目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべての不思議を解く者 1-1


 6つめの不思議を追いかけていたオレたちがばったり行き合った暗黒一家。
 奴らもオレたちと似たようなことをしていたらしいことを知らせるメモを落としていったので、その翌日、オレたちは奴らに会いに行った。
 正面切って暗黒水産を訪れたオレたちを出迎えた暗黒一家は、最初の視線はよく見る険しさを帯びていたけれど、リュウジが差し出した紙切れを見たとたんにがらりと物腰を変えたんだ。

 「リュウジ。貴様――これを、どこで?」
 「オウ。昨日、町営グラウンドのとこで拾ったぜ。お前らだろ? 持ち主は」
 「ああ――まあ、な。して、中を……?」
 「ちょっとだけな。ってか、見なかったらわかんなかったしな、お前らのもんだって」
 「確かに」
 「まあ、がんばれや!!! 解明できることを祈ってるぜ!!!」
 「……恩に着る。ところで貴様等、昨日はあの場所で何をしていやがった?」
 「わはははは!!! まあな、お前らと似たようなもんだ」
 なんてやりとりがあって、珍しくもめ事に発展することなく暗黒水産を後にしてきたんだ。
 
 それから数日が経過している。
 いつの間にか鬼浜町にも春が訪れていた。桜の花もすっかり咲いて、オレの苦手な寒風も吹かなくなっていて。
 なんだかんだで――気がついてみたらいつの間にか3学期が終わっていた。
 結局のところ、オレたちがさんざん探求してた『鬼工七不思議』の7つめは、手がかりすら見つけられなかった。
 昔、鬼工の生徒時代に馴染んだことがあるって言ってた赤ジャージもなぜだか思い出すことができなくて。
 春休みになってからも何度か図書室へ行ってほかの本もけっこう調べてみたけれど、思ったような書き付けには出会えなかった。

 そうしたわけで、今日も午前中から図書室に詰めているオレたちだった。すっかり図書館司書の先生とは顔なじみになっているのがらしくなくてなんだか笑える。
 夕方過ぎからは走りに行こうと決めていたので、昼過ぎに図書室を退出してきている。
 4人で歩く校庭の周囲ぐるりを埋め尽くす桜の木は、すでに満開を過ぎた頃だ。桜吹雪が舞っているのが趣深い――なんて、柄にもなく思っていたりして。

 「もう諦めるしかねえのかもな」
 決して簡単に弱音を吐く人間ではないリュウジがそう言い出したのも無理はないのかも。
 「うん。これだけ探しても手がかりがないとは思わなかったしね」
 「不思議は不思議のままなのが不思議ってことっスかね?」
 「なるほどな、ノブオ。解明できんのが七不思議といったところか」
 「まあな。もしかして、忘れたころにひょっこり見つかるかもしれねえからな」
 「無欲の勝利というものもある得るからな」
 「あ、ダイゴ、いいこと言うね」
 「そしたら一度、手を引くか。いいな? お前ら」
 「は~い!! 兄貴の言うとおりにしま~っす!!!」
 
 見上げれば空は穏やかに春霞。こんな中、みんなで単車を走らせるのは気分いいだろうな――なんてオレの意識はすでにそっちに切り替わっていた。
 「そう言えば、遅咲きの桜の木はどうなっただろうな?」
 校門を目指して歩く最中、思い出したようにダイゴが言った。
 「ああ、そう言やどうしたろうな? そろそろ咲くころかも知れねえよな」
 「あ、2つめの不思議だったやつっスね?」
 「ちょっと行ってみようか。園芸部、まだ粘ってるかもね」
 
 みんなで頷いて、そしてオレたちは方向転換することにした。
 目指すは体育館の隅のほう、1本だけ花の遅い桜の木の様子を窺いに。その木の最初の花を見た者に幸福をもたらすと『鬼工七不思議』に謳われるそれを見に。


テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

<< すべての不思議を解く者 1-2 | ホーム | 鬼工七不思議 9-3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。