目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海に降る夜の雪


   * 1 *  


 海辺の鬼浜町には有り得ないほどの激しい吹雪は過ぎ去った。
 いまは風もおさまって、ただ静かに粒の細かい雪が名残のようにはらはらと空から落ちてきている。ほどなく止みそうな気配ではある。
 
 さっきまで確かにともにあったちいさな、いとおしい存在が遠く離れていってしまったことへの空虚感がオレを満たしていた。
 漁港から立ち去ったのはしばらく無言で立ちつくした後のこと。
 おそらくオレと大差ない経験をしたと思われるハンゾウに促されてのことだった。
 「路面が凍結する前に戻ったほうがいい」
 「ああ、確かに……」
 そう声をかけられて現実に引き戻されたオレ。
 いつもならば互いを気遣う言葉なんて言い合うはずのない立場のオレとハンゾウだったけれど、今日ばかりは別だった。
 
 ハンゾウが先行して国道へ出た。それについてオレも単車をゆっくりと走らせる。
 国道は、雪の日にありがちなのろのろ運転の車列が続いている。
 そう――さっきまでまったく車の気配ひとつなかったことが嘘のように、想像できるとおりの雪の夜の国道の顔だった。
 暗黒水産を通り過ぎて町の方角へ。
 初めて見る、バトル中ではないライバルの単車を駆る後ろ姿。
 ハンゾウって案外肩幅広いんだな、なんてどうでもいいことを考える。

 鬼川にさしかかる手前で、ハンゾウはウィンカーを出した。国道を逸れる気らしい。
 オレンジ色の点滅が指示する方向は浜へ降りる脇道。
 ハンゾウが何をする気なんだか知らないけれど、オレもそれに倣う。
 角を折れたところでハンゾウは振り返る。オレが後ろを守っていることを認めて軽く頷いたように見えた。
 ハンゾウは浜の入り口に単車を停めて、そのまま砂浜を歩いて水際に近づいていった。
 無言のままオレもそれに従った。
 なんでそうする気になんたんだかわからない。ただ、きっとひとりでいたくなかったんだと思う。

 冬の浜に、それも夜になんて普段は降りることはない。
 しかも今はしんしんと雪が降っている。
 ハンゾウは黙って水際に立って、寄せる波を見ていた。
 「ハンゾウ」
 オレは静かに近づいて、スキンヘッドに声をかけた。
 「――ああ」
 いつもは鋭い奴の目が、今日は違った色合いを見せているように思う。
 頼りになる光源は国道をいく車のヘッドライトのみで、暗いから定かではないけれど。
 
 しばしの無言がオレとハンゾウの間に流れた。
 黙ったままハンゾウは水際に目を落としたままでいて、オレはというと空から来る雪が海面に融けていくのを見ている。
 海に降る夜の雪。静かにそれは吸い込まれていく。
 決して積もることはなく、即座に大いなる水の一部となるために。

 おそらくここ数日来、オレと似たような体験をしていただろうオレの強敵。
 なぜか知らずのうちに、奇妙な理解とか連帯とか、そんなのが生まれているようにも思う。
 いいよな――今日くらい。今夜くらいは敵同士の看板を下ろしたって。

 こんなとき、海は人にやさしいのかもしれない。規則的に寄せては返す波を見ていると、ようやく気持ちがおちついてくる。
 このまま雪と一緒に夜の海に融けてしまえたら、なんて幾分危険な蠱惑にとらわれるオレ。
 黙っているのがそろそろつらくなってきた。
 だからオレは今日だけはよき理解者であるはずのハンゾウの声を聞こうと試みた。
 「ハンゾウ」
 オレの声、ちょっとかすれてる。

 呼びかけたオレに向かって、ハンゾウはゆっくりと首を動かした。
 「何を思ってる?」
 「――別に」
 ハンゾウの応えは素っ気なかった。あくまで装った声だったかもしれない。
 「あのさ、あのちいさな子とは?」
 「ああ。夕映え木立の前で遭った。困っていると言ったから手を貸す約束をした。それだけだ」
 なるほど。夕映え木立――不思議を隠した林で、か。なんだか納得できるな。
 それに、さっきあそこに近づいたときにフウカの様子が変わったんだったな、と思い出す。
 「ハヤトはどうした?」
 「オレは、うん。駅前で露天商から買ったキーホルダーの付属品で……」
 
 そしてオレはハンゾウを相手にフウカとの日々を語った。
 別に話してほしいと言われたわけじゃない。聞いてくれと頼んだわけでもないからハンゾウが真剣に聞いているかどうかはわからなかったけれど、それでもよかった。
 ただ、この数日のフウカとの記憶を口に出してみたかっただけ。
 思い出して、話して、それをあらためて記憶にとどめておけたら――話しているうちにどんどんそんな気持ちがふくれあがってきていた。

