目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼工七不思議 9-1


 とにかくもうすこしだけ先に進もうということに決着したオレたち、『鬼工七不思議』探検隊はリュウジを先頭にふたたび歩き出したんだ。
 「なんだかんだ言って、結局6つめのやつも本当だったってわけだよな、ダイゴ」
 「そうだな。どこへ通ずるかはわからぬまでも、地下室と地下通路は本当だった」
 ゆっくりと歩を進めながら話すオレたち。どっちみち、この先に何もなくてもあと15分したら引き返すっていう目標があるだけで、なんとなく気が楽だ。
 まあ――もし仮に何もないまま引き返すようなことがあったら、装備を調え直してまた来るってリュウジが言うかもしれないけれど。

 「でも、さすが鬼工って歴史ある学校なだけあるっスよね。オレ、最初は七不思議なんて眉唾かと思ってたんっスけど」
 「あ、オレもだ、ノブオ。どうせ意味なんかない落書きなんだろうな、とか思った」
 「オイ、ハヤト!!! お前ってロマンがねえな」
 「そんなこと言ったってさ……」
 「ノブオもだぜ!!! 俺がお前に薦めてやってる漫画は、どれも漢の熱いロマンを伝えるやつばっかりだろ?」
 「あ――そうでした、兄貴。オレ、ほんとスミマセン。精進するっス!!」
 
 「ダイゴは? どう思ってた?」
 一列になって歩いているので、オレは振り返ってダイゴに問う。
 「俺か? そうだな、ハヤト。俺は、物事には何でも因果があると思うので。どのような言い伝えであれ、おそらくは原因があるであろうし。俺はこう見えても好きなほうだ。こうした探検は」
 「へえ。意外だな」
 「そうか? しかしハヤトとて嫌いではなかろう?」
 「そうだね。うん。オレ、不思議なことに敏感なほうじゃないけど。それでも何だっけ? あのプールの話のときにはちょこっと背筋がぞくぞくしたかな。あの、神様のお使いのちいさい存在がプールを守ってくれている、って話」
 「ああ――なるほどな」
 限りなく優しくダイゴの目が細められたのをオレは見た。
 それを確認してから前を見たら、今度は先頭のリュウジが振り向いてオレを見ていた。リュウジも優しい顔をしていた。
 ……なんだろう? ふたりの視線の意味はわからないけど、どうしてだか胸の奥があったかくなっているのは、いったいなんだろう。

 ダイゴがこまめに腕時計に目をやりながら暗い地下通路を進む。
 だいたい3分おきにダイゴの声が経過時間を伝えてくれる。
 「リュウジ。さきほどの時点から12分経過だ」
 「オウ、そうか。そしたらあとちょっとだけ行って、何もなかったら戻るとするか」
 そうだね、なんてオレたちがリュウジに向けて肯定の返事をしようとしたときだった。
 「お――?」
 リュウジの声音が変わる。幾分の緊張感をはらんでいた。
 
 「どうした? リュウジ」
 「ハヤト。ちょっと見てみろ」
 促されて、一歩前にいるリュウジに並んだ。そしてリュウジの手持ちの懐中電灯に照らされた前方を見る。
 「あれ……? なんか広い」
 リュウジと目を見交わして進んだ一歩先は、今まで歩いてきた細くて暗い地下通路とは打って変わって広い場所――丸い形の広場のようなところだったんだ。

 歩いていた通路とは桁違いに天井が高いその広場。足音すらも響き渡る。
 コンクリートで堅められたそこには、ひんやりとした空気が満ちていた。
 
 『6)道:北校舎階段に地下あり 既に封鎖される 因縁ある場所へ続くとされる』
 『鬼工七不思議』の6つめに従って辿り着いたこの広場。ここが因縁ある場所なんだろうか。
 
 「なんだ? ここは」
 「何っスかね……兄貴」
 気の抜けたような主従の声が広場にこだました。
 オレたちの冒険の行き着いた先にあった広場は、なにもない空虚なところだった。
 懐中電灯の生んだ光はただ壁を丸く浮かび上がらせるだけだった。


テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

<< 鬼工七不思議 9-2 | ホーム | 鬼工七不思議 8-2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。