目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤトという名の単車乗り

   * 1 *


 なんだかんだ、そろそろ春が近いんだなあ、なんてここに来るとそう思う。
 川からの風は先月よりも頬にやさしい感じだし、心なしか土手の桜並木も、ほんの少し赤くなってきているような――まだ早いかな?
 待ち合わせまではまだ時間があるから、オレはいったん河川敷を通り過ぎて国道へと単車を進めた。
 そぞろに走って時間を潰すっていう贅沢。オレの好きなひとときだ。
 
 今日はこれから、千晶ちゃんたちと合流する約束になっている。
 千晶ちゃんがリュウジに頼んだ計画にオレもお供することになっていたから。
 なんでも、千晶ちゃんの音楽仲間の千尋ちゃんが単車の免許をとることになって、その予習じゃないけれど、単車の速度を体感するためにリアに乗せてほしいんだそうだ。
 それを千晶ちゃんから頼まれたのはリュウジなんだけど、リュウジはあの通り女の子にはてんで弱い。それでオレに声が掛かったっていうわけで。
 
 国道をちょっと走って、鬼浜町を大きくひとまわりしてからふたたび河川敷に戻った。
 それでもまだ約束の時間には早かった。まだ誰も来ていなかったらもうちょっと走ってもいいな、なんて思ったけれども、土手から見下ろしてみたら見知った姿が目にとまった。
 オレはハンドルを切って、川原に降りていったんだ。

 「早いじゃん、千晶ちゃん」
 「おっす、ハヤト」
 オレの単車の音を聞きつけたらしい千晶ちゃんは、こちらに手を振って出迎えてくれた。
 さらさらストレートの肩までの髪の毛。きめの細かい肌にぽってりとした唇の鬼工のアイドル・千晶ちゃんは、女の子からも憧れられるかわいい男子生徒としてその名を轟かせている。
 「悪いね、付き合わせちゃって」
 「全然OK。オレで役に立つんなら」
 「あはは。心強いよ、ハヤト。リュウジに頼んだのはいいけどね、ほら、リュウジってアレでしょ?」
 「ああ、そうだね。リュウジは妙に緊張するだろうからな、そこに女の子がいるってだけで」
 「まったくね」
 ふたりして笑ってみる。そこがリュウジのいいとこだよ、なんて言い合ってはいるものの、想像するだけで何故か笑えるんだよな。

 「ところで、千尋ちゃんとは? ユニット、上手くいってる?」
 オレは千晶ちゃんに訊く。千晶ちゃんは歌を唄っていて、秋の終わりごろに一度だけ、千晶ちゃんのライブを手伝ったことがあって。千尋ちゃんは、オレのあとに千晶ちゃんと組むことになったギターを弾く娘なんだ。
 「うん。おかげさまで。けっこう練習してる。最近。ほら、時期的に玉城くんもわりと時間に余裕あるしね」
 「ああ、そうか。まだ本格シーズン前か」
 一緒のメンバーの玉城は野球部在籍のピアノ弾き。いま千晶ちゃんのユニットはこの3ピース構成だ。
 「そうだ。玉城くんにあずかったんだ。はい、これ。新曲入ってるから聴いてみて。ハヤトも時間あるときに弾きにおいでよ」
 「あはは、そうだね。うん。たまにはいいかもね」
 「でしょう? たまには弾いてあげないとギターも泣くよ?」
 「……だね。親父もそんなこと言ってた」
 おかしなもんで、千晶ちゃんも玉城も同じクラスにいるわりにそんな話を教室ですることって多くはない。
 まあ、もっともオレがリュウジと過ごす時間が長すぎるのかもしれないけれど……ね。

 「それはそうと、あたしこないだ、ここで見ちゃったの」
 「ん? 何を見たって?」
 「うん。日曜日にね、暗黒の大将が川に飛び込むところ」
 「え――コウヘイ……が?」
 こくり、と千晶ちゃんが頷いた。
 「流されそうになってたちいさい犬をね、助けてあげてたの。まだ小学生くらいの女の子たちの犬だったっぽいんだけど」
 「ああ、それ、見てたんだ」
 昨日ここであった一幕をオレは思い出していた。

 「え? ハヤトも見てた?」
 「違う。見てたわけじゃないけど。ほら、昨日の自習のときに赤ジャージがリュウジを呼びに来たじゃん?」
 「ああ、あったね。リュウジいなくて、かわりにハヤトが連れて行かれたんだったっけ」
 「そう。それがさ――」
 そしてオレは千晶ちゃんに話して聞かせたんだ。昨日の出来事を。

