目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てのひらに熱情を 6-2



 このまま退くことはできないらしい。
 オレに凄むコウヘイ然り、無言で居並ぶゴンタ然り、タカシ然り。
 どうやらオレと事を構えないことには納得してくれそうもない。
 ここは受けるほかないようだ、と覚悟して、OKと言おうとしたのを遮られた。
 オレの横から一歩踏み出して、テツがコウヘイに向かって言葉を放った。
 「なあ、そっちの頭の人」
 「ああ? 俺のことか?」
 「うん。そう。あんたが頭なんだろ?」
 「それがどうしたと言う? 部外者には関係ねえだろうが? 手前から首突っ込みやがるとろくなことにならねえぞ、特攻隊長のご友人よ」
 「ちょ、テツ?」
 「いいから、ハヤトは黙ってろ」
 テツは視線をまっすぐ前、コウヘイに向けたままオレを左手で制した。
 
 高めの響きのあるテツの声が夜の道路にこだまする。
 「あんた、おれを部外者扱いするのはやめてくれよ。おれ、こう見えてもハヤトの同胞だぜ? なあ、ハヤト。ボスもそう言ってたし」
 「って、おい、テツ……」
 「ハヤト。おれ、地元でハヤトに助けてもらったことあるよな。だから今、恩返しなんかできたらいいな、なんて思ってたりして」
 テツはいまだ正面の暗黒一家に目を向けたままオレに言葉を寄越す。
 「いや、でも。オレの地元で何かあったら、それこそテツの仲間に申し訳が立たない」
 「そんなこと言ってる場合じゃないだろ、ハヤト。おれさ、なんかすごいむかっ腹立ってきちゃってるんだよねー。だから、ハヤトがやらないんだったら、おれがやっちゃってもいい?」
 「ふん。余所者風情が抜かしやがる」
 「そんなの問題にならないって。おれがどこに住んでいようと、ハヤトの同胞だってことに変わりはないんだし。それくらいわかるだろ? 頭の人」
 どうやらテツは本気のようだ。
 オレとは違って、喧嘩の心得もあるとほんのさっき言っていたテツ。
 とはいえ――

 「テツ。これはオレたちの問題だから」
 さすがにオレも性根が据わったような心持ちで、テツの制する手をすり抜けて一歩前に出た。
 「コウヘイ、済まない。こっちはオレん家の店の大事なお客だから、そういうわけにはいかないんだ」
 「上等だ、特攻隊長。貴様が出るのだな?」
 「そうだね。そういうことになる」
 「って、ハヤト!! 本気なのかよ!!」
 テツが慌てた口調でオレに言う。
 「さあ。わからないけど、どっちみちこのまま逃がしてはもらえないっぽいからね」
 「物分かりがいいじゃねえか。だったら話は早いな?」
 にやりとコウヘイは笑ったように見えた。けれども暗がりの中だから、それも定かではない。

 おそらくコウヘイにとっては、単車を伴わないオレ如きは子供のようなものなんだろう。
 またはそれ以下――赤子の手を捻るとか、そんな言葉で片付けられる程度のもの。
 わかっているとしても、ここは逃げるわけにはいかないらしい。
 自分でも説明不能な何かに突き動かされるような心情。いつもだったら涌いてくるとは思えないような熱い感情が、軽く握った拳の内側を満たしている。
 オレが昨日来こだわっているリュウジとの一件がわだかまっているだけだ、ってことはコウヘイに読み取られているはずはないけれど。
 
 オレが首を縦に振るのを確認したあと、コウヘイは低く言う。
 「結構な心構えだ、特攻隊長」
 「褒めてくれて、どうも」
 振り仰いだ夜空には、赤っぽく見える月。なんだかやけに大きく見える。




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村 スロットブログへ



===============================

【鬼浜魂疾走編 登場人物紹介】

☆ハヤト:このおはなしの語り手
鬼浜爆走愚連隊・特攻隊長
単車勝負が得意 実家はバイク店
一般評=クールなモテキャラ リュウジ評=とぼけた奴 趣味は昼寝

☆リュウジ
鬼浜爆走愚連隊・初代総隊長
喧嘩も単車も最強 実家はラーメン店「昇龍軒」
人情派で人望篤い 女子にめっぽう弱い 実は寂しがり屋の一面も

☆ダイゴ
鬼浜爆走愚連隊・親衛隊長
喧嘩勝負が得意 実家は鬼浜寺
寡黙で頼りになる存在 柔道の使い手 精神世界にも精通

☆ノブオ
鬼浜爆走愚連隊・若手
喧嘩も単車も修行中
総隊長リュウジを誰よりも慕う 打たれ強さは比類なし

===============================

★コウヘイ:暗黒一家・初代総帥
★ハンゾウ:暗黒一家・特攻隊長
★ゴンタ :暗黒一家・親衛隊長
★タカシ :暗黒一家・若手

===============================

◇テツ
美山瀬烈風隊・特攻隊長
海辺の鬼浜町から40kmの距離を地元とする隊の一員
隊での立場が似ているため、ハヤトとは気の合う仲間
 登場するおはなし
 → 湖畔に吹く烈風 ←
 → 烈風、南へ ←
 → 贈り物を心より ←

===============================


<< てのひらに熱情を 7-1 | ホーム | てのひらに熱情を 6-1 >>


コメント

や、やっぱり・・・。

うおーーーっ!!
ハヤト男前ーっ!!

あ、取り乱してスマンです。(^^;)ゝ
どもども、こんにちは☆

いやはや、やはり勝負は避けられないのですね…。
けど、ハヤトもやる時はやる男のはず!
頑張れハヤトーー!!ヽ(>▽<)ノ
負けるなハヤトーー!!

>鬼ムチコさま

ども~(*^ー^)ノ

ハヤトのこと応援してくれてありがとです!!!
きっと喜んでますわよ~♪(*'-^)-☆

ハヤト、やるときはやる子に育ったようです・°・(ノД`)・°・
なんか安心しちゃった^^

ってか、コウヘイってやっぱり鬼畜ですな。
だからリュウジたちと揉めるんでしょうねえw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。