目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麗しき白薔薇の素顔 2-2



 その日の午後の授業は体育だった。
 そう、白鳥先生の授業だ。
 担当の赤ジャージも一緒にいるけれど、出席をとるところからが白鳥先生のノルマ。
 クラス全員の名前に、丁寧に『君』をつけて呼んでた。
 さすがに千晶ちゃんのときには、白鳥先生もちょっとびっくりした顔をしてたけど。

 授業の種目はテニスだった。
 出席確認と、それに続く準備体操が終わると、白鳥先生が言った。
 「では、リュウジ君」
 「うん? なんだ、白鳥先生?」
 「手合わせを頼んでもいいかな?」
 「俺か? オウ!!! いいぜ、白鳥先生。どっからでもかかって来いや!!!」
 言うなり、リュウジは白鳥先生のいるコートへ移動する。
 あはは、なんか気合い充分だ。

 リュウジと白鳥先生の打ち合いは、思わぬ長いラリーになった。
 もともと体育は得意というか、何の種目でもそつなくこなすリュウジは持ち前の運動神経で球に食らいついていく。
 「うおりゃぁぁぁ!!!」
 対する白鳥先生は、と言えば、リュウジのような大声をあげて球を追ったりはしないみたいだけれど。
 涼しい顔をしながらも、イヤなところ、イヤなところに的確に打ち返していた。
 「今度はこっちか!!! そりゃぁぁぁ!!!」
 何度かのリュウジの雄叫びと、白鳥先生の「ふふふ」と笑う声がコートに響いていて。
 「ふふふ――そこだ」
 舞い上がるように跳んだ白鳥先生は、ふわりとした動作に見えたにもかかわらず、とてつもなく力強いスマッシュを決めた!!
 ガットから離れたテニスボールは、コート中央で構えているリュウジよりはるか後方のライン際にたたきつけられた。
 「お――」
 自分のラケットに当たり損なったボールが転がるのを、リュウジは振り返って見ている。
 
 「ふふふ。なかなかいい反応だったね、リュウジ君。思った通りで満足だ」
 軽く前髪を掻き上げて、白鳥先生は言う。
 かなり動いていたように見えたのに、汗ひとつかかないさわやかな顔で。
 「オウ、今のは失敗したぜ!!! もう一球、な?」
 対するリュウジは額に汗。まあ、これが普通だと思うけど。
 「悪いね、リュウジ君。授業は私と君だけのためにある時間ではないので」
 「チッ。勝ち逃げしやがる気か」
 なんてリュウジが悪態つくのを、これまた涼しい笑顔で白鳥先生は見ていたんだ。

 そのあとの時間は、いつもどおりの授業のパターンに戻った。
 適当に分かれてみんなでコートを使って、打ち合って。
 気がついたところがあったら、いつも赤ジャージがするみたいに白鳥先生もアドバイスしてくれたりして。
 ふと見たら、千晶ちゃんが白鳥先生に打ち合いを挑んでいたりして。

 さて、当のリュウジはというと、当たり前だけどご機嫌斜め。
 「ちきしょう、白鳥先生の奴」
 「あはは、そんなに悔しがることないって、リュウジ」
 「うるせえぞ、ハヤト!!! 俺はなあ、勝負は勝たねえと気が済まねえんだよ!!!」
 「あらら、おっかないね。そりゃわかるけどさ。相手は現役のスポーツマンだし」
 「ハヤト――お前。そういう風に最初から諦めるのはいいことじゃねえぞ? どんな不利だってよ、戦術ひとつで状況ってのは変わるもんだしな」
 ……そしてオレは、コートから一歩下がった隅っこで授業時間の終盤までリュウジのお小言を頂戴する羽目となっていた。
 話しながら方向がそっちに傾いて。リュウジいわく、オレだって巧く立ち回れば、ゴンタを倒すことだってできるはずなんだって。まったくもって自信ないけどね。
 
 さっきから思っていたけど、白鳥先生ってリュウジのペースを変える星回りみたいだ。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村 スロットブログへ

===============================

【鬼浜魂疾走編 登場人物紹介】

☆ハヤト:このおはなしの語り手
鬼浜爆走愚連隊・特攻隊長
単車勝負が得意 実家はバイク店
一般評=クールなモテキャラ リュウジ評=とぼけた奴 趣味は昼寝

☆リュウジ
鬼浜爆走愚連隊・初代総隊長
喧嘩も単車も最強 実家はラーメン店「昇龍軒」
人情派で人望篤い 女子にめっぽう弱い 実は寂しがり屋の一面も

☆ダイゴ
鬼浜爆走愚連隊・親衛隊長
喧嘩勝負が得意 実家は鬼浜寺
寡黙で頼りになる存在 柔道の使い手 精神世界にも精通

☆ノブオ
鬼浜爆走愚連隊・若手
喧嘩も単車も修行中
総隊長リュウジを誰よりも慕う 打たれ強さは比類なし

===============================

★コウヘイ:暗黒一家・初代総帥
★ハンゾウ:暗黒一家・特攻隊長
★ゴンタ :暗黒一家・親衛隊長
★タカシ :暗黒一家・若手

===============================

<< 麗しき白薔薇の素顔 3-1 | ホーム | 麗しき白薔薇の素顔 2-1 >>


コメント

これって、テニスの王子・・・オラァ!!(p゚ロ゚)==p)`д)グハッ!!!

どもども!こんにちは☆
ハヤトの店の名前が「魔速商会」のような気がしてならない鬼ムチコです。

テ…テニスの王○様ですか?!
↑違う
リュウジの叫びようを見ると、青学のタカさんみたいで(笑)
これでバーニングーー!!とか叫んじゃったら、さあ大変!

リュウジと白鳥先生、全く正反対の二人はテニスの勝負も大変です^^
リュウジが例え、もう一度勝負をしようといっても…
白鳥先生が、連続勝ちをするに一票(笑)

何だか、サイドメニューの項目が増えていたので…
「小学生編点取り占い」をやってみたんですが。
ポケモンは、付いてれば良いってモンじゃないです。(ノД`)クスン…
さすがに…パンツはないでしょ、パンツは(笑)

>鬼ムチコさま

ども~(*^ー^)ノ

>ハヤトの店の名前が「魔速商会」のような気が
ああ、それ!!! どっかで読んだことがあるような!!!
そうでしたね~、うんうんf(^ー^;
ご教示、ありがとうございます☆

うひょ~、「テニスなプリンス」ちっくでした?
ぜんぜんわかってないのにパクっちゃったかしらf(^ー^;
無知って怖い。だはは。

再試合は――リュウジのために白鳥先生が応じなかったものと思われます!!!
リュウジにキれられても困るって話w

>小学生編点取り占い
ポケモンのパンツですかヽ(゜▽、゜)ノ
むふ♪ ←妄想中

わたしは……

字余りだったり 字足らずな 替え歌を 得意げに歌います

ああ、思い当たるフシがあるわorz

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。