目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝福すべき平和な午後 1-1

 
 3学期が始まってから数日経った。
 朝起きて学校行ってみんなとあれこれしゃべって、なんていういつも通りの日常っていうのも、それはそれで悪くないもんだ。
 休みの期間よりも睡眠時間が短いのがちょっとつらいけどね。
 「ってかハヤト、またあくびなんかしてるじゃねえか!!!」
 「ん~。なんか寝不足っぽいからね」
 「そんなことねえだろ? 毎朝よく寝てるようじゃねえか。それにさっきも居眠りしてただろ?」
 「あ。バレてたか」
 あはは、なんて笑いながらオレは頭を掻いてみる。リュウジはあきらめたようにため息ついてた。
 
 そんな、至っていつも通りの帰り道。
 ちょうど町立病院の前を通ったときに、見知った顔とばったり会った。
 「お。赤ジャージ。マキ姉も」
 「ああ、リュウジ。ハヤト」
 「こんにちは。ふたりとも、いま帰りなの?」
 「はい。そうです」
 そういえば赤ジャージは、今日は病院に行くからと授業が終わるなり速攻で校門から出て行ったんだった。
 
 「先生は? 診察終わった?」
 「ああ。おかげさまでな」
 赤ジャージは太くて逞しい首を大きく縦に振った。
 「もう心配いらんそうだ。お前たちにも迷惑かけたな、いろいろと」
 「お!!! それはよかったな、赤ジャージ!!!」
 リュウジはうれしそうに笑って、赤ジャージの肩をぽんと叩いた。
 ――まるで友達にする挨拶みたいに。
 先生と生徒の間にそれが許されるっていうのは、ひとえにリュウジのキャラクターだとオレは思う。
 こう見えて、リュウジはなんだかんだ赤ジャージを尊敬しているはずだし。赤ジャージだってリュウジをかわいがってるみたいだし。
 
 「だいたいが、赤ジャージが剣道のこと忘れるなんてことが有り得なかったんだよな」
 すこしばかり遠い目をしてリュウジが言う。
 「俺やらハヤトやらのことを忘れたってほうがいっそ自然だったと思うぜ」
 「あはは、そうかも。剣道よりはオレたちのほうが付き合い短いしね」
 「あら、それだったら先生とはわたしが知り合ってから一番日が浅いわ」
 くすっと笑ってマキ姉さんが言った。
 「わはははは!!! そりゃねえだろ、マキ姉。赤ジャージがほかの何を忘れたところで一等最初に思い出すのがマキ姉のことに決まってるぜ。なあ、赤ジャージ?」
 「え――いや……」
 「ん? 違うの?」
 「いや、違わんがな、ハヤト」
 「お。生意気に照れてんじゃねえか!!!」
 「リュウジ、お前、教師をつかまえて生意気とは何たる言いぐさだ」
 言いながらリュウジのリーゼントを小突いた赤ジャージの頬は、ちょこっと赤く染まってた。うん。照れ隠しってのがあからさまでかわいくすらあるな。

 「けどね。結局なんとも言えない立場のままでいるんだし」
 マキ姉さんのそれを聞くなり赤ジャージは慌ててる。
 「そ、そのようなことを仰らないでください、マキさん!!! 俺が不甲斐ないばかりに気苦労をおかけしたままで。このままいたらいつか愛想尽かされるのではと焦りばかりの日々であって」
 「まあ、焦らなくてもいいんじゃないの?」
 「って、ハヤト!!! お前が口出しすることでもねえだろうが」
 「あはは、リュウちゃん。いいからいいから。でもね、わたしもハヤトくんと同意見かな」
 つと笑って、マキ姉さんはいったん言葉を切った。


テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

<< 祝福すべき平和な午後 1-2 | ホーム | 矜持対決新春編 8-3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。