目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疾走ロード 1

 さて今日は何すっかなあ──の休日の朝。
 昨夜は気合い入ってたもんで、家に戻ってきたのは明け方近くだった。
 そのくせ、睡眠時間のわりに不思議とスパッと起きられるあたりが休日ならでは、だな。

 たまにはパチンコ店にでも行ってみるかな、なんて思いながら着替えなぞしていると、どうしたことかいつもの声が窓の外からオレを呼ぶ。
「オイ、ハヤト!!! 頼む、起きてくれい!!!」
 あれ、学校じゃないのにこの時間にリュウジ──? 訝りながらオレは窓を開け放つ。
「チィ~ッす」
 応えながら通りを見下ろすと、そこには白い上っ張りを着込んだリュウジの姿があった。

「オウ、助かったぜ。よく起きてたな、褒めるぜハヤト」 
「ああ、起きてたけどね。どうかした──」
「どうかしたもどうかしないも!!! そんなこと後でいいから速攻下りてきてくれ、頼む」
 オレに言わせも果てず、リュウジの怒号が街路樹を震わせる。
「オ、オス、了解」

 いついかなる時だって、オレはリュウジに頭が上がるわけがなかった。ましてや『頼む』などと言われてしまったら逆らう術は皆無で。

「あ、単車のキー忘れるなよ!!! 急いでるんだからそこんとこ夜露死苦ぅ!!!」
 一体どうしたって言うんだろうか。
 なんともあわてふためいているリュウジの気迫に問い返すことも叶わずに、オレは急かされるまま上着に袖を通した。

 さて、エンジン音は今日も至極快調なり。

「ハヤト、時間わかるか?」
 単車のリアにまたがりながら、リュウジが訊く。
 リュウジの着込んだ白い上っ張りは、彼の家の営むラーメン店のお仕着せだった。
 そして、手には大事そうに何やら包みを持っている。

「え~と、10時まであと10分かそこらかな」
 言ってやると、リュウジの焦りが増した。

「やべぇ、間に合わねぇかも」
「どこへ何時までに?」
「南町三丁目、10時。いけるか?」
「オーライ、特攻で!!!」
 オレはリアを振り返り、片目をつぶってみせた。

 距離を考えると、残された時間は結構なタイトロープ。
 だが、オレは行く!
 きっとオレなら行けるとリュウジが頼ってきたのだから。

 なんだか誇らしかったから、ひときわ大きな音をさせてオレは単車を発進させた。

<< 疾走ロード 2 | ホーム | 昼下がりの河川敷 2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。