目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てのひらに熱情を 6-1

 
 
 「ん? ノブオって、ハヤトんとこの?」
 「そう。あれ、近づいてくるの、ウチのノブオだ」
 「もう1台は?」
 ノブオの単車をつかず離れずでついてくる、もう一方のマシンの見慣れたフォルム。
 「あれは――ハンゾウ。オレの宿敵って奴」
 
 あっという間に2台が通り過ぎていったのを、なすすべなく見守った。
 見て取れた構図は、逃げるノブオを追うハンゾウ。
 何かあったんじゃないか?
 「――テツ、悪い。話の続き、あとでいい?」
 「もちろん」
 とにかくオレは立ち上がって土手から上がった。テツもついてくる。
 町の方角に消えていったノブオとハンゾウの2台。音だけがかなり先から聞こえてきた。
 
 「まずいな。もしかして暗黒一家と揉めているのかもしれない」
 「やっぱりそんな感じ?」
 「わからないけど」
 桜並木の葉擦れの音が、故知らず不安をあおる。
 どうする……どうする、オレ?
 家に戻って単車を出したほうがいいのか?――そんな逡巡の矢先だった。
 町の方角に目を向けていたオレの背中に新たなる爆音がぶつかってくる。
 半ば以上の確信を持って振り返った。視界に入ってきたのは、3台の単車だった。

 「ほう。単車勝負は若いのに任せて、おのれは空身か。いいご身分だなあ、特攻隊長」
 オレの目の前に単車を停めざま低い声で言い放つのを聞いた。コウヘイだ。
 残る2台、言うまでもなくゴンタとタカシも続けてブレーキをかけていた。
 オレはつとめて声を荒立てたりせずに応える。
 「勝負? そんな感じには見えなかったけど?」
 「うちの特攻隊長が貴様のところの若いのと仲良く並走しているように見えたとでも言うのか?」
 「そうじゃない。ただ単に、ハンゾウが面白半分にウチのノブオに絡んでるだけにしか見えなかった。だとしたら、オレにもプライドがある。単車で追うから、引き上げる。単車で来なかったのが悔やまれるな、オレ」
 そう言って、オレは本気で単車を取りに帰ろうと目顔でテツを促した。

 予想どおりと言えばそうだけど、コウヘイは単車から降りてオレの眼前に立って行く手を阻む。オレはちらりとテツに『巻き込んで悪い』と視線を送ってから、コウヘイの獰猛な睨みを真っ正面から受けることになった。
 「ふん、逃げるのか、特攻隊長ともあろう貴様が」
 「逃げる――? そうじゃない。むしろ、追うんだって言ってるだろ? ノブオを追うつもりだ。そもそも下手な言いがかりだ。あらかたノブオがひとりだったから絡んだってところだろう? リュウジもダイゴもいないところを見ると」
 「言いがかりとは心外じゃねえか。だったら貴様も若いのを見習ってみるか?」
 「何を言ってるんだ?」
 「解らんのか。可愛そうになあ、特攻隊長」
 「別に同情される覚えはないよ? コウヘイ」
 「つまらん御託ばっかり並べてやがる。貴様も独り同然なのだし、若いのを見習って俺等と勝負をしてみるか、と訊いているのだ、ゴラァァァ!!!」
 「質問っていうか、それって脅しだよな?」
 「つべこべ抜かしている余裕はねえだろうが。やっちまうぞ?」
 
 しょんぼり点った外灯の下で、コウヘイの目の色は本気を帯びていることがわかる。
 オレが、この状況で勝負を受けて立つ――それが何を意味するのか、おくればせながら理解できた。
 そうだ。今のオレは単車とともにあるわけではないんだ。
 名ばかりの特攻隊長――得物がないということは、丸腰なのだという意味で。
 ああ、なるほど。オレ、こういう状況の時って何の役にも立たないんだな。
 自嘲気味を通り越して、本気で自分を嘲笑うことしか思いつかないけれど。




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村 スロットブログへ




===============================

【鬼浜魂疾走編 登場人物紹介】

☆ハヤト:このおはなしの語り手
鬼浜爆走愚連隊・特攻隊長
単車勝負が得意 実家はバイク店
一般評=クールなモテキャラ リュウジ評=とぼけた奴 趣味は昼寝

☆リュウジ
鬼浜爆走愚連隊・初代総隊長
喧嘩も単車も最強 実家はラーメン店「昇龍軒」
人情派で人望篤い 女子にめっぽう弱い 実は寂しがり屋の一面も

☆ダイゴ
鬼浜爆走愚連隊・親衛隊長
喧嘩勝負が得意 実家は鬼浜寺
寡黙で頼りになる存在 柔道の使い手 精神世界にも精通

☆ノブオ
鬼浜爆走愚連隊・若手
喧嘩も単車も修行中
総隊長リュウジを誰よりも慕う 打たれ強さは比類なし

===============================

★コウヘイ:暗黒一家・初代総帥
★ハンゾウ:暗黒一家・特攻隊長
★ゴンタ :暗黒一家・親衛隊長
★タカシ :暗黒一家・若手

===============================

◇テツ
美山瀬烈風隊・特攻隊長
海辺の鬼浜町から40kmの距離を地元とする隊の一員
隊での立場が似ているため、ハヤトとは気の合う仲間
 登場するおはなし
 → 湖畔に吹く烈風 ←
 → 烈風、南へ ←
 → 贈り物を心より ←

===============================



<< てのひらに熱情を 6-2 | ホーム | てのひらに熱情を 5-2 >>


コメント

ノ…ノブオーーッ!!ヽ(>0<)ノ
そ、そうきましたか!華丸さんっ!
オマケに暗黒一家が勢ぞろい…!

ハヤトはどうする?!
そして鬼爆の仲間達は?!

>鬼ムチコさま

ども~(*^ー^)ノ

こうきちゃいましたね~w
ほら、暗黒一家って。
絡むの大好きですから。だはは。

ハヤト――がんばるらしいですよ^^
応援してあげてね~♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。