 ひとしきり話したオレは、心臓をきゅっと冷たい手でつかまれたような苦しさに捕らわれた。
 ああ――そうか。これってずっと前に失恋したときと似たような気持ちだな。
 そのときは拒絶されただけだけど、今回はそうじゃなくて。お互いに想いを残したままなのに別れなければいけなくて。しかも相手――フウカはこの世界の外の住人で。

 「フウカたちって何だったんだろうな、ハンゾウ」
 黙り込んだら物思いに沈没しそうだったから、オレはハンゾウ相手に無理矢理言葉を紡ぐ。
 「聞かなかったのか?」
 「何を?」
 「彼女らのことを」
 「ああ、ちょっとはね。なんか空の方からお遣いで来たとかって言ってたね」
 「そうか。ハヤトはその程度しか知らないのか」
 
 そしてハンゾウは話し始めた。
 「彼女らは、天候を司る存在の使いなんだそうだ」
 「司る――神様ってこと?」
 「さあ。そこまで立ち入ったことは畏れ多くて聞けなかった」
 なるほど。オレはちいさく頷いてみせる。

 「聞くところによると、使いの役目は俺達の世界を見張ること。季節はずれに台風が起きたり、異常な気候になったりの前兆があったら報告するのが役目。そして彼女らの通り道がちょうどこのあたりにあるのだとか。そこを通る際にほころびに吸い込まれたとかで、ふたりは互いにはぐれた――これが顛末らしい」
 「へえ……そうだったんだ」
 なんでフウカはオレにそれを話してくれなかったんだろう、と思いを馳せる。
 だって、そんな大切な存在だってわかっていたら、オレはきっとこんなふうにフウカに思いを寄せたりしなかっただろうに。それこそ畏れ多くて……。
 いや、違うのか。
 オレは一目でフウカにとらわれたんだ。だからフウカは、オレには言えなかったのかもしれない――オレはまたも想いに絡め取られそうになる。

 「じゃあもしかして、フウカたちって定期的にこっちに来るのかな? 見張り役って言ったらさ」
 ふと、オレは声を出した。
 そのことに思い至って、まるでハンゾウにすがるように訊いてみる。
 「そうじゃない? こっち来ることもあるんだよね? そしたらまた会えるんだ、フウカと」
 「……さあ。それは俺が知る由もない。けど」
 素っ気なくハンゾウは言う。
 けれどもハンゾウだってオレと五十歩百歩の心持ちでいるはず――それはなんとなく解る。
 あえて素っ気ない物言いのハンゾウは、よほど胸に秘めるタイプなのかもしれない。
 駄々をこねるようなオレを正面から見据えて、ハンゾウはあくまでも現実主義を貫くように言った。



   * 2 *  

 
 夜の海。止みそうではあるけれど雪が舞っている。
 今更ながらに寒さを感じてオレはすこし肩を震わせた。
 いや、寒かったからじゃないかもしれない。
 ハンゾウの口がそれを語ることへの恐れだったのかもしれない。

 「ただ、仮にこちらに再臨したとして、俺たちに見分ける術はないと思う」
 「どうして? だってフウカはオレと波長が合ったんだって言った。そういうのって変わるもんじゃないだろ?」
 「――それは多分。でも、俺たちのほうでそうだとしても、彼女らは意志で隠すことができるはず。波長というものを」
 「隠す? だからどうしてその必要があるんだよ!!!」
 つい語気荒くオレは言った。
 わかってるんだ、本当は。ハンゾウがオレを諭すために次に発する言葉なんて。
 聞きたくない。
 けれども――誰かに言われなければ納得できないって心のどこかで思ってる。

 「わかるだろう? 彼女らは本当は、俺達如きと親交をもつような存在でないことを」
 「そんなの、オレにはわからない!!!」
 何て言ったところで無駄なのはわかっている。
 往生際の悪いオレ自身へ心の中で皮肉に笑うオレがいた。

 「姿を消していたって絶対に見分けるから。オレ、もしすれ違ったら絶対わかるから。どんなに些細な気配だって見過ごすわけないから!!!」
 「――ハヤト」
 憐れむようにハンゾウはオレを見る。国道を行く車のクラクションが鳴った。
 「気持ちはわかる。けれど俺達如きに逆らえるようなことじゃない」
 「何だよ、それは!!! ハンゾウはそれでいいのかよ」
 「いいとか悪いとか、そういうことでもない」
 
