目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華丸よりみなさまへ

 こんにちわ。
 ハヤトの口を借りて青春を語っております華丸と申します。
 いつも拙作を読んでくださってありがとうございます。
 
 細々と書いて参りました拙作ですが、さきほどUPしました「愛おしき日々、愛おしき人々」の記事をもちまして100話を迎えました。
 右サイドバー「目次」部分の、「鬼浜町青春譜」と「承前」の投稿数合計が最新記事の話数なのですが、それがちょうど100になったんです。

 なんだかうれしいです。ちょっとした到達感です。

 これもひとえに、応援してくださるみなさまのお陰でございます。
 感謝のきもちを込めての御挨拶です。
 ほんとうにいつもありがとうございます。

 「なんとかリュウジたちに強くあってほしいなあ」
 「喧嘩するにもきっと何か理由あるよなあ」
 「学生なんだから、友達とかもいっぱいいるよなあ」
 「コウヘイらって何考えてるんだろうなあ」
 「つーか、鬼浜スキなのにちっとも勝てないなあ……」
 
 そんな動機からのほんの思いつき、が拙作のスタートでした。
 あまりに鬼浜で負けまくっていたため、自粛生活を余儀なくされていたときに、「打たないでも鬼浜のある生活」を送るために始めたというのが素直なところです。

 鬼浜実機はタイアップ元のないオリジナルなので、逆にこちらで勝手にキャラクター設定を組めたので、とてもラクに書き始められました。
 読み手のみなさまには「こいつはこんなキャラじゃない」って思われることも随所あると思いますが、書いていくうちに華丸の脳内キャラがひとり歩きしてしまいましてねえ。
 とくにハヤトは……ちっともクールな彼を披露できておりません。かわいそうに。

 いまでは登場人物の数も増えて、なんだか普通の学園小説になりましたね。
 あいかわらずヒロイン不在で花がないけれど、まあそれはそれ、かと。
 
 一度いただいたコメントへのレスで書かせていただきましたが、華丸は仕事とパチスロと睡眠の合間に、ときどきはだいぶ酔っぱらってコレをしたためています。
 諸般の事情によって時間がとれないときもありまして、今後ストック切れなんかも想像できるわけですが、ネタが続く限りがんばっていきますのでご愛顧のほどをお願いします。
 もしこの先ストック切れ目前になったら、1話を2分割してお届けしちゃうかもしれません。どうかご容赦いただけますように……。

 また、コメント、リンクは大歓迎のうちにお待ち申し上げております。
 そうしたお志をお持ちになられた方、いらっしゃいましたら是非に。

 それでは、今後とも──どうぞ夜露死苦ぅ!!


   * 華丸 *



追伸:華丸はこちらとは別に、普通の武露愚(ぶろぐ)も運営しています。
   相州回胴随想録 【華丸の別宅】 
   サイドバー「リンク」からも飛べます。
   よろしければお暇なときにでもお立ち寄りくださいね。
   お待ちしております。


<< 鬼の霍乱 1 | ホーム | 愛おしき日々、愛おしき人々 >>


コメント

(☆ω゚)ノ[祝]ヽ(゚ω☆)

100回おめでとぅございます^^
第一回から書かさず読むこと100回かぁ~とイチ読者としても感激です^^
たぶん初期からのFANだと自負しておりますTohkoです(笑)
これからもずっとずっと終わることナイ鬼浜メンバーへの愛を華丸さまの小説とともにはぐくんでいきたいとおもってます^^
ご苦労も多いと思いますががんばってください^^

>>Tohkoさま

いつもいつもアリガトウゴザイマス (*^ー^)ノ
とっても感謝してます o(_ _*)o
愛あるコメントくださるTohkoさんやみなさまのおかげ
でがんばれてます!!!

鬼浜メンバーへの愛はもちろん大いにあるんですが
……奴ら、ちっとももてなしてくれない(^^;)
とほほ~な毎日でございますよ。だはは。
それでも打っちゃうわたしが悪いんでしょうなあ。

まあ、打ちのめされてもノブオをお手本に生きていき
ますのでww これからもどうぞよろしくでっす♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。