目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てのひらに熱情を 8-1

 

 意地と言う名の奇跡、みたいなものだったと思う。
 河川敷でのオレの、タカシとの喧嘩勝負。終盤の相打ちで倒れたオレが立ち上がることを得たのは、尋常じゃなかったのかもしれない。
 さしたる威力はないであろうオレの拳の行き着いた先にいたタカシは、いまだうずくまるように地面に伏している。
 
 立ち上がったはいいけれど、足許がふらふらしていた。しかも、目が回る。
 定まらない視線に襲いかかるように近づいてきたのは眩しい光――土手の上から降りてくる、単車のヘッドライトだった。

 2台の単車がオレたちの目の前に止まる。
 先頭にいたマシンを降りてリュウジがオレに怒号を放った。
 「ハヤト!!! お前、一体何をしてるんだ!!!」
 「何……って――っツ」
 ああ、なるほど。立てても、話すと痛いんだ。どこもかしこも。
 
 「ほう。ようやくお出ましか? 総隊長」
 どことなく嬉しそうにコウヘイが言ったように思えたのは、オレが尋常でないからなのだろうか。
 「オウ!!! 待たせたな、コウヘイ」
 どことなく楽しそうにリュウジが言ったように聞こえたのも、オレが朦朧としているせいなのかもしれない。

 「ハヤト、何だかわからねえが、とにかく御苦労」
 「いや、ぜんぜん。大したことない」
 「……って感じでもなさそうだな」
 「ああ、多少はね。情けないなあ。オレ」
 ちょっと呂律の怪しい感じで、リュウジの問いかけに返すオレ。
 その間もリュウジはオレの前を塞ぐように、おそらくコウヘイを見据えながら言った。
 
 「コウヘイ!!! ウチの特攻隊長は意外と強かったろ? こう見えて、昔は喧嘩っ早いので有名だったんだからな!!!」
 「昔のことなどどうでもよい。今日はうちの若手の調子がよくなかったに過ぎん」
 「そんな言い訳いらねえぜ。タカシが倒れたままってことはハヤトの勝ちだな? コウヘイ!!!」
 「…………」
 どことなく誇らしげにリュウジが言った。そしてコウヘイは無言を返した。
 ああ、そうなんだ。これで今日はオレが勝った、ってことなんだ――
 
 リュウジの言葉を聞いて、オレはすっかり気が抜けたようになったんだと思う。
 さっきから続いていためまいが強くなったようで、ついついしゃがみ込んでしまう。
 「あ、ハヤト!! 大丈夫?」
 「無理は禁物だ。少し休んだほうがいいだろう」
 オレを両脇から抱えるようにして、助けてくれるふたりに礼を言ったことまでは覚えている。
 「悪い、テツ。情けないよね、オレ。この程度だ、って。それと、タケルも――って、あれ? タケル? いつからここに……」
 「いいから、今はじっとしていろ。この場はリュウジがおさめるだろうから。それが隊長の仕事だから」
 「うん、了解。タケル」
 オレはおとなしく頷いて、そして重たかったまぶたを閉じたんだ。
 遅めの昼寝、ってことにリュウジがしてくれると助かるな。
 
 そのあとは――もしかしたらちょっと気を失ったのかもしれない。
 朦朧とした意識の中で聞いたのは、このあいだ決着がつかなかった勝負のやり直し、とか誰かが言っていた声。
 それに続く打撃音のいくつか。
 誰かの呻き声。
 誰かの嘆息。
 誰かの威勢のいい雄叫び。




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村 スロットブログへ



===============================

【鬼浜魂疾走編 登場人物紹介】

☆ハヤト:このおはなしの語り手
鬼浜爆走愚連隊・特攻隊長
単車勝負が得意 実家はバイク店
一般評=クールなモテキャラ リュウジ評=とぼけた奴 趣味は昼寝

☆リュウジ
鬼浜爆走愚連隊・初代総隊長
喧嘩も単車も最強 実家はラーメン店「昇龍軒」
人情派で人望篤い 女子にめっぽう弱い 実は寂しがり屋の一面も

☆ダイゴ
鬼浜爆走愚連隊・親衛隊長
喧嘩勝負が得意 実家は鬼浜寺
寡黙で頼りになる存在 柔道の使い手 精神世界にも精通

☆ノブオ
鬼浜爆走愚連隊・若手
喧嘩も単車も修行中
総隊長リュウジを誰よりも慕う 打たれ強さは比類なし

===============================

★コウヘイ:暗黒一家・初代総帥
★ハンゾウ:暗黒一家・特攻隊長
★ゴンタ :暗黒一家・親衛隊長
★タカシ :暗黒一家・若手

===============================

◇テツ
美山瀬烈風隊・特攻隊長
海辺の鬼浜町から40kmの距離を地元とする隊の一員
隊での立場が似ているため、ハヤトとは気の合う仲間

◇タケル
美山瀬烈風隊・隊長

 テツとタケルの登場するおはなし
 → 湖畔に吹く烈風 ←
 → 烈風、南へ ←
 → 贈り物を心より ←

===============================

<< てのひらに熱情を 8-2 | ホーム | てのひらに熱情を 7-2 >>


コメント

どもども!こんにちは☆(^-^)ノ

旅行に行かれてたんですね~w 楽しかったですか?
確か大阪でしたっけ?

それはそうと、私もCR鬼浜MM、ようやく打ちました☆
勝てたは良いけど、おかげ様で耳が中耳炎に…。+(PД`q)+

さてさて、前置きが長くなりましたが。
ハヤト勝利おめでたい☆(´∀`)b
正義は勝つ!とはこの事でしょうか~?
やはり、我等が総隊長。最後はビッと決めてくれちゃいましたね~(^_^)
頼もしいよ、リュウジ…(ノД`)゜。。

……あれ?
ハンゾウが追いかけていたノブオはどうなるんだろ。(・∀・;)

>鬼ムチコさま

ども~(*^ー^)ノ

旅行……ってか、オフ会だったんですけどねw
北陸某県と大阪に行ってきました^^
かなり強行軍だったです(*´Д`)=з

おお、MM打ったんですか!!!
勝ちオメです(´∀`)
中耳炎――? 大丈夫ですか?
ほんとうるさいですもんね、アレ・°・(ノД`)・°・

ハヤト、根性勝ちって感じでw
次こんなことになったら、もっと普通に喧嘩できるように
鍛え直しておきますね~!!!
↑リュウジの仕事

ノブオは――生還いたしました(`・ω・´)ゞ
1話分として書いたのを2分割でアップするから半端になっちゃいましたf(^ー^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。