 わかってる。ほんとはわかっている。
 ハンゾウが理路整然と語ることがらが正しいことなんか、わかっているんだ。
 だけどそれじゃオレがかわいそうだ。
 それからハンゾウもかわいそうだ――オレはそう思う。

 「ハヤト。彼女らのことは今夜眠って、朝起きたら忘れているから」
 「え――? 何……だって?」
 「別れ際にセツカが言った。そういう術を俺達にかけておくから心配いらない、と」
 「術? 心配? そんなの必要ないじゃん!!!」
 「確実に必要。少なくともそこまで取り乱しているハヤトには」
 きっぱりとハンゾウは言った。
 「そんな想いの虜になるのはいいことじゃないはずだ」
 「――!!! 相手を想うことにいいも悪いもあるわけないだろ!!! とにかくオレはフウカを忘れたりしないから」
 そう叫んで静かに雪が降る海に背を向けて、オレはハンゾウから逃げるように単車に戻った。
 怖かったんだ。真実を突きつけられるのが。
 だって今現在のオレがフウカを忘れてしまうなんて、そんなこと納得できない。
 そうするのは寂しすぎるじゃないか――

 オレはふたたび泣いているのかもしれなかった。

 闇雲な勢いで単車をふかす。
 できるだけ大きな音に紛れ込みたかったんだ、オレは。
 国道を横切って、町を目指す。もう海も雪も嫌だった。
 
 ときにおのれの感情を抑えきれないオレ。
 常に感情を露わにしないタイプのハンゾウ。
 その違いがおそらく普段の勝負にも出てるんだろうな――なんて、あえて違うことを考えながら速度を上げた。
 情が入った勝負ほどオレは熱くなる。
 逆におそらくハンゾウは、いかなる場合でも一定の力量で臨むんだろう。
 どっちが有利かって、それは状況次第。そんな理由で互角なんだ、オレと奴は。
 オレにはわかる気がする。おそらくハンゾウだって本音はオレと大差ないってことを。
 それを隠して平静を装うなんて芸当、オレには到底できない。
 そうするにはオレはフウカへ恋しすぎていたのかな……。

 あらゆる物思いに捕らわれたオレは、無意識にここへ来ていた。
 ここへ来てどうするつもりだったんだろう。
 理論的な思考なんて、すでにどこかに置き忘れてきてる。
 感情だけに突き動かされるオレが行き着いた先がそこだったのはそんなに不思議なことじゃないとは思う。
 なんだかんだ言って、どんなときでも頼れる漢が身近にいるんだからオレはしあわせな奴だ。

 「オウ、ハヤト!!! なんだ、こんな天気なのに走ってたのか? 寒かったろ。まあ入れや」
 店先に顔を出すと、赤いリーゼントがいつもと同じ威勢のいい声でオレを出迎えてくれた。
 そしてオレは、詰めていた息を長々と吐き出したんだ。

 リュウジが招じ入れてくれたのはリュウジの部屋だった。
 こんな時間に遊びに行ったんだったら大概は店の一角で、ラーメンでもごちそうになりながらうだうだ話をするのが常なんだけど……。
 オレの様子を見るなり上がっているようにと指示されて、オレはリュウジの部屋へ入る。
 相変わらず物であふれた部屋。あとから来たリュウジは、手にステンレスのトレイを提げている。
 「まあこれでも飲んで暖まれや。落ち着くにはこれが一番だぜ!!!」
 言いながら、リュウジはオレの前にマグカップを差し出した。中身はあったかい牛乳だった。

 そうか。リュウジにはオレが普通じゃないことなんてお見通しなんだな。
 いつもだったら振る舞ってくれるのはコーヒーなのに。今日に限って牛乳か。
 ああ、あったかい。手にしたカップが沁みるほどあったかかった。
 ひとくちすすると、甘みが口に広がった。砂糖、入れてくれたんだ。
 
 「落ち着いてからでいいからな。話したくなったらでいいんだぜ」
 言って、リュウジはその辺に置いてあった漫画を手にとって読み始めたんだ。
 オレのペースを尊重してくれるって意味なんだろう。リュウジらしいな。
 「…………うん。ありがとう、リュウジ」
 オレは本当にありがたいと心の底から思っていた。
 うん。ここに来て正解だったんだ。オレの本能は間違っていなかったみたいだ。

 リュウジの持ってきてくれた牛乳の温度が胸にしみる。
 そしたらせつなさが倍増したような気がして……。
 みたび涙がこみ上げてきそうになったけど、こんなところで取り乱したオレをリュウジに見てほしくないからそれを牛乳に混ぜ込んで飲み下した。
 大丈夫。オレだって男だから。

