目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てのひらに熱情を 4-1

 
 
 思ったよりも愛車の状態がよくないと親父に言われたテツは、それなりにへこんでいた模様。
 最初はため息ついていた。
 「そうだよな~。おれ、あんまりメンテとか、詳しくないからな。ちゃんとハヤトに教えてもらおうとは思ってたんだけどね」
 「そうだね。知識はあって損するもんじゃないから」
 「だね、ハヤト。ボス、ちょっと近くで見せてもらっていいですか?」
 「おお、歓迎だ。君も点検くらいはできるようになったほうがいい」
 「ありがとーございます!!」

 本当はオレが手伝うはずだったテツの愛車のメンテナンスは、テツ本人が親父の手元を見ながらあれこれ教わって、いけるところは自分で手を出して――っていう感じになったので、オレは近くに椅子を持ってきてそれを眺めているだけ。
 テツに指導してやりながら、思い出したように親父が言った。
 「そうだ。さっきお宅の隊長殿が来たぞ」
 「ああ――うん」
 やっぱり、か。
 そりゃそうだよね。オレが学校サボるのって久し振りだし。それを予期して、オレはわざと時間をずらして帰ってきたんだから。

 「接客中だと答えておいたが、よかったか?」
 「サンキュー。助かったよ、オレ」
 「ほれ、そこ。隊長殿が置いてったぞ。見舞いだと」
 親父に顎で示されて見ると、お客さん用の木製テーブルに紙袋が置いてあった。
 袋を開けて、出てきたのは桃の缶詰だった。白桃のと黄桃のと、それぞれ3缶ずつ。
 なんで桃なんだろうと一瞬考えたけど、ああ、そうだった。思い出した。
 リュウジに、オレが子供の頃、熱を出したときに食べた桃がすごくおいしかったって話したことがあったんだ。それ、覚えてたのか。今はシーズンじゃないから缶詰ってことか。
 「その上に説教されたぞ、俺は。病気の息子に接客させるとは何事だ、とな」
 「え。あはは、ごめんごめん」
 「まったくなあ。リュウジときたら馬鹿がつくほど素直だからな。参ったもんだ」
 そう言いながらも、親父は親父でリュウジをかわいがっているのを知っている。
 そう――リュウジはそういう漢。だからみんながリュウジを慕うんだ。
 オレだってわかってる。ほんとはわかってる。

 単車を一晩入院させると親父がテツに言ったのは、どうやら本気だったらしい。
 親父の命令で、テツは我が家に足止め確定。
 急かされて仕事をするのは親父のポリシーに反するから、ゆっくり作業させてくれってことらしい。
 だったら往復の距離も考えて、帰るよりもうちに泊まっていったらいいだろう、と親父が言ったのをテツが受けたんだ。
 幸い明日は土曜日だから、学校休みだし。たまにはこういうのも楽しいかも。

 その日の夕飯は、お袋の得意料理が食卓狭しと並んでた。
 何を食べてもおいしいと言ってにこにこしているテツに、お袋は大喜びだった。
 いわく、うちの師弟――親父とオレは食に関して無頓着で張り合いがないんだそうだ。
 親父もオレもちょっとは反論したけどね。でも、テツのおいしい笑顔にはかなわない。
 食後のデザートは、リュウジがお見舞いにもってきてくれた桃の缶詰だった。
 生の桃とは違う、どこか懐かしい味がした。
 親父が晩酌しながらテツに武勇伝を語ったりしてる。テツも楽しそうに聞いてた。




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村 スロットブログへ


===============================

【鬼浜魂疾走編 登場人物紹介】

☆ハヤト:このおはなしの語り手
鬼浜爆走愚連隊・特攻隊長
単車勝負が得意 実家はバイク店
一般評=クールなモテキャラ リュウジ評=とぼけた奴 趣味は昼寝

☆リュウジ
鬼浜爆走愚連隊・初代総隊長
喧嘩も単車も最強 実家はラーメン店「昇龍軒」
人情派で人望篤い 女子にめっぽう弱い 実は寂しがり屋の一面も

☆ダイゴ
鬼浜爆走愚連隊・親衛隊長
喧嘩勝負が得意 実家は鬼浜寺
寡黙で頼りになる存在 柔道の使い手 精神世界にも精通

☆ノブオ
鬼浜爆走愚連隊・若手
喧嘩も単車も修行中
総隊長リュウジを誰よりも慕う 打たれ強さは比類なし

===============================

★コウヘイ:暗黒一家・初代総帥
★ハンゾウ:暗黒一家・特攻隊長
★ゴンタ :暗黒一家・親衛隊長
★タカシ :暗黒一家・若手

===============================

◇テツ
美山瀬烈風隊・特攻隊長
海辺の鬼浜町から40kmの距離を地元とする隊の一員
隊での立場が似ているため、ハヤトとは気の合う仲間
 登場するおはなし
 → 湖畔に吹く烈風 ←
 → 烈風、南へ ←
 → 贈り物を心より ←

===============================



<< てのひらに熱情を 4-2 | ホーム | てのひらに熱情を 3-2 >>


コメント

あ、私の単車もメンテしなきゃ…でもやり方分からないや(笑)
どうも!鬼ムチコです☆

やはり、リュウジは気づいてないみたいですねぇ。
ハヤトが学校をサボった理由…。
でも、気づいたら気づいたでどうなることやら(^^;)
喧嘩になっちゃったら、さあ大変。
でもリュウジは漢だから…!そんな事で怒(強制終了)

あ、近々にでも回胴妄想録の方へ足を運んでみたいと思います~☆
ではでは。

>鬼ムチコさま

ども~(*^ー^)ノ

単車メンテ……は。
プロにおまかせでよいのではないでしょうか。
よくわかんないけど(*^▽^*)ェ
わたしのクルマももうすぐ車検なんで、ほったらかしです。だはは。

リュウジは、ですね。
そもそもハヤトが「サボった」って思ってない様子w
まあ、このあとは……(ゴニョゴニョ)

いろいろ妄想してくださいね~♪

【回胴妄想録】、ご覧くださるとか。
ありがとうございます!!!
ちなみに今夜の更新分は、鬼浜で妄想な実戦記事ですw
よろしくで~っす♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。