目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月20日 3-1



 オレはひとり河川敷の土手で、流れる川の水面をぼんやり見ながら古い話に思いを馳せているところ。
 川に映る空はどんよりとしていて梅雨そのものの重苦しさだけど、オレの気分はそんなに悪くはなかった。

 ――あのころのオレは、『自分』を客観的に見ることを覚えはじめていた。
 そう、誰かに強く必要とされていると言われて、初めてオレは自信を持ってもいいんだと感じて――逆に、必要ないのだと思われないように腕を磨こう、なんて遅まきながらに考えるようになってた。
 誰か、っていうのはもちろんリュウジのことだけど。オレのポテンシャルを信じてくれている男を失望させないようにと、そんな意識が芽生えていたんだ。

 リュウジが隊を結成する腹づもりだということは、瞬く間に鬼工の話題になっていた。
 当時の級友の中西がそれを知って、諸手をあげて喜んで。
 それで、同じ意志の者は集まれ、とばかりにふれ回ってた。
 「なんか話が大きくなってるな、リュウジ」
 「ああ、そうだな」
 オレは内心びくびくものだったんだけど、リュウジはまったくの平常心で――というよりはむしろ、その風向きを喜んでいたようだった。
 気概に満ちているような表情で腕組みするリュウジは、旗揚げを前にしてすでに風格があった。
 
 たった数日の間に、隊を結成するにあたってのもろもろの準備が整いつつあった。
 中西が大勢に声をかけたのが幸いして、ダイゴの同級生で、普段は大漁旗なんかを作る職人さんの息子が隊旗の制作を手伝うと言ってくれたり。
 刺繍屋に知り合いがいると言う級友が、揃いの特攻服を発注しようと勧めてくれたり。
 オレたちはそんなこんなの下準備に追われていた。忙しい日々の中、リュウジの表情はとてつもなく明るかった。
 「とにかくな、最初は簡単でいいんだぜ!!! 本格的なことはまた後で整備しなおせるだろ? 俺はな、なるべく早いとこ隊を結成したいと思ってる。1日たりとも無駄にしたくねえんだ。奴らが好きに振る舞える時間をなるだけ短くしねえとな」
 そのときのリュウジの口癖はこんな具合だった。

 そうした下準備のうちで一番重要だったのはこれかもしれない。
 その日の昼休みは、高揚したクラスの雰囲気からすこし離れて、リュウジとダイゴとオレは3人で屋上に来ていた。
 「リュウジ。どうかした? 何か難しい顔してるね」
 「オウ。ちょっと悩んでてな」
 「どうしたのだ? リュウジが悩むとは珍しいのではないか?」
 「まあな、そうかも知れねえよな、ダイゴ。けど、これでもけっこう真面目に考えてるんだぜ、俺。隊の名前をどうすっかな、って」
 「あ――そうか。名前が要るんだ」
 「押忍。確かに名前は大切だな。赤ん坊の命名も将来を見越してより佳いものを、と親は考えるのだし。それと同じことだ」
 「だろう? ダイゴ。だからな、俺、真剣なんだよな」
 「何かすでに案はあるんだろ?」
 「ああ。あることはあるぜ。けど、せっかくだったら最強の名前にしたいだろ? これでいいもんかと思っててな」
 「リュウジ。赤ん坊の名付け用でよければ、家に姓名判断の本があるゆえ、見てみるか?」
 「お、それはいいな。やっぱダイゴは頼りになるぜ!!!」

 その日の放課後、オレたちは3人でダイゴの家――鬼浜寺に行った。
 ダイゴが持ってきてくれた姓名判断の本を見て、リュウジの考えていた隊の名前が最良のものだと知って、オレはリュウジの勘所をいたく尊敬したんだ。
 隊の名前はすでにリュウジの胸にあったとおり『鬼浜爆走愚連隊』に決まった。
 「浜」の字を旧字体で数えずに、総画数は81画。曰く、最大の吉数。81という数は、はじまりである1に還るという解釈だそうだ。画数1の持つ意味は、健康・富貴・名誉、そして――リーダーとして人を引っ張る頭領運、持てる能力以上の力を発揮する暗示。
 これ以上に佳い名前はないはずだとオレは思った。
 暗示の全ては今後のリュウジを、またオレたちのあり方を物語るはずなのだから。




にほんブログ村 スロットブログへ

===============================

【鬼浜魂疾走編 登場人物紹介】

☆ハヤト:このおはなしの語り手
鬼浜爆走愚連隊・特攻隊長
単車勝負が得意 実家はバイク店「魔速商会」
一般評=クールなモテキャラ リュウジ評=とぼけた奴 趣味は昼寝

☆リュウジ
鬼浜爆走愚連隊・初代総隊長
喧嘩も単車も最強 実家はラーメン店「昇龍軒」
人情派で人望篤い 女子にめっぽう弱い 実は寂しがり屋の一面も

☆ダイゴ
鬼浜爆走愚連隊・親衛隊長
喧嘩勝負が得意 実家は鬼浜寺
寡黙で頼りになる存在 柔道の使い手 精神世界にも精通

☆ノブオ
鬼浜爆走愚連隊・若手
喧嘩も単車も修行中
総隊長リュウジを誰よりも慕う 打たれ強さは比類なし

===============================

★コウヘイ:暗黒一家・初代総帥
★ハンゾウ:暗黒一家・特攻隊長
★ゴンタ :暗黒一家・親衛隊長
★タカシ :暗黒一家・若手

===============================

◆関連するおはなし
 リュウジとコウヘイが初めて対決したときの件
  → 本編/自転車狂詩曲 ←
  → 承前/新米教官の自尊心 ←

===============================
 

<< 6月20日 3-2 | ホーム | 6月20日 2-2 >>


コメント

隊の名前。

( ^ω^)ノ コンチャ♪

なるほど。
画数で隊の名を表すと、そんな意味になるんですか!
確かに、ピッタリ合っていますね^^
いや~勉強になりました(*´∀`*)

それにしても。
アビリットも、隊の名を偶然に考えたんじゃなさそうな気がします^^
ちゃんと考えてたんでしょうかね。

>鬼ムチコさま

ども~(*^ー^)ノ

「鬼浜爆走愚連隊」の画数。
これ書くときに調べてみたんですよね。
画数の意味にはかなりびっくりしました゜゜(д )!!!
そして――なんか感激しました:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

たしかに、偶然じゃないのかもしれませんね。
だってすごく強い意味だから。
愛されるべき機種として生まれたんだろうな~、っていう
暗示を垣間見ましたね♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。