目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麗しき白薔薇の素顔 4-2



 さらにその翌日の放課後、ホームルームが終わった直後のこと。
 「ハヤト、今日は速攻帰るぞ!!! また昨日みたいな姉ちゃんたちに会うと厄介だからな」
 「あ、うん。そうしようか」
 リュウジの幾分慌てた様子に内心くすくす笑いながら素直に答えた。
 確かにね。オレもリュウジほどじゃないけれど、白鳥先生の取り巻きのお姉さんたちの勢いには圧倒されるほかはないから。

 下駄箱で会ったダイゴと、校門のところで追いついてきたノブオも一緒に今日は4人で歩く帰り道。
 歩き始めると、思いついたようにリュウジが言った。
 「ダイゴ、時間あったら、ちょっと俺んちまで来ねえか?」
 「構わんが。どうかしたのか?」
 「オウ。実験的に作ってみたラーメンがあるんだけどな、それ、味見てもらおうかと思ってよ」
 「押忍。ならば喜んで」
 「ああ、ダイゴの味覚は確かだからね」
 「だろ? ハヤト」
 「兄貴、オレも行っていいっスか~?」
 「よし、そしたらノブオも来い。ハヤトはどうする?」
 「ん~。じゃ行こうかな。オレの味覚は参考にならないだろうけど」
 「わはははは!!! わかってるって」
 リュウジはオレの肩を叩いて笑ってる。

 そうしたわけで、4人してリュウジの家――昇龍軒を目指した。
 昇龍軒は商店街の中にある。ここで生まれ育ったリュウジは、商店街のどの店の人とも顔見知りだ。
 だから、リュウジと一緒にここを歩くといろんなところから声がかかるんだ。
 今日は肉屋のおじさんに呼び止められた。
 「よっ、リュウジ。今日は友達といっしょか?」
 「オウ、おっちゃん!!!」
 手を挙げてにこやかにリュウジは応える。それを見て、これまた人の好さそうな丸顔のおじさんは、屈んでショーケースの中をごそごそいじっている。
 「ほれ、おやつだ。食っときな。育ち盛りだもんな」
 言ってリュウジに紙袋を手渡した。
 「いつもありがとな、おっちゃん。こんど店でサービスするぜ!!! 寄ってってくれな」
 「ははは。ありがとよ。期待してるわ」
 リュウジが手を振るのを合図にオレたちもおじさんに会釈して、肉屋をあとにした。

 「兄貴、それ、中は何っスか~?」
 ちょっと先まで歩いたところで、ノブオがリュウジにこう訊いた。
 「これか? コロッケだな、多分。俺が子供の頃から、おっちゃん、よく食わせてくれててな」
 「へええ。いいっスね~」
 「まあな。この商店街がまるごと俺の『家』みたいなもんだしな」
 リュウジがそんなふうに言ってた。どこか誇らしげに見える。

 さて、もう少しでリュウジの家、というところに花屋がある。
 いつでも文字通り花やいだ雰囲気で、たまたま通りかかったときに自動ドアが開くと何とも言えない芳香が鼻をくすぐるお店。
 店番の若いお姉さん――彼女もリュウジとは顔見知りらしくて、よく挨拶してる――が花束を作っていたりするのを見かける。
 ちょうどそこに4人で近づいたときのことだった。
 「あれ――リュウジ。あそこ。なんか中を覗いてる人がいる」
 「うん? ああ、本当だ。何だ? 怪しい奴か?」
 声をひそめてリュウジとささやき交わした。ダイゴとノブオの耳にも入ったようで、揃って歩調をゆるめてそちらを見た。
 
 店の前の電柱に貼り付くように身を潜めて中を覗いている人。
 リュウジはオレたちに向かってひとつ頷くと、その人に向かって一歩を踏み出した。




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村 スロットブログへ

===============================

【鬼浜魂疾走編 登場人物紹介】

☆ハヤト:このおはなしの語り手
鬼浜爆走愚連隊・特攻隊長
単車勝負が得意 実家はバイク店「魔速商会」
一般評=クールなモテキャラ リュウジ評=とぼけた奴 趣味は昼寝

☆リュウジ
鬼浜爆走愚連隊・初代総隊長
喧嘩も単車も最強 実家はラーメン店「昇龍軒」
人情派で人望篤い 女子にめっぽう弱い 実は寂しがり屋の一面も

☆ダイゴ
鬼浜爆走愚連隊・親衛隊長
喧嘩勝負が得意 実家は鬼浜寺
寡黙で頼りになる存在 柔道の使い手 精神世界にも精通

☆ノブオ
鬼浜爆走愚連隊・若手
喧嘩も単車も修行中
総隊長リュウジを誰よりも慕う 打たれ強さは比類なし

===============================

★コウヘイ:暗黒一家・初代総帥
★ハンゾウ:暗黒一家・特攻隊長
★ゴンタ :暗黒一家・親衛隊長
★タカシ :暗黒一家・若手

===============================

<< 麗しき白薔薇の素顔 5-1 | ホーム | 麗しき白薔薇の素顔 4-1 >>


コメント

Σ(゜Д゜)ハッ!!

どもども!こんにちは☆

商店街って、何だか良いですよね~。
個人宅ばかりの住宅街とはまた違った、温かみがあるというか何というか。
買い物に行ったら、ちょっとしたオマケをしてくれるとか。^^
まあ、商店街で育っていない私にはよく分かりませんが(笑)

って、店の中を覗き見している人って…?
もし白鳥先生だったら、堂々と入るだろうし。
も、もしかして…コ(強制終了)
そんなわけないか(笑)

>鬼ムチコさま

ども~(*^ー^)ノ

商店街って、独特の結びつきがあるんだろな、って。
よく思うんですよね~。

……四桁連行の最中とかにw
たぶん、このへんの路地入ったとこに八百屋とかあるんだろな、なんて。

のぞき見の人――さて、どうでしょ~!!!
コのつく人は……だははw
ああ、でも、やりそうかもしれませんな(´∀`)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。