目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新米教官の自尊心 1

 
 「来たよ、ハヤト!!」
 「おっ、ケイタ。待ってたよ」
 ずいぶん冷たくなってきた風がちょこっとだけ止んだ今日。オレは約束どおりケイタに自転車の稽古をつけてやることになっていた。
 ダイゴの家・鬼浜寺へ合宿させてもらって緊急特訓を受けたオレは、どうにかそれなりに自転車を操れるようになった。これで晴れてケイタとの約束を果たすことができるってわけ。
 
 オレのちいさな弟分のケイタは、今日も元気に真っ赤なほっぺたをしている。
 近所の自宅からオレの家まで、真新しい自転車を引っ張ってきたみたいだ。
 「あれ、ケイタ自転車持ってたんだ」
 「うん!! あのね、せっかくハヤトに教えてもらうんだからって思ってね。前からとっといてたお年玉とかで買ったの。自転車」
 「そうかそうか。なるほどね」
 「けど、ハヤトの自転車も新しいよね?」
 「うん? ああ、こっちも実は新車」
 かくいうオレもおととい、生まれて初めてマイ自転車を所有することになった。店先に停めてあるメタリックブルーの自転車は、まだぴかぴかなんだ。
 「ウチ、今まで自転車なかったからね」
 「そうなの? ああ、でもバイクあるもんね」
 ケイタがそう言って振り返ったら、店先にいた親父がにやりと笑った。
 ──マズい。親父、ろくでもないこと言いだし兼ねないな。
 「あ、そしたらケイタ、早いとこ練習しようか。行こう行こう」
 オレは半ば慌ててケイタを促したんだ。

 実は10歳になるケイタも、自転車を覚えるには少し大きくなりすぎていると思う。ケイタの持ってきた自転車にはやっぱり補助輪はついていない。
 だからオレがついこないだまで受けてたのと似たような、いきなりのハードな訓練をしないといけないみたいで。
 「な、ケイタ」
 「なあに? ハヤト」
 ふたりして自転車を引っ張って、店から外へ出たところでオレはケイタに意思確認を試みる。
 「言っとくけど、自転車に乗れるようになるまでには何度も転ぶと思う。怪我なんかもたくさんするはずだ。覚悟はできてる?」
 「それは──うん、わかってるよ」
 決然とした表情でケイタは答える。
 「でもさ、乗れるようになりたいし。ううん、乗れるようになんなきゃいけないもんね、ハヤト?」
 「うん。そうだね。意志を曲げるのは男じゃないもんな」
 「ぼく、痛くても泣かないから安心して、ハヤト!!」
 「そっか。寂しいのはキライだけど、ちょっとくらい痛くても泣かないんだ、ケイタは」
 「痛くても泣かないよ、ぼく。さみしくたって泣くもんか」
 「あはは、そかそか。それはごめんな」
 よし、それだったら大丈夫だな。オレはケイタの頭を撫でてやった。
 
 ウチの店は、商店街のいわゆる裏通りにある。
 平地だし、車の通行量は少ないから自転車の練習にはわりと適しているみたい。
 ケイタはまだ子供だし、いい歳したオレみたいに隠れてこっそり練習する必要もないから、ここは充分な場所だ。
 「そしたらケイタ。とりあえずサドルに座ってみようか」
 「うん。ハヤト」
 素直なケイタは、大きく首を縦にふってオレの指示に従った。
 「そうそう。まずは両足をついて。で、方っぽの足をペダルに乗せてごらん」
 「──こう?」
 「うん。それでいい。で、片足はまだ地面でいいから、ちょこっとペダルをこいでみる」
 「はい──うわ、動いた!!」
 「あはは、そりゃそうだよ。ケイタが動かしたんだから」
 「あ、そっか。えへへ」
 ……ちょっと前にどこかで聞いたようなやりとりだな、なんてオレは思った。

