目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌と和弦の日々 8-2


 最後の曲をどうやって締めたんだったか、もう思い出せない。
 舞台の照明が暗転して、次に客電が灯って──そしてオレたちは舞台袖に引き上げた。
 袖で待っていたタカシに借りたギターを返しながら、オレはきちんと頭を下げた。
 「タカシ。どうもありがとう。助かったよ」
 「……ああ。どういたしまして」
 なんか変な感じ。いつもだったらこんな挨拶する関係じゃないから。オレたちは。
 タカシは急いでチューニングを合わせなおすと、それっきりオレを見ようともしないでメンバーたちと言葉を交わして気合いを入れてた。さっきオレたちがやったのと同じような円陣を組んで。

 舞台袖から楽屋への通路の片隅に、オレのギターは立てかけられていた。
 驚いたことに、切れたはずの1弦は新しいものに張り替えられている。
 タカシって案外いいヤツなのかもしれないなあ……。

 最高潮の興奮を引きずったまま、オレたちは楽屋に戻った。
 「おつかれ、ハヤト。どうだった?」
 「うん。おつかれ、玉城。楽しかったよ、オレ」
 「ハヤト!!! あんたやっぱり肝っ玉が違うよ」
 「あはは、そうかな。千晶ちゃん」
 オレたちは肩をたたき合ってにこやかに、でもテンション高めのままお互いに労いの言葉を掛け合ってる。
 
 「よく乗り切ったと思う。トラブルあったのにね」
 タオルで汗を拭いながら、千晶ちゃんが言った。
 「ああ。でもアレはタカシのおかげだね。どうにかなってよかった」
 「まあね。あれでもタカシは機転がきくから」
 タカシとは古い付き合いである玉城がこう評した。
 「ふうん。暗黒の1年くんって、そんな子だったんだ」
 「そう、千晶ちゃん。あいつさ、中学のときに一緒にバンドやってたことあってさ。そのときもいろいろと。演奏は熱いくせにどっか冷静なんだよね」
 オレたちは着替えをしながら、玉城の話をしばらく聞いてた。

 そうか。前に一緒にやっていたのか。コウヘイが玉城のピアノにこだわっていたのを思い出す。
 コウヘイとタカシと玉城は、子供の頃一緒にピアノ教室に通っていた仲だったという。
 玉城のピアノと一緒にやっていいギターはタカシだけだってさっきコウヘイが言っていた。こないだ揉め事になる寸前だったきっかけはどうやらそれだったらしい。
 ふたりが認めるピアノ弾きの玉城──その腕は確かなものだってオレにもわかる。
 その腕を自分の舎弟だけのものにしたいって思ってるんだとしたら、コウヘイってああ見えてとてつもなくタカシのことを可愛がってるってことじゃないか?
 ああ、そうなんだ。今になってわかったような気がする。
 敵ながら奴らも結束、堅いんだな。

 着替えを終えて楽器をしまって、それから一息ついて。
 その後オレたちは敬意を表して、タカシたちの演奏を聞くために客席へ降りていった。
 ドラムの刻む早いビートの曲を立て続けに突っ走るタカシらのバンドは、大いに客席を湧かせている。
 飛んだり跳ねたりの演奏者。それに続く観客たち。
 なんか知らないけど、その盛り上がりの真っ只中にリュウジとノブオが巻き込まれているのを確認して、オレたちは顔を見合わせてちょこっと笑った。
 暗黒一家の面々は、前のほうの隅っこで盛り上がるでもなく冷静にタカシを見てる。
 
 確実に場慣れしているタカシの、物怖じしないプレイは正直言ってかっこよかった。
 自信満々な音。ときどき入れるコーラス。派手な動き。目を引く何かを持っている。
 曲間の静けさを狙って、千晶ちゃんがオレに耳打ちした。
 「ねえ、ハヤト。暗黒の1年くんってすごいね。彼って舞台に立つために生まれてきたのかも」
 オレもそう思う。タカシがあんなにやる男だとは思わなかった。
 ええと──今日の舞台を勝負にたとえるならば、オレはタカシに完敗だ。
 いくらか悔しい気分だけど、拍手を惜しむつもりはないよ、タカシ。


テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

<< 歌と和弦の日々 9-1 | ホーム | 歌と和弦の日々 8-1 >>


コメント

うおーー

みんなノってるか~い?
yes!こんばんわ、華丸様。←どういうノリか?

live無事終了お疲れ様でした、特攻隊長。
度胸がなければ勤まらないのが彼のポジションですし、
当然といえば当然の舞台度胸なのかも?
でも声援(黄色い声とも言う)にはビックリしていたようですが、
実はそれにも慣れっこなのでは…?
ところで!
いつもアレな男とは思えないかっこよさですね、タカシ!
一観客の私も拍手・拍足を惜しみませんよ~
昨日書いた後death zoneもカッコいいと思ってみました(笑
又打ちたいな~

>単savaさま

いやっほ~ (*^-^)b
ノリノリ感謝でございますww

ハヤトのは「度胸」でいいんでしょうか?
なんか多少鈍い子のような気がして……だはは。
黄色い歓声には、きっとそんなに慣れていないと
思います。
なぜならたいてい隣にリュウジがいるから、女子連中
は恐れを成していると想像(汗)

ああ、書くの忘れましたけど、タカシのステージドリンク
は青汁だったそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。