目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未だ熱りの冷めない拳 1-2



 桃の最後のひとかけにとりかかろうとした時、オレを呼ぶ声に振り返る。
 「オウ、ハヤト!!! 今頃昼飯だって?」
 台所の入り口から見える赤いリーゼント。
 勝手知ったる何とやらで、リュウジはそのまま入ってきてテーブルのオレの向かいに陣取った。
 「あ、リュウジ。おはよう」
 「……なるほど。起きたばっかりか」
 オレの顔をのぞき込みながら、なかば苦笑でリュウジは言った。
 「うん。まあ、そんなとこ」
 「まあ、仕方ねえよな。昨日は慣れないことして疲れ――あ、いや……」
 「あはは。リュウジの言うとおりだな。慣れない喧嘩して疲れてるっぽいよ、オレ」
 「そうか……」
 いつものリュウジと気配が違うのは、やっぱり昨日の一件のせいだろう。
 リュウジに『ハヤトの喧嘩には期待していない』と言われて、オレがそれに腹を立てて学校を休んで――なんていういきさつがあったからだ。
 でも、それも済んだことだしね。これ以上引きずるのはオレたちの流儀でもないから。

 「リュウジ」
 気分を変えるべく、オレはリュウジの名前を呼んだ。
 「うん?」
 「これ、桃。うまいね」
 「ああ、これか!!! 食ったんだな」
 「うん。ごちそうさま」
 「大したことねえぜ。ただ、ハヤトにゃ早いとこ元気になってもらわねえとな、って思ったからな、俺は」
 なんだか照れたような顔つきでリュウジが言うのがおかしかった。
 「うんうん。おかげで元気になったってことで」
 言ってオレは、皿に残った最後のひとかけらを口に運んだんだ。

 食べ終わった皿を流しに下げて、コーヒーを入れる。残したオムライスにかけるべくラップを探しているとリュウジが言った。
 「ハヤト、これ、もう食わねえのか?」
 「なんか、食欲落ちてるっぽくてね。夜に食べることにした」
 「だったら俺が食ってもいいか?」
 「あ、そう? だったらどうぞ。悪いね、食い散らかしたあとで」
 「ぜんぜん問題ねえぜ!!!」
 言うが早いか、リュウジはにこにこしながらスプーンをとった。
 何でもうまそうに食べるんだな、リュウジは。見てて気分いいや。

 「そういえば、タケルは? 一緒? ゆうべはリュウジんとこに泊まったんだろ?」
 「オウ。一緒に来た。店のほうにいるぜ。ついでに自分のマシンも親父さんに診てもらいたいって言ってたな」
 「なるほど。じゃあオレも手伝おうかな」
 「ってかハヤト、まだゆっくりしてたほうがいいんじゃねえのか?」
 「え? なんで? ああ、怪我とか心配してくれてる? それだったら――」
 大したことないから、って言いかけたんだけど。
 「いや。怪我より、むしろ病気のほうが悪くなるとまずいだろ?」
 「え――」
 オレ、リュウジになんて答えたらいいんだ?
 リュウジ、オレが仮病を使って学校サボったって、まだそういう認識はないのか……。

 逡巡の最中、親父がたばこをくわえて台所へ入ってくる。
 「なんだ? リュウジ、我が息子の昼飯を横取りか?」
 「そりゃ言いがかりだぜ!!! なあ、ハヤト? もう食えないんだもんな?」
 あはは。親父、リュウジをからかうのが好きなんだな。気持ちはわかるけど。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村 スロットブログへ



===============================

【鬼浜魂疾走編 登場人物紹介】

☆ハヤト:このおはなしの語り手
鬼浜爆走愚連隊・特攻隊長
単車勝負が得意 実家はバイク店
一般評=クールなモテキャラ リュウジ評=とぼけた奴 趣味は昼寝

☆リュウジ
鬼浜爆走愚連隊・初代総隊長
喧嘩も単車も最強 実家はラーメン店「昇龍軒」
人情派で人望篤い 女子にめっぽう弱い 実は寂しがり屋の一面も

☆ダイゴ
鬼浜爆走愚連隊・親衛隊長
喧嘩勝負が得意 実家は鬼浜寺
寡黙で頼りになる存在 柔道の使い手 精神世界にも精通

☆ノブオ
鬼浜爆走愚連隊・若手
喧嘩も単車も修行中
総隊長リュウジを誰よりも慕う 打たれ強さは比類なし

===============================

★コウヘイ:暗黒一家・初代総帥
★ハンゾウ:暗黒一家・特攻隊長
★ゴンタ :暗黒一家・親衛隊長
★タカシ :暗黒一家・若手

===============================

◇テツ
美山瀬烈風隊・特攻隊長
海辺の鬼浜町から40kmの距離を地元とする隊の一員
隊での立場が似ているため、ハヤトとは気の合う仲間

◇タケル
美山瀬烈風隊・隊長

 テツとタケルの登場するおはなし
 → 湖畔に吹く烈風 ←
 → 烈風、南へ ←
 → 贈り物を心より ←

===============================



<< 未だ熱りの冷めない拳 2-1 | ホーム | 未だ熱りの冷めない拳 1-1 >>


コメント

Σ(゜Д゜;)キヅイテナイ?!

どもども!こんにちは☆

おおう!?
ま、まだ気づいてない?!
もうそろそろ、気づいても良い頃だろうとは思ってたんですが…(^^;)

リュウジは騙されても、言われないと全く気がつかないタイプなんでしょうかね~
ドッキリカメラとかに、面白いほど引っかかりそう…

>鬼ムチコさま

ども~(*^ー^)ノ

リュウジに「ドッキリ」しかけたら面白そうね~!!!
きっと、すっごいウケるだろなw
でも、寝起き系は失敗しそうですね。
朝からテンション高そうだし。だはは。

いや~、でも。
ひとつのネタ、引っ張りすぎたかもしれないですf(^ー^;
けど、一応、決着つきますので。てへ♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。