 「それで、動いたらもう片足も素早くペダルに移して──」
 次のステップを、まずは言葉でケイタに教えてやってたとこだった。オレの視界に入ったものは颯爽と近づいてくる自転車──乗り手は赤いリーゼント。
 「オウ、ケイタ!!! やってるじゃねえか」
 「あ、リュウジ」
 片足をペダルに乗せたまま、ケイタは見上げて声の主に微笑んだ。
 「リュウジ。どうしたんだ? 今日は集合は夜だったよな?」
 「ああ。集合はな。けどそろそろケイタが練習はじめる頃だって思ってよ。来てみた」
 「え、つきあってくれるの? ほんと?」
 「まあな。ハヤトだけじゃ心配だし」
 意味ありげなリュウジの目の色に、オレは一瞬ぎくりとしたけれど──正直いって心強いなって思った。
 確かにオレの浅すぎる経験だけじゃ……な。覚えたばっかりだからこそ教えられることもあるんだけど。
 「ほら、ケイタ。挨拶はいいからさっそく練習してみようぜ」
 「うん!!!」
 そしてちいさな教習生は、ベテラン教官と新米教官──だってことをケイタは知らないけど──とにそれぞれ頷いて、ほっぺたをより赤く染めてハンドルを強く握ったんだ。

 まずはオレが後ろについてやってケイタにペダル操作に慣れさせる。
 ついこないだまでオレがリュウジたちに教わったとおりのことをアドバイスしてあげながらの練習だ。
 「うん、そう。そんな感じだね。バランスとって。ムリなら足をついてもいいから」
 「わかった、ハヤト。やってみる……こう?」
 「そうそう。その繰り返しを体に覚えさせるんだ」
 「くりかえし──何度もね」
 「そうだぜ、ケイタ!!! そういうのは一気に覚えちまったほうがいい」
 「うん、ありがとリュウジ。そしたらハヤト、もう一回」
 「OK。それじゃ行ってみようか」
 オレはケイタの小さい自転車のリアに手を添えた。これでもけっこう芯のしっかりした子だから、ケイタは絶対めげたりしないのが偉いんだ。

 町中に5時を報せるチャイムが鳴るまで、ケイタの練習は続いた。
 そのころまでには、ケイタはオレの介添えがなくても少しは自走できるようになっていた。
 「ケイタ、今日は何度転んだんだ?」
 「ええっと……3回かな?」
 肘と両膝に貼った絆創膏を数えて、ケイタはリュウジにそう答えた。
 「ふうん。少ないね」
 オレ、確か初日はその倍は転んだよな。
 「え、そうなの? ハヤト」
 「あ──ああ、まあ、そうかなって」
 あはははは、なんてオレはケイタに笑ってみせる。マズいな、うっかりしたよ。
 「でもまあ、ケイタは何てったって素直だからな。こっちの言うことをちゃんと守るから上達するんだぜ。それに少なくともハヤトよりは筋がいいぜ」
 「え……どういう意味なの? リュウジ」
 ケイタの不思議顔を見てオレはぎくりとして──リュウジの腿の裏側あたりを思いっきりつねった。
 余計なこと言うなってば!!!

 じゃあまた明日、って言ってケイタが自転車を押しながら──さすがにまだ乗れないから──帰ったあと、オレはリュウジに向かってため息をついた。
 しれっとした表情のこの漢、オレがどうして鬼浜寺に隠ってまで練習してたんだか覚えて……いないのかも。


テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

<< 新米教官の自尊心 2 | ホーム | 自転車狂詩曲 9 >>


コメント

さすが

チビッコは違うね!上達も早い!
もう明日には完璧に乗れてるよ。
合宿までして練習したのはどこの誰でしたっけ・・・?(笑)

リュウジって・・・絶対隠し事できないタイプかと。
秘密は守ってくれそうだけどね。
この手の話はうっかりしゃべるだろうな。
ハヤト・・覚悟しておいてほうが・・・

>>ピノコさま

何やるにしても、ちいさいうちから覚えるのって大事!!!
あ~、わたしも子供のころから英才教育受けたかった
なあ。パチスロ :*:・( ̄∀ ̄)・:*:

>リュウジって・・・絶対隠し事できないタイプかと。
そうね~。わたしもそう思うよ。うんwww
秘密の意味を勘違いするタイプだよな、たぶん。
嘘も方便って言葉を知らないかも……。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。