目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てのひらに熱情を 3-2



 帰ってきたらちゃんと手伝うから、と親父に言い残して、テツと一緒に外へ出た。
 さっきガレージに入れたばかりの単車に、こんどはふたり乗りで出かけることにした。
 テツが昼食が済んでいないと言うので、国道沿いのファミレスへ。
 オレはさっき遅めの昼食を食べ過ぎるほど食べたから、コーヒーだけ頼んだ。
 
 「それにしても、突然どうした?」
 「ん~と。気まぐれ走行ってやつ。なんとなく走り出したら海に着いたんだよね。気分よくなってそのまま国道走ってたら、看板に『鬼浜町』って書いてあったからさ。んで、ハヤトんちに電話ししたらボスが出てくれて。ハヤトはじきに帰るからとりあえず来いって言われて」
 「あはは。気まぐれ走行、ね。オレもよくあるよ、それ」
 「だろー? ハヤトならわかってくれると思ったよ、おれ。でさ、ハヤトん家までの道順をボスに教わって、店に着いたらさ。ボスが友達割引してくれるっておっしゃるから、単車、診てもらうことにしたんだよね」
 シートが劣化したから交換したいと思ってた、ってテツは言った。あとは扱いが丁寧とは言えないから点検もしてもらいたい、とも。
 
 それからふたりして、単車乗り同志の気安い会話を楽しんだ。
 テツはよくしゃべるほう。だから時間はあっと言う間に過ぎていく。
 オレもテツに訊かれて、こないだツーリング先で暗黒一家に会ったことなんて話したり。
 「へ~。ハヤト、そんなことがあったんだ」
 「うん。なんだかんだ、会っちゃうんだよね。奴らとは」
 「うはは、それって因縁っぽいねー。まあ、おれんとこも似たようなもんだけどさ」
 なんだかまる1日ぶりに、しゃべってるのが楽しくなってきた。
 ノらない気分のままムリに遠出しなくてよかったな、オレ。

 テツの食事が終わって、オレもコーヒーを何杯かおかわりして。
 そろそろ出ようか、という段で時計を見たら、ちょうど学校が終わる頃合い――そう、リュウジが学校から帰ってくる時間だった。
 「さ~て。戻ろうか。ボスが待ってるよね」
 「あ……ごめん、テツ」
 「ん~? なに?」
 「ちょっとそこらへん一周しないか? もうちょっと遅くなってから帰りたいなって思うんだけど。オレ」
 「うん。べつにいいよ」
 にこりと笑ってテツが答える。それにどうも、と答えて。
 なんで、とテツは訊かなかった。だからオレも理由は言わなくてOKってことで。
 
 テツが運転してみたいというので、そこからはオレがリアでのふたり乗り。
 よく考えてみたら、オレ、リアシートって乗り慣れていないらしい。
 最低限自分のマシンのリアに乗るのは初めてだと思う。
 テツが動かすオレの愛車のマフラーからは、あんまり聞いたことのない音質が出ていたようにも思う。
 これって、単にリアシートのほうがマフラーに近いからなのか?
 っていうか、もうちょっと減速してカーブを曲がる気にはならないのか?
 正直言って、テツと本気で勝負したら勝てないかも、って思った。
 テツって向こう見ずな男だとは思ってたけど、想像以上の絶叫マシン級だ……。

 単車のリアに乗るのってけっこう覚悟がいるんだ、って認識が植え付けられたころ。
 オレも誰かを乗せるときは気をつけよう、なんて思い始めたころ。
 テツの運転するオレの愛車は、無事にオレの家まで帰り着いていた。
 店では親父がテツの単車を点検しているところだった。 
 「お帰り、息子とその同胞よ」
 「ボス、ただいまー」
 「うん。なんとか無事戻ったよ」
 「あ、おれのマシン、どんなですかね?」
 自分の愛車と向き合う親父に、テツは訊いていた。
 「うむ。君の個性がそのまま表れているような具合だな」
 「へ~。そんなことわかるんですか。さすがプロですな~」
 「それはまあ、プロだからな。わっはっは」
 親父とテツは一緒に笑いあっていた。オレもつられて笑ってみたり。

 「いや、むしろ笑える状況ではないと言いたかったのだ、息子の親友よ。君の単車は基本的にメンテナンスが足りないようだ。一晩入院させてみるか?」
 最後のほうのは、ちょっとばかり脅しの口調で親父は言ってた。あ~あ。




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村 スロットブログへ



===============================

【鬼浜魂疾走編 登場人物紹介】

☆ハヤト:このおはなしの語り手
鬼浜爆走愚連隊・特攻隊長
単車勝負が得意 実家はバイク店
一般評=クールなモテキャラ リュウジ評=とぼけた奴 趣味は昼寝

☆リュウジ
鬼浜爆走愚連隊・初代総隊長
喧嘩も単車も最強 実家はラーメン店「昇龍軒」
人情派で人望篤い 女子にめっぽう弱い 実は寂しがり屋の一面も

☆ダイゴ
鬼浜爆走愚連隊・親衛隊長
喧嘩勝負が得意 実家は鬼浜寺
寡黙で頼りになる存在 柔道の使い手 精神世界にも精通

☆ノブオ
鬼浜爆走愚連隊・若手
喧嘩も単車も修行中
総隊長リュウジを誰よりも慕う 打たれ強さは比類なし

===============================

★コウヘイ:暗黒一家・初代総帥
★ハンゾウ:暗黒一家・特攻隊長
★ゴンタ :暗黒一家・親衛隊長
★タカシ :暗黒一家・若手

===============================

◇テツ
美山瀬烈風隊・特攻隊長
海辺の鬼浜町から40kmの距離を地元とする隊の一員
隊での立場が似ているため、ハヤトとは気の合う仲間
 登場するおはなし
 → 湖畔に吹く烈風 ←
 → 烈風、南へ ←
 → 贈り物を心より ←

===============================


<< てのひらに熱情を 4-1 | ホーム | てのひらに熱情を 3-1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。