだ。あはははは……ま、いっか」
 あ~あ、とあきらめたようなため息をつく亜由姉さん。何だろう、この反応は?

 「して、ハヤト。懐かしいものとは何だ?」
 亜由姉さんが領収書を頼んでいる間にダイゴがオレに訊く。
 「うん。オレが子供のころ好きだった、戦隊ヒーローのソフビ人形。年代物だとさすがに高いんだね、ダイゴ」
 「ああ、美品だとそれなりの値段がつくゆえ」
 「そうだね。オレも夏休みは店で手伝いして稼ごうかな。見たら欲しくなるね。ダイゴの気持ち、ちょっとわかったかも」
 素直に言ったら、ダイゴが大きく頷いた。
 
 「お客さん」
 ダイゴとオレのやりとりを聞いていたのか、店長さんがにこやかに声をかけてくれる。
 「はい? オレ?」
 「ケースの中の品はそれなりですけどね、こっちのだったらお手頃ですよ。ばら売りの中古もありまして。まあ、気に入ったものがあったらラッキーってことで」
 オレは店長さんの手招きに従って、『ジャンク品』って書かれたコーナーを覗いてみる。
 そしたら――あったんだ。懐かしい手触りが。
 子供時代のオレが親しんだ青い衣装のヒーローのソフビ人形が、オレを待ってたような顔でそこにいた。
 オレは迷わずそれを選んで、店長さんに手渡した。
 何とも言えないわくわく感が生まれる。こういう気分そのものが懐かしいんだと思った。
 
 ダイゴと亜由姉さんと3人で店を出たところに、ちょうどリュウジとノブオがいた。
 リュウジもノブオも古本屋の袋を持ってる。
 「オウ、ダイゴ。用は済んだか……って、おい!!! なんで亜由姉が一緒にいるんだ?」
 「うん、偶然、店の中で会ったんだ。ね、亜由姉さん?」
 「あはは、そうなのよ、リュウジ。ちょっと資料を集めに来たんだけどさ」
 「資料ってのは、亜由姉。まさか例の……だったりしねえよな?」
 さあ、と亜由姉さんはしらばっくれてる。さっきから変なんだよな、亜由姉さん。
 
 「例の、って何? リュウジ」
 「うわあ、ハヤトさんには関係ないんっス!! ね、兄貴?」
 「オウ、その通りだぜ!! だよな? 亜由姉」
 「というか、そこで亜由姉さんに同意を求めるのは、むしろ妙ではないか? リュウジ」
 ダイゴの指摘を聞いて、亜由姉さんが笑い出した。
 「あはは、リュウジ。あんたってほんとに隠し事下手だね。ノブオちゃんも」
 「あ、やっぱり何か隠してるんだ?」
 「い――いや、大したことじゃねえんだぜ、ハヤト。ただ――な? 亜由姉」
 「だから、そこであたしに話を振るからマズいんじゃん、リュウジは」
 亜由姉さんは苦笑いでリュウジに言って、次はオレに向き直る。
 
 「まあ、ちょっとしたお楽しみってことよ、ハヤト。どうせすぐわかるから、もうすこしだけ知らん顔しといてあげな。リュウジの面子ってのがあるだろうからさ」
 「ちきしょう、言いたいこと言ってるぜ、亜由姉」
 「なんか文句あるの?」
 「わああ、亜由お姉さん、ここはひとつ穏便にぃぃぃ!! って、兄貴も!!」
 「ハヤト。よいではないか。ここは赤いヒーローの顔を立ててやってはどうだ?」
 ダイゴが言った『赤いヒーロー』っていうのは、オレの好きだった戦隊ヒーローの赤い衣装のリーダーに、リュウジをひっかけただけだったんだけど。
 やけにリュウジがそこにつっかかってくる。
 「何? なんでダイゴがそんなこと知ってるんだ?」
 「え――? どういう意味?」
 「あはははは。だからもう、リュウジは黙ってたほうがいいってば」
 亜由姉さんは笑ってて、リュウジはかなり苦い顔をしてて、ノブオはおろおろしていた。
 
 そういえば、何かイベントがあるんだってこないだリュウジがうっかり言ってたんだったな、とオレは思い出していた。もしかしたら関係あるんだろうか。
 詳しいことはわからないけど、何か楽しいことが待っている予感がする。
 ダイゴとオレは首を傾げながらも、それでも顔はしっかり笑ってた。


   * 勇者的夏休みへの入り方 完 *


残暑お見舞い申し上げます

ども~(*^ー^)ノ 華丸です。

毎日暑いですね~。
元気に過ごしたいですね。


さて。
ちょっと多忙につき、更新遅れております。


サービス業従事のため、お盆休みはなくって。
それから、甲子園応援してたりとか。


もっとも、これが最たる要因なんですけど。




鬼浜爆走愚連隊 


設置期限切れまで 


あと 2週間





というわけで。
現在、がんばって特攻中です(`・ω・´)ゞ


思い残すことがないように、打っておきたいと思います。


よって、こちらの鬼浜町はちょこっと足踏みです。


あ。



実機がなくなっても

こちらの鬼浜町は

元気に全開バリバリの予定ですんで

夜露死苦ぅ!!!





いま止めちゃってるあとのおはなしも、少しは書いてあるんです。

止まってるところの続きからの展開です。

だから、アップできるときには多少作中と現実の季節が違っちゃいそうです。

笑って許してくださいませo(_ _*)o



残り2週間の鬼浜町生活は

→ 愛羅武勇☆ハナマルゴールドの回胴随想録 ←

にてアップ予定です。

よろしかったらごらんくださいませ。



……しこたま負けるんだろうけどw


| ホーム |


 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。