 「それじゃあ暗黒の大将、そのときに女の子に自分はリュウジだって名乗ったってこと?」
 「どうもそうらしいね」
 「ふうん」
 千晶ちゃんがどんな反応を示すかな、って思って見ていたら、千晶ちゃんはおかしそうにくすくす笑っていた。
 「え……おかしい話だった?」
 「うん。なんかちょっとね。大将が照れてるのって、カワイイじゃん。あんなにいかついのにさ」
 「ああ、まあ……」
 とか曖昧に返事をしてみる。
 ――やっぱり女の子の感覚って俺たちとはちょっと違うな。体は男でもさすがに千晶ちゃんは乙女だってことだろう。きっと。
 
 「実際ね、大将の照れた顔って何度か見たことあるんだけど」
 「……? あ、そうか」
 「うん」
 コウヘイは千晶ちゃんに想いを寄せているらしい。そういえばクリスマスのときにも一悶着あったからなと思い出す。
 「あんまり個人的なことは話せないけど、カワイイよ。言ったら怒るだろうけど」
 「う~ん。どうも想像つかないな、オレ」
 「あはは。まあいいじゃないの。リュウジと似たようなもんだよ」
 「リュウジと?」
 「うん。あれでリュウジもカワイイとこあるし。あんたたち男連中に囲まれてるから普段はわかんないだろうけどね」
 「……まったくもってわかんない。オレ」
 千晶ちゃんの目は、普段オレたちが見るリュウジやとは別のリュウジを見ているらしい。コウヘイについても、また。
 
 「それにしても、何だって争いの原因になるんだね、あんたたちって」
 不思議顔のオレを見たあとに、ふと千晶ちゃんは言う。
 「そうだね。それについては否定しないけど」
 「よっぽど因縁があるんだろうね」
 「ああ、うん。ダイゴがそんなこと言ってたかもしれない」
 「ちょっと違った出会いだったら無二の親友なんかになれてたりしてね。リュウジと暗黒の大将」
 「えええっ!! それは……想像できないな」
 「そう? ハヤトと暗黒の特攻隊長だって、そうかもよ?」
 「……どうなんだろ」
 なんとなくうらやましい、なんて千晶ちゃんは呟いた。
 そんなもんなのかな。まったくもってわかんないや。女の子の考えることって。
 ――オレもまだまだだ。

 「おお~い、千晶く~ん!!!」
 と、土手の上から元気な声が呼ぶ。呼ばれた千晶ちゃんは振り向いて手を振り返す。
 「やほ~!!! 早くおいで」
 土手を駆け下りてくる小柄な姿に駆け寄っていく千晶ちゃん。
 千尋ちゃんの目から見ても、リュウジってかわいく見えるのかな、なんてどうでもいいことを想いながら、見た目はじゃれあうなかよしの女の子同士のふたりを、オレはその場に立ったまま見ていた。



   * 2 *


 「おう、待たせたな!!!」
 単車で土手を降りて来るなりすまなそうにリュウジは言った。
 「そんなことないよ、リュウジ。たまたまあたしたちが早かっただけ。だってほら、今ちょうど約束の時間だし」
 「そうか? ならいいけどな、千晶ちゃん。俺は人を待たせるのが好きじゃねえから」
 「たまにはいいんじゃない? オレ、いつも待たせてるし」
 「ああ、ハヤトはどうでもいいぜ!!! 俺が言ってるのは千晶ちゃんと……ええと」
 「千尋です」
 と、千尋ちゃんはリュウジにぺこりとお辞儀した。
 肩までの髪の裾にゆるいパーマをかけて、ふわっとした感じを持った女の子。アーモンド型のくりっとした目が印象的だ。

 「ああ、そうだ。千尋さん。待たせて済まなかったぜ」
 「ぜんぜん大丈夫。今日は付き合ってもらっちゃって、こちらこそすみません」
 「あ……いや、その……どうせ俺らは暇だし。なあ、ハヤト?」
 「ん? ああ、そうだね」
 いきなり話をこっちに向けてくるリュウジがおかしい。慣れない女の子がいるから絶対に照れているに違いないんだ。
 ああ、そうか。これが千晶ちゃんから見ると可愛いところなのかな? 視線を向けたら、やっぱり千晶ちゃんはくすくす笑っていた。
 
 時間が遅くなると国道の混雑につれて、周辺の道も走りにくくなる。
 だからオレたちはひとしきり挨拶を済ませると、すぐさま単車に乗って道へ出ることにした。
 当初の予定通り、千尋ちゃんをオレのリアに乗せてあげることになった。
 「あ、メット持ってきてるんだ。ならかぶったほうがいいね」
 「うん、そうするね。ハヤトくん」
 にこりと笑って千尋ちゃんは、手持ちの真新しいメットを装着した。手つきがたどたどしい。
 「こんな感じ? 変じゃない? 千晶くん」
 なんて、千晶ちゃんを振り返って訊いてる。
 「大丈夫。似合ってるよ」
 「ほんと? うれしい」