 「リュウジ」
 そしてオレは口を開く。握った拳の中が汗ばんでいる。
 「うん? なんだ?」
 「あのさ。心配かけて悪かった。ここんとこオレ、ちょっとおかしかっただろ?」
 「ああ――ちょっとはな。でもいろいろあるんだろ? 個人的に。わからなくもねえからさ、そのへんは」
 「うん。いろいろあった。全部聞いてもらってもいい?」
 「もちろんだぜ!!! 俺がハヤトの頼みを断ったことってあったか?」
 「あはは。そうだね。うん。リュウジってやっぱり頼もしいな」
 「当たり前!!! だって俺は総隊長だからな」
 「うんうん。その通りだ、リュウジ」

 リュウジの人を惹きつける力みたいなのをあらためて感じたオレは、安心して話す気になったんだ。
 「あのさ。コレ――」
 何から話そうかと迷ったオレは、思いついて左胸のポケットからそれ――フウカが最初に身を隠していた銀の鈴を模した細工を取り出してテーブルに置いた。
 「お? なんだ、きれいなキーホルダーだな」
 「うん。こないだ露天商で買ったんだ。それでさ、そっから話は始まるんだけど」

 オレはひとつひとつのフウカとの出来事をリュウジに話して聞かせた。
 リュウジは黙って聞いてくれていた。
 まさかこんなに情を吐露する人間だと、オレはいままで自分のことを思っていなかった。
 けれどもリュウジが何も言わずに耳を傾けてくれるのをいいことに、オレは何かに取り憑かれたように想いのありったけを言葉に変えて体から絞り出していく。

 そう。とにかく誰かに聞いてもらわないといけない、という強迫観念がオレにはあった。
 だってオレは、明日の朝にはこのことを、フウカのことを忘れているようにと術をかけられているんだから。
 代わりの誰かに覚えていてもらわなくてはいけないんだ。
 オレが恋したフウカのことを。フウカに恋したオレのことを――。
 
 「なるほどな。そんなことがあったのか」
 話しはじめてからずいぶん時間が経っていたと思う。ずいぶんたくさんのことを話したと思う。
 すべてを語り終えたオレの前でリュウジは静かに頷いている。
 「うん。でもオレはフウカのことを思い出すことだってできないんだっていうんだ」
 ハンゾウに続いてリュウジにまで駄々をこねるオレ。
 リュウジは宥めるようにオレを見る。
 リュウジの髪と同じ色に染めた眉がぴくんと動いた。
 
 「ハヤト。お前、いい恋したんだよな」
 「え――」
 「明日になってそのことを忘れてたとしてもな、体か心かわかんねえけど、どっかに残ってるだろ、そのこと」
 「…………わかんない。そんなの、どうなんだかわかんないよ」
 「いいじゃねえか。俺がハヤトの代わりにちゃんと覚えておいてやるぜ、今日のハヤトのことを」
 「リュウジ――」
 リュウジのいつになく神妙な、大きくはないけれど深みのある声が神託のようにオレを打った。

 「そうだな。来年の今日、俺はハヤトにこのことを話してやるぜ!!! 1年前、ハヤトはこんな体験をしてたんだ、ってな。俺はその忘れる術ってのをかけられたわけじゃねえんだし、俺だったら朝起きても覚えてるはずだしな。ハヤトとその子のことを」
 任せておけとリュウジは胸を張る。
 「ありがとう、リュウジ。オレはリュウジと出会えてしあわせだよ」
 「わはははは!!! そんなこと言っても何も出ねえぞ、ハヤト」
 「ああ、そう? それは残念だなあ」
 リュウジにつられて笑ってみた。うん、大丈夫。案外普通に笑えてるよね、オレ。

 「そしたらハヤト。今日はうちに泊まっていけや!!! きっとひとりだと眠れねえだろ? でもって夜更かしした挙げ句、明日の朝起きられねえってのがオチなんだろうからな、きっと」
 リュウジがそう言ってくれるのがうれしかった。
 
 明日の朝にはオレの記憶にフウカはいない。
 オレの手元に残った銀細工の鈴がたったひとつの封印された思い出になる。
 けれどもリュウジが覚えていてさえくれれば、オレはいつかまた思い出すかもしれない。
 オレが恋したフウカのことを。フウカに恋したオレのことを――。



   * 海に降る夜の雪  完 *
 
 

<< 各話御案内/風にのって鈴の音が | ホーム | 各話御案内/海に降る夜の雪 >>


コメント

記事が載ってましたヨ

http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/で記事が紹介されていたので、見に来ちゃいました。(^^)また見にきまーす。

>HOLIZONさま


はじめまして。
どんな紹介されていたんでしょうか(^ ^;)
よろしかったらまたどうぞいらしてくださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。