目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麗しき白薔薇の素顔 7-1


 
 ときは放課後。教育実習生の日課が終わるのを待ちかまえていたリュウジに、白鳥先生が捕獲されたところだ。
 通り抜けてきた校門のところには今日も白鳥先生の取り巻きのお姉さんたちが何人かいた。お姉さんたちに適当に挨拶をして――リュウジは果敢にも先頭に立って『今日は白鳥先生忙しいんす』ってお姉さん方に言ってた――、どうにか鬼浜町商店街までたどり着いた。
 遠回りして先に一旦リュウジの家まで行った。白鳥先生が取り巻きのお姉さんからもらった花束を持っていたから、それを置かせてもらってから再度出発。
 目指すは鬼浜町商店街の一角にある花屋さんだ。

 実習初日にリュウジに向かって「悩みがあったら私に言いたまえ」と言ってた白鳥先生だけど。
 「ほら、そんな弱気な顔すんなや!!! 悩みがあるんだったら俺が聞いてやるぜ? ハヤトだっているし。なあ?」
 「え、オレ? っていうか、リュウジがこの手の悩みを聞くって……」
 「うるせえぞ、ハヤト!!! 俺だってなあ、いろいろと経験――って、こんな話はどうでもいいぜ。とにかく白鳥先生、気合い入れてきゃどうにかなるからな。いつもみたく色気出して余裕で構えてればいいじゃねえか」
 「あ……ああ、いつもみたく、ね」
 眉間にしわを寄せて、それでもムリに笑い顔を作って、とりあえず白鳥先生はいつもみたいに前髪を掻き上げた。
 
 「とにかく、あおい姉ちゃんと挨拶くらいはできるようになりたいと思うだろ?」
 「それは、まあ――」
 リュウジに連れられるようにして歩く白鳥先生の足取りは重たそうだった。いつもの流れるような歩調とはほど遠い感じ。

 リュウジが白鳥先生を勇気づけようとあれこれ話しかけているのにオレも加勢する。
 「先生。悩むよりも動いたほうがいいときって、あるよ。きっと。いざスタートラインに立てば『やるしかないな』って気分になるもんだし」
 「オウ、いいこと言うじゃねえか、ハヤト。さすが特攻隊長だぜ!!!」
 「あはは、どうもね」
 「そしたら、早いとこ行こうぜ、スタートラインへ。いっそのこと走ってくか?」
 「いや、それは勘弁してくれたまえ。リュウジ君。ただでさえ動悸がするので」
 「そうか? 意外と心臓弱いんだな、白鳥先生」
 「――いや、そういうことじゃないんじゃないの? リュウジ」
 「わはははは!!! わかってるって。冗談だぜ。ちょっとはこう、白鳥先生の緊張をほぐしてやろうかと思ってよ」
 まったく、リュウジときたらやたらといきいきしてるんだよな。
 恋愛ものの少女漫画も読むんだってノブオに聞いたことがあるから、それの延長線上なのかもしれないけど。

 そして、オレたち3人の足は目的地の前で止まった。
 ガラス張りの店内を見ると、あおいさんがいた。
 それを確認して――白鳥先生は硬直している。
 
 白鳥先生の肩をぽんと叩いてから、リュウジは迷わず自動ドアの前に立つ。するりとドアは開いて中に入っていった。
 「よし、行こう。白鳥先生」
 オレは自分が単車勝負のスタートラインに立ったときと似たような気持ちで、白鳥先生の背中を押し出したんだ。
 あ、なんかオレも緊張してきたかも。

 号砲はリュウジの声。そして白鳥先生の勝負の幕が開く。
 「よう、あおい姉ちゃん」
 「あら、いらっしゃい。リュウジくん」
 色とりどりの花たち、満ちあふれる香り。あおいさんのアニメみたいな声。
 勝負まっただ中の白鳥先生は、リュウジの手招きである意味勝負相手であるあおいさんの真っ正面に立ったんだ。




にほんブログ村 スロットブログへ

===============================

【鬼浜魂疾走編 登場人物紹介】

☆ハヤト:このおはなしの語り手
鬼浜爆走愚連隊・特攻隊長
単車勝負が得意 実家はバイク店「魔速商会」
一般評=クールなモテキャラ リュウジ評=とぼけた奴 趣味は昼寝

☆リュウジ
鬼浜爆走愚連隊・初代総隊長
喧嘩も単車も最強 実家はラーメン店「昇龍軒」
人情派で人望篤い 女子にめっぽう弱い 実は寂しがり屋の一面も

☆ダイゴ
鬼浜爆走愚連隊・親衛隊長
喧嘩勝負が得意 実家は鬼浜寺
寡黙で頼りになる存在 柔道の使い手 精神世界にも精通

☆ノブオ
鬼浜爆走愚連隊・若手
喧嘩も単車も修行中
総隊長リュウジを誰よりも慕う 打たれ強さは比類なし

===============================

★コウヘイ:暗黒一家・初代総帥
★ハンゾウ:暗黒一家・特攻隊長
★ゴンタ :暗黒一家・親衛隊長
★タカシ :暗黒一家・若手

===============================

<< 麗しき白薔薇の素顔 7-2 | ホーム | 麗しき白薔薇の素顔 6-2 >>


コメント

白鳥先生!Fight!!

コンニチハ━━━(゚∀゚(゚∀゚(゚∀゚(゚∀゚(゚∀゚ )━━━━━!!!!

ようやく、スタートラインに立ったんですね!白鳥先生…!
うおー!
何だか、こっちまで緊張するじゃないですかっ!
(*´Д`*)ドキドキドキ…←緊張中。

あ、それにしてもリュウジと少女漫画のギャップに笑えた(笑)
一体、どんな顔して読んでるんだろう…。

>鬼ムチコさま

ども~(*^ー^)ノ

まさかリュウジが白鳥先生を引っ張るなんてw
――とか、思いました(〃∇〃)
でも、踏ん切りつけさせるには適役かも、ですね^^
自分のことより冷静な分、気合い入ってそうだし(´∀`)

リュウジは、漫画ならなんでも読むかなあ、と。
恋愛モノは、おそらく「きゅ~ん☆」とか思いながら
読んでたり――なんちて^^

……妄想してみちゃったf(^ー^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。