目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬の鬼浜町 1


 年末に忙しい職業も数あれど、ことにダイゴのところの家業はそれの最たるものだと思われる。
 ダイゴの家はお寺──鬼浜寺だ。
 大晦日って言ったら除夜の鐘がつきものだ。
 例年多くの参拝客が鐘の音を聞きにくることで有名だから、当然その日は大忙しだ。
 
 「今年はあそこにはいろいろお世話になったもんなあ」
 「そうっスね、兄貴」
 「ほんとにね。とくにオレは、こないだも合宿させてもらったし」
 「わはは、そうだな、ハヤト。お前が一番お世話になってるな。ってことで一番気合い入れて働けや!!」
 「うん。頑張るよ」
 リュウジとノブオと3人で歩きながらそんな話をしている。
 今日は日頃の感謝をこめて、朝から鬼浜寺の大掃除の手伝いをしに行くところだ。
 鬼浜寺はいつでも掃除は行き届いていてきれいなんだけど、それにしたってオレたちが行ったら何かしら仕事はあるだろうから、ってリュウジが言いだしたんだ。

 そうしたわけで、鬼浜寺に着いてみるとダイゴが出迎えてくれた。作業着姿で、頭には手拭いをかぶってる。
 「皆、忙しいだろうに悪いな」
 「とんでもない!! この時期ダイゴんとこほど忙しい奴はいねえって。なあ?」
 「もちろんっス。それにハヤトさんが自転車乗れるようになった恩返ししないといけませんしね~」
 「……ノブオが言うなよ」
 「わはははは!!! そんな顔すんなや、ハヤト。だって本当のことじゃねえか」
 「まあね。うん。頑張るけどさ」
 そんなオレたちのやりとりを、ダイゴはうれしそうな顔で見てた。
 ちょっとはお役に立てるといいな。

 「そしたら何からやればいいんだ? ダイゴ」
 「押忍。まずは大仕事なのだが」
 ダイゴの言った大仕事っていうのは、滅多に経験できないだろうっていう珍しいことだった。
 なんと、鐘のすす払いをするのだという。
 大晦日には厳かな音を周囲に響かせる鐘と、それを吊した鐘楼とを清める作業。
 そんなことに立ち会えるなんて、ちょっと誇らしい気分がする。

 鐘楼の前には祭壇がしつらえてあって、まずは住職──ダイゴの親父さんが読経をする。
 3人いたほかの若いお坊さんもダイゴのお袋さんも、数珠を手にしている。
 読経が終わると、オレたちも含めて順々にお焼香をする。
 そうしたのちに作業が始められたんだ。

 それぞれ雑巾とか、柄の長いはたきなんかを携えてまずは鐘楼の掃除。
 「ダイゴ、これ昇っていいのか?」
 置いてあった脚立を指さしてリュウジが問う。
 「ああ。上の方を頼めるか? リュウジ」
 「オウ!!! 高いとこは任せとけ!! ノブオ、雑巾絞って渡してくれ」
 「了解っス、兄貴!!」
 「ハヤトは手の届く範囲ではたきで埃を払っておけな」
 「うん、わかった」
 この珍しい作業を、リュウジが率先してやるってのは想像の範囲内だ。だってこういうの好きそうだもんな。

 リュウジの指示に従って動くオレたち。チームワークなら任せておいてほしいとばかりに気合いを入れる。
 鐘楼がだいぶきれいになってきたところで、住職とお坊さんたちは鐘本体を磨くほうに回った。
 「なんっていうか、厳かな気分になりますよね~、ハヤトさん」
 一緒になって手の届くあたり──柱の下の方なんかに雑巾をかけていたノブオが言う。
 「そうだね。一生懸命やったら来年いいことありそうな気がするよ」
 「うはははは。そうだといいっスね~」
 「オイ、ハヤト!! ちょっとはたき取ってくれ」
 「ああ、はいはい」
 見上げると、脚立の上のリュウジは埃まみれの顔。
 こんなときのリュウジはすがすがしい表情してるよな、ほんとに。

鐘も鐘楼もすっかりきれいに拭き上がるころには、お昼近くになっていた。
 空気が冷えてるけど、よく体を動かしたから不思議と寒いとは思わなかった。
 
 お昼ご飯のもてなしを受けたあと、オレたちは午後の作業に取りかかることになる。
 「皆、落ち葉を掃くのを手伝ってもらってもいいだろうか。こんな際に裏手のほうまで掃いておきたいのだが」
 「了解っス、ダイゴさん!! きれいにしますよ~。ハヤトさんが」
 「うん。体あったまりそうな作業だね、それ」
 「ハヤト……。否定はしねえけどな。やる気、あるよな?」
 「当たり前じゃん!!! オレ、熊手使うのけっこううまいよ? 中学の頃は裏庭の掃除当番が好きだったし」
 「それではハヤトに期待しておこう」
 ダイゴがそう言って、さっそく熊手を渡してくれた。
 よし、やるか!!

 イチョウやサクラの木からの落ち葉が、黄色とワイン色に地面を染めている。
 すごく風情があっていいとは思うけれど、これは掃除だからね。真剣にやらないと。
 「ハヤト。確かに慣れているな、熊手」
 「だから言ったじゃん、ダイゴ。自信あるって」
 「兄貴……竹箒、いまひとつっスね」
 「そうか? どっか変か? ノブオ」
 「変ってか。動きが大きいわりにあんまり葉っぱが集まっていないような気がするっス」
 「ええ? 何だろな。どこが悪いんだろ」
 「あはは。リュウジ、竹箒はさ、掃いた最後を止めないと散るから」
 「へええ!!! ハヤト、お前案外役に立つな」
 「案外って……まあいいか。どうもね」
 なんて会話しながらの掃除はけっこう楽しいもんだ。
 思った通り体もあったまってくるし。

 しばらく作業が続いて、あたりはだいぶきれいになった。大量に集まった落ち葉を見たリュウジが言う。
 「なあ、これってたき火とかするのか? ダイゴ」
 「そうだな。通常はそうする」
 「そしたら、八百屋行こうぜ!! 芋焼こう」
 「うわ、焼き芋っスね!! 名案っス、兄貴~」
 「うん、いいね。じゃが芋もおいしいよ、きっと」
 「押忍。それでは早いところ作業を終わらせよう、皆」
 目先に楽しいことが待ってる感じっていうのは、作業効率向上に役立つもんだ。
 馬の鼻先にニンジンとか、そんなのかな。
 そんなわけでオレたちは、できる限りの速さと丹念さとでもって鬼浜寺の裏庭掃除に従事したんだ。
 最後のほうには、リュウジの竹箒の技術もだいぶ磨かれていた。


テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

<< 年の瀬の鬼浜町 2 | ホーム | 特別な日ではなく 2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。