目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てのひらに熱情を 7-2



 え――? 何だ?
 回答は、オレの胸に返ってきた。
 「――ッ……」
 高く跳んだタカシのブーツの底がしたたかにオレの胸を蹴る。
 一瞬、息が止まった。
 それでもオレは倒れちゃいけないらしい。
 この程度で屈したら、それこそ自分を嫌いになってしまうから。

 しっかりしようぜ、オレ。
 しっかり大地を踏もうぜ、オレの足。
 しっかり呼吸しようぜ、オレの肺。
 しっかりしようぜ――傷も青痣も出血も、たいしたことないだろ?
 そんなふうに己を鼓舞しながらの攻防が続いている。
 
 オレのお世辞にも強烈とは言い難い拳も、何度かタカシに追い縋った。
 タカシのいくつかの攻撃を受けた。もちろん、見切れた分はしっかりやりすごした。
 このへんの『かわす』とか『ぶつけていく』とかっていう感覚は、案外単車勝負の駆け引きと通じるところがあるんだな、なんて頭の隅っこで考えたり。
 
 タカシが得意だとおぼしい跳び蹴りも、今度のは完全に避け切れた。
 オレが避けた攻撃は、しかけた側のタカシを痛めた――彼の足が空を切ったのを見た。
 「ああッ――!!!」
 タカシの体が地面に到着するのと、叫びが口から出たのと、どっちが先だったかわからないけれど。

 「やった、ハヤト」
 背後にいてくれるたったひとりの応援者、テツがそう呟いたのをオレの耳がとらえた。
 同時に、そこまで黙然と戦況を眺めていたコウヘイが冷ややかともとれる口調で言った。
 「タカシ。しょせん相手は喧嘩の素人だ。お前のほうが場数を踏んでいるのだから、まさか負けたりしねえよなあ?」
 コウヘイの声音に、倒れたタカシの体がぴくりと反応するのを見る。
 
 オレはというと――コウヘイの言を聞いてオレの気分はおそろしいほど高ぶった。
 だから言われたタカシ以上の反応をコウヘイに返さないといけなかった。
 「喧嘩の素人――悪いね、コウヘイ。いまのオレ、その言葉だけには敏感なんだよね」
 オレは渾身の力をこめた拳を立ち上がりかけたタカシに見舞う体勢に入った。
 さすがに立ち上がったタカシも素早く構えている。
 オレが決める!!
 熱情のすべてを握った掌の中に詰め込んで、オレは使い慣れない拳を振りかぶる。
 同時に、タカシもまた――

 鋭い痛みが、地面に背中をついたままの全身を支配している。
 やることはやった、という満足感がある……というのは真っ赤な嘘だ。
 勝負は勝たなきゃダメだ。
 オレはここで、起き上がらなくちゃダメなんだ。
 全身の感覚は極めて鈍い。頭の中だけがやけに冴えていて、四肢に指令を送っている。
 無視するな、オレの足――オレの腕。
 息が荒いのなんて、鼓動が早いのだって、この際関係ないだろ?
 
 OK、まだ行ける。自己暗示をかけて、身を起こすべく地面に肘をついたときだった。
 「オイ、ハヤト――? ハヤトじゃねえか!!!」
 ぼんやりと霞んだ目が声の方を向く――ピントが合うとそれとわかる。
 河川敷の土手の上からの声の主は、外灯に照らされた赤いリーゼントだった。
 あ、まずい。オレ、起きなくちゃ本気でまずい。
 これはオレのプライドだ。
 そう――喧嘩だってやればできるんだ、とリュウジに言い返したかったオレの、ささやかなる自尊心。




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村 スロットブログへ


===============================

【鬼浜魂疾走編 登場人物紹介】

☆ハヤト:このおはなしの語り手
鬼浜爆走愚連隊・特攻隊長
単車勝負が得意 実家はバイク店
一般評=クールなモテキャラ リュウジ評=とぼけた奴 趣味は昼寝

☆リュウジ
鬼浜爆走愚連隊・初代総隊長
喧嘩も単車も最強 実家はラーメン店「昇龍軒」
人情派で人望篤い 女子にめっぽう弱い 実は寂しがり屋の一面も

☆ダイゴ
鬼浜爆走愚連隊・親衛隊長
喧嘩勝負が得意 実家は鬼浜寺
寡黙で頼りになる存在 柔道の使い手 精神世界にも精通

☆ノブオ
鬼浜爆走愚連隊・若手
喧嘩も単車も修行中
総隊長リュウジを誰よりも慕う 打たれ強さは比類なし

===============================

★コウヘイ:暗黒一家・初代総帥
★ハンゾウ:暗黒一家・特攻隊長
★ゴンタ :暗黒一家・親衛隊長
★タカシ :暗黒一家・若手

===============================

◇テツ
美山瀬烈風隊・特攻隊長
海辺の鬼浜町から40kmの距離を地元とする隊の一員
隊での立場が似ているため、ハヤトとは気の合う仲間
 登場するおはなし
 → 湖畔に吹く烈風 ←
 → 烈風、南へ ←
 → 贈り物を心より ←

===============================



<< てのひらに熱情を 8-1 | ホーム | てのひらに熱情を 7-1 >>


コメント

Σ(゜Д゜;)ハッ!!

リュウジキタ―( ゜∀ ゜)――!!

ナイスタイミングで、リュウジ登場ですね!華丸さん!!
この後どうなるか、予想がつくようなつかないような…。(^^;)
とにかく、根性みせちゃえ!ハヤトッ!!
きっとリュウジもアッと驚く展開になるはず…?

>鬼ムチコさま

ども~(*^ー^)ノ

お返事遅くなってすみません。
および更新サボってましたf(^ー^;
ちょっと旅行に行ってたんです^^

旅先で打ちました。鬼浜。
……ヤられましたね~(´∀`)

ハヤト、けっこうがんばったんです!!
リュウジが来てくれてよかった・°・(ノД`)・°・
ハヤトを単独行動させるとろくなことないですね~。
たぶんリュウジはそう思ってるかと。だはは。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。