目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味的放課後の過ごし方 2-2



 そんなときに親父が家の中から店に戻ってきた。
 「おや、親衛隊長どの。随分と興味津々のご様子だな?」
 「押忍。これは素晴らしい品ですゆえ」
 ダイゴが手にしているのは、オレが子供のころに『親父のおさがり』だって言われて遊んでいた四駆車のラジコンだ。
 考えてみれば、相当の年代物のはず。親父とオレと、2代にわたって遊んでたんだもんな。っていうか、親父って案外物持ちがいいんだな――なんて思う。
 「わかるのか、親衛隊長。それは、いい物だろう? 君とは話が合いそうだ。なんせうちの無粋な息子ときたら、その趣が理解できんのだからな」
 「まったく。すぐ人を引き合いに出すんだからな、親父は。慣れてるからいいけどさ」
 でもまあ、確かに。オレには懐かしさはあるけれど、ダイゴほどにはその古いラジコンそのものに興味ないから仕方がない。
 
 そこからダイゴと親父とは、これまた楽しげにレトロおもちゃ談義に花を咲かせていた。
 オレもおもちゃは嫌いじゃなくて、自分の部屋にも気に入ったあれこれを並べてはいるんだけど、目の前のふたりのマニアックで熱っぽい会話には混ざれそうもないと判断した。
 しばらく終わりそうもないから、オレは店の中に自分の単車を引っ張り込んで、ダイゴに負けじと磨いてみる。
 「君は見所があるな、親衛隊長」
 親父がうれしそうにダイゴの肩をたたく音なんかが聞こえてくる。
 こと趣味についてだと、年の差なんて関係なくやりとりできるんだな。

 「よし。今日の記念にこの品を授けよう。持ち帰ってコレクションに加えるといい」
 しばらく語ったあと、親父はそう言ってダイゴが気に入ったらしいラジコン――親父のおさがりで、オレのおさがりの古いおもちゃをダイゴに押しつけていた。
 驚いたことに、ちゃんと箱まで残っていたらしい。オレも知らなかったんだけど、きっと押入で保管されてたんだな。
 「いや、そのような……さすがに申し訳ないので」
 「あはは、ダイゴ。遠慮いらないって。どうせがらくただもんな、親父?」
 「ハヤト。これは、がらくたではなく、相当の価値が――」
 「そんなことはいいから、親衛隊長。我が息子に執着心がないのなら、それでいいってことだ。そのほうがラジコンも喜ぶだろう」
 「それでは――お言葉に甘えて。ありがたき幸せ」
 ダイゴはラジコンの箱を恭しい仕草で親父から受けとっていた。
 その姿を見るオレの親父は、まるで我が子を見るような目をしていた。
 ……オレ、親父からこんな視線を受けたことって近頃なかったような気がするな。

 「じゃあダイゴ、そろそろ走りに行こうか」
 満足したらしいダイゴを促してみる。うん、オレはレトロなおもちゃよりは単車で走るほうが好きみたいだ。
 「押忍、ハヤト。父上、今日はいろいろとお世話になりまして恐縮です」
 ダイゴが親父に向かって頭を下げる。それを見て、親父はにっと笑んで応えた。
 「なんの。親衛隊長とはすっかり趣味仲間だからな。またいつでも遊びに来るといい」
 「趣味仲間……ね。ダイゴ、悪いけどたまには付き合ってやって」
 「ハヤト、こちらこそ是非にとお願い申し上げる次第だ。父上はすごく知識豊富で尊敬すべき人物。そう言っていただけて有り難いのだ」
 「……そんなもん?」
 「なあ、親衛隊長。我が息子の無趣味ぶりはどうだ? 親としては残念なんだがね」
 大袈裟にため息をつく親父の隣で、ダイゴは眼を細めて笑った顔でオレを見てる。
 「まあ、ハヤトには単車が生き甲斐だからな」
 「うん。ダイゴだけでもそれをわかっててくれたら、オレは満足だから」
 ……なぜだか親父は、さもおもしろそうに声を出して笑ってるんだけど。




にほんブログ村 スロットブログへ



===============================

【鬼浜魂疾走編 登場人物紹介】

☆ハヤト:このおはなしの語り手
鬼浜爆走愚連隊・特攻隊長
単車勝負が得意 実家はバイク店「魔速商会」
一般評=クールなモテキャラ リュウジ評=とぼけた奴 趣味は昼寝

☆リュウジ
鬼浜爆走愚連隊・初代総隊長
喧嘩も単車も最強 実家はラーメン店「昇龍軒」
人情派で人望篤い 女子にめっぽう弱い 実は寂しがり屋の一面も

☆ダイゴ
鬼浜爆走愚連隊・親衛隊長
喧嘩勝負が得意 実家は鬼浜寺
寡黙で頼りになる存在 柔道の使い手 精神世界にも精通

☆ノブオ
鬼浜爆走愚連隊・若手
喧嘩も単車も修行中
総隊長リュウジを誰よりも慕う 打たれ強さは比類なし

===============================

★コウヘイ:暗黒一家・初代総帥
★ハンゾウ:暗黒一家・特攻隊長
★ゴンタ :暗黒一家・親衛隊長
★タカシ :暗黒一家・若手

===============================

<< 趣味的放課後の過ごし方 3-1 | ホーム | 趣味的放課後の過ごし方 2-1 >>


コメント

(=・∀・)ノ ドモッス!

レトロの玩具って、古ければ古いほど味があるというか。
ずっと閉まっておいた玩具を、いざ手にとって見てみると、逆に新鮮さがあるような気がします^^
でも、ハヤトはそういうのは分からなそうだから^^;
ま、ハヤトは単車が生き甲斐だからいいかw(*´∀`)

……古ーい玩具って、どうかしたらプレミアものがあったりするから。
もの凄い、高値がついている場合があるんですよね…w(´ー`)

>鬼ムチコさま

ども~(*^ー^)ノ

レトロおもちゃって。
すごく味わい深いんですよ。
神奈川県の箱根ってとこに、おもちゃ博物館ってのがあるんですけど。
そこにひとりで行ったとき、それはもう大興奮でした(´∀`)

ハヤトは……まあ。
うん。嫌いじゃないんだろうけど。
そこにはこだわっていなさそうですな。だはは。
でも。旧車會って言うんでしたっけ、昔の単車好きな人のチーム。
アレには興味ありそうですなw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。