目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花冠の若君 1-1



 「諸君。短い間だったがお世話になりました」
 すでに見慣れた前髪を掻き上げる仕草をしながら、白鳥先生が言った。
 白鳥先生が実習に来てから2週間。金曜日の今日がその最終日だ。
 帰りのホームルームでの白鳥先生は、いつもと変わらずクールで艶やかに挨拶をする。

 それに向かってリュウジが大声で応えた。
 「御苦労さんだったな、白鳥先生!!!」
 「ああ、リュウジ君。おかげさまでかなり勉強させていただいたよ。君のような活きの良い生徒がいたので、さすがの私も気苦労が絶えなかった」
 「わはははは、気苦労って、そんな大袈裟なもんじゃねえくせに。俺ら、みんな素直でいい生徒ばっかだろ?」
 「……私はリュウジ君ではないのでね。それなりに太平楽でいられないこともあるのだ」
 「おい!!! 俺が何にも考えてねえで平和に暮らしてるみたいなこと言うなや!!!」

 リュウジと白鳥先生のやりとりで教室がどっと涌く。
 最初はぜんぜん咬み合わなくて、白鳥先生にペースを乱されまくっていたリュウジだったけれど、ふとしたきっかけで理解しあって。
 それからは、わりと気安い感じで接し合っていたのを間近で見てた。
 
 「はいはい、ふたりしてツッコミだとコントにもなりませんよ。ね、みんな?」
 言って、千晶ちゃんが席を立つ。
 そして、あらかじめ用意してあった花束を白鳥先生に渡した。
 「はい、先生。もうお花はさんざんお家に飾ってあると思うけど。こういうときにはつきものだから」
 「ありがとう、千晶君。花はいくら飾っても飽きることはないので私は嬉しいよ」
 受け取った花束を抱いて、白鳥先生はうっとりと目を閉じた。
 その花束は昨日オレたちが注文したもので、もちろんあおいさんの作だ――白鳥先生は気づいているかな?
 リュウジは『鬼浜町商店街のイメージで』なんていう曖昧な注文をしたんだけど。
 真ん中にある数輪の白いバラを取り巻くのは、ピンクや赤、ブルー、黄色の花たち――いろんな色の花が元気な印象でひとまとめになっている。なるほど、活気のある花束だ。

 「とにかく、私はここで君達に学ばせてもらったことを忘れずに精進しようと思う。そしてきっと目標を達成したい、と――」
 「いい心がけだぜ!!! しっかり気合い入れてけや」
 「ああ、リュウジ君。私はきっと教師になってみせるよ」
 「オウ!!! でもって、春にはまた戻ってくるんだよな?」
 「そうだね。そうなれるように努力しようと思う」
 花を抱いた美青年が力強く言うのに、クラスの誰もが惜しみない拍手を送った。

 それから、赤ジャージが短くねぎらいの言葉を贈って。
 教室中を回って、クラスのひとりひとりと握手をして。
 さらに教室の外で待っていた、鬼工の数少ない女子生徒たちとも握手して――そこでまたいくつかの花束が贈呈されてたみたい。
 そうして白鳥先生の教育実習の最後の日は終わったんだ。

 白鳥先生が廊下から遠ざかる気配のあとに、リュウジが教卓に進んでこう言った。
 「そしたら日曜の昼、時間ある奴は河川敷に集合な!!!」
 「おう、絶対行くぜ~」
 「俺もだ、リュウジ」
 「盛り上がろうぜぃ!!」
 「オウ、楽しみにしてるぜ!!! 赤ジャージも来るよな?」
 「ああ、行けるようにしよう」
 なんだかんだとお祭り騒ぎの好きな2年B組の仲間たち。先導するのはもちろんリュウジ。こういうときのリュウジは見てて気分がいいほどいきいきしてる。
 リュウジ企画の白鳥先生送別会は、日曜の昼に河川敷。バーベキューやるんだって。
 それを思いついたときのリュウジの目は、やんちゃ小僧だった時代そのままと思われる輝きだった。




にほんブログ村 スロットブログへ


===============================

【鬼浜魂疾走編 登場人物紹介】

☆ハヤト:このおはなしの語り手
鬼浜爆走愚連隊・特攻隊長
単車勝負が得意 実家はバイク店「魔速商会」
一般評=クールなモテキャラ リュウジ評=とぼけた奴 趣味は昼寝

☆リュウジ
鬼浜爆走愚連隊・初代総隊長
喧嘩も単車も最強 実家はラーメン店「昇龍軒」
人情派で人望篤い 女子にめっぽう弱い 実は寂しがり屋の一面も

☆ダイゴ
鬼浜爆走愚連隊・親衛隊長
喧嘩勝負が得意 実家は鬼浜寺
寡黙で頼りになる存在 柔道の使い手 精神世界にも精通

☆ノブオ
鬼浜爆走愚連隊・若手
喧嘩も単車も修行中
総隊長リュウジを誰よりも慕う 打たれ強さは比類なし

===============================

★コウヘイ:暗黒一家・初代総帥
★ハンゾウ:暗黒一家・特攻隊長
★ゴンタ :暗黒一家・親衛隊長
★タカシ :暗黒一家・若手

===============================

◇千晶ちゃん
ハヤトとリュウジの同級生
本当の性別は男子ながらも、見た目も心も乙女な鬼工のアイドル
コウヘイは千晶ちゃんを女子と信じ続けており、恋している模様

 《千晶ちゃん初登場》
  → 本編/叢中に咲く一点の紅い花 ←
  → 承前/アイドルの放課後 ←
 《ハヤトが千晶ちゃんをサポートをする件》
  → 本編/歌と和弦の日々 ←
  → 承前/不器用な特攻隊長 ←
 《コウヘイが千晶ちゃんを想う件》
  → 本編/贈り物を心より ←
  → 承前/特別な日ではなく ←

===============================

<< 花冠の若君 1-2 | ホーム | 麗しき白薔薇の素顔 9-3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。