 ……なんというか、千晶ちゃんは別として、輪の中に女の子がいる感覚ってオレにも妙な感じ。
 ほら、リュウジがどうしていいかわかんない顔をしてるし。
 仕方ないからオレからリュウジへ切り出した。
 「リュウジ。出発?」
 「オ、オウ!!! そうだな。んじゃ行くか」
 やっとこさリュウジの号令がかかったところで、今日はゆっくりと単車をスタートさせたんだ。

 先頭はリュウジ。その後ろに千尋ちゃんを乗せたオレが続いて、最後に千晶ちゃん。
 いつもとは違う4人構成の一隊は、いつもよりはかなり大人しく鬼浜町を駆け抜ける。
 最初は海を背に、川に沿ってしばらく走った。もう何週間かしたら満開になるであろう桜の木が並んでいるのを見ながら。
 それから鬼工の前も通って、商店街を抜けて、川より一本内側を通って海沿いの国道へ出る。
 まだぎりぎり混雑してくる前の時間だ。
 
 ときどきリュウジがオレを振り返ってくれる。
 よっぽど女の子――千尋ちゃんに気をつかってるんだろう。普段そんなことしないから。
 それへ、問題ないよ、とうなずき返して、オレもいつもよりも丁寧に角を曲がる。
 リアに誰かを乗せて走ることもたまにはあるけど、やっぱり気を遣うもんだ。
 背中に体温を感じて走るのは、責任感みたいなのが生まれてくるしね。
 信号待ちで、リアから話し声が聞こえてくる。千尋ちゃんと千晶ちゃんが声を掛け合ってるんだ。
 「どうかした? 大丈夫? なんか怖かった?」
 「ううん。そんなことないよ、ハヤトくん。ただ、気分いいな、って千晶くんに言ってたの」
 「ああ、そうか。それじゃOKだね」
 そして信号が青になる。また振り返ったリュウジと目配せをしてから極力静かに走り出す。
 ……リアに誰かがいるってことよりも、お行儀よく走るってことのほうが緊張するかも。オレ。

 西に傾いた太陽が、、海面近くに輝きを落とす。そろそろ夕方が近いらしい。
 そういえばちょっと前に、しょっちゅうこれぐらいの時間に海沿いを走っていたような気がする。
 リュウジたちと走るのはもっと遅い時間が常だから、この時間に国道を走るのは珍しい。しかも真冬だし。
 どういうわけか好んで、学校から帰ってくると、何かに後押しされるようにして海を見ながら走る日々だった。それも不思議と、闇雲にという感じではなくて、意志を持って方向を選んでいた。
 なんとなくひとりじゃなかったようにも思うけれど、誰かと一緒だった記憶もなくて。
 おかしな話だけど、このオレが寒さすら感じないような何かに突き動かされていた――ような。
 まったく思い出せないってことは、オレの気のせいかな。うん。ただ走りたかっただけなんだろう。だってオレは単車が生き甲斐だから。

 ――って、こんな物思いにふけっている場合じゃないな、今は。
 背中で感じる人の気配がオレに何かを思い出しかけさせたのかもしれないし、そうじゃないかもしれないけど、とにかく今のオレが遂行すべきは安全運転。
 あらためて気を引き締めて、オレはリュウジの後について走った。

 いつもよりもだいぶ時間をかけての鬼浜町周回コース。1周目を終えてもとの河川敷に戻って、こんどは千晶ちゃんが千尋ちゃんを乗せて走ると言い出した。
 「大丈夫か? 千晶ちゃん」
 「うん。リュウジとハヤトがついててくれたら平気そう。っていうか、実はあたしも慣れておきたかったんだ、二人乗り」
 「そうか。んじゃ、ちょうどいいな!!!」
 そして今度は千晶ちゃんを真ん中にしてオレが最後尾について、同じルートを行くことになる。
 途中で国道沿いのファミレスに寄ろう、という話になっていた。

 2周目も順調に進んでいた。
 かなり速度をセーブしているリュウジから、最初はさすがに遅れ気味になることもあった千晶ちゃんだけど、慣れてきたのか商店街を駆け抜けるあたりになってからは余裕が出てきた感じ。
 そのまま国道へ出て、しばらく先のファミレスへ予定通り入っていった。
 
 夕飯時にはまだ間があるから、店内はわりと空いている。
 ウエイトレスさんに案内された席。窓際にリュウジが座って、その向かいに千晶ちゃん。オレはリュウジの隣の通路側、千尋ちゃんはオレの向かい。
 それぞれに軽く注文を済ませて――リュウジはしっかり食べる気らしい――、運ばれてきた品々を前にあれこれ話に花が咲く。
 
 「は~。でも二人乗りってけっこう疲れるね」
 ぽんぽん、と肩を叩きながら千晶ちゃんがリュウジに言う。
 「ああ、慣れないとな。そうかも知れねえな」
 「えと、ごめんね、千晶くん。疲れちゃった?」
 「え? あ、大丈夫。そんなつもりじゃないから」
 「そう? ならいいんだけど……」
 千尋ちゃんは、千晶ちゃんを『くん』付けで呼ぶ。彼女の中での認識は男の子なのかもしれない。
 どっちにしても、なんかいい雰囲気のように思えるな。
 
 「ところで、千尋さんはなぜ単車の免許をとろうと思ったんです?」
 それなりに打ち解けたように見えるわりに、なぜか敬語のリュウジがおかしい。もっとも本人は大真面目だからうかつに笑ったりできないけどね。
 「ええとね、前からいいなって思ってたんだけど。真剣に思ったのはね、千晶くんがかっこよかったから」
 「え、やだ、照れること言うね、千尋」
 「そう? だってかっこいいじゃん、実際」
 あはは、と千晶ちゃんは笑った。……これも照れてる笑いに違いない。
 「千晶くんといっしょに走れたらいいな、って思って。そしたらリュウジくんたちにも合流できるかな、って」
 「千尋……あんた、カワイイこと言うねぇ」
 冗談めかして千晶ちゃんが言った。あ、うれしそうだな。
 「そしたらその節は千尋ともどもよろしくね、リュウジ」
 「オウ、歓迎するぜ!! な、ハヤト?」
 「うんうん。楽しそうだね」
 もうすぐ春だ。あったかくなったらそういう華やいだ雰囲気も悪くなさそうだ。

 ケーキを食べる合間に、千尋ちゃんがポケットから手鏡を出して、髪の毛を気にしているのを見ていた。
 「ああ、やっぱりメットって、髪の毛に癖がついちゃうんだね、千晶くん」
 「そうだね。しょうがないよね。でも、いざって時に女の子の顔に傷がつくよりマシでしょ?」
 「ん~、確かに。でも、髪の毛は重要だからなあ」
 「あはは。それもわかるけど」
 なんて女の子同士な会話を目の前に、オレとリュウジは面はゆいような心持ち。
 
 「っていうか、千尋ちゃんは本気なんだね。すでに自分用のメット持ってるんだし」
 「ああ、これ。千晶くんが、免許とるときには自分のメットを持っていかないといけないって教えてくれたから、こないだ買ったばっかりなの。そうだ、偶然なんだけどね」
 と、オレの目を見て千尋ちゃんが言う。
 「どんなのがいいかわかんなかったんで、たまたまお店に居合わせた人に訊いたの。免許をとることから始めるんだけれど、どれを選んだらいいんですか、って」
 「うんうん。最初はわかんないだろうからね」
 とオレは頷きながら聞いている。
 「そう。でね、わたしが声をかけた人が丁寧に教えてくれたの。あんまり親切にしてくれるかお礼でもしようかと思って、その人に名前を訊いたらね、『ハヤト』って言ってた。その人。名前だけしか言ってくれなかったから、お礼のしようがないんだけれど――でも、偶然じゃない? 同じように単車乗る人で同じ名前って」
 「え――そうだね。オレ、同じ名前の人って会ったことないや」
 こんな偶然あるんだね、なんてみんなで言ってた。
 
 ところが――オレたちは意外なことを知ってしまった。
 そのときファミレスの入り口が開いた気配がした。
 なんとなくそちらを見やったのは、千晶ちゃんと千尋ちゃん。
 「あ、大将」
 そう言ったのは千晶ちゃん。
 「ああっ!!! あの人だ、ハヤトくん。ハヤトくんと同じ名前の単車乗り。スキンヘッドのほう」
 同時に、こう言ったのは千尋ちゃん。
 時を同じくして入り口を見たオレたちが思わず立ち上がりそうになったのは、そこにいたのがコウヘイとハンゾウだったから。
 
 千尋ちゃんが親切にしてもらった、『ハヤト』と名乗った人物の正体は――最初の字しかオレと一緒じゃない名前を持った奴だった。
 なんかもう、こういうのに慣れてきていた。
 結局ハンゾウも――コウヘイと似たようなことしていたんだな。
 オレたちに気づいたコウヘイとハンゾウは、それぞれ違う意味で気まずそうな顔をしていた。
 対するリュウジとオレは、力なく笑い合うのみ。
 
 窓の外には大きな夕陽を映す海があった。
 何かが起こる前に出よう、とちいさく呟いたオレに、リュウジは目顔で頷いた。



   * 完 *



<< 各話御案内/我が名にかけて | ホーム | 各話御案内/ハヤトという名の単車乗り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。