目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味的放課後の過ごし方 3-1

 
 
 今日はウチのお客だったダイゴと一緒に国道を走る。
 まだ明けない梅雨空の下、それでも単車で風を切ってゆくのは気分いい。
 湿気が多いから、海からの潮風が体にまとわりついてくるような感覚。体感的に、こんな風は雨の降り出しが近いんだろうと思うけど。

 「どう? 調子いい?」
 信号待ちで並んだから、オレはダイゴに問いかけてみる。
 「押忍。上々だ」
 「そっか。それじゃOKだね」
 「付き合わせて悪いな、ハヤト。アフターサービスまでさせてしまったようで」
 「え? オレ? あはは、そんなふうに思ってないって。ただオレが走りたかっただけだから」
 オレが応えたところで信号が青に変わった。

 今日はダイゴの後ろについて走っている。アフターサービスとまでの意識はなかったけれども、多少は気になるし。
 よって、ルートはダイゴにおまかせだ。
 夜が近い時間で、交通量が増えていたからごくゆっくりと国道を走って。
 途中で方向転換して、こんどは町を目指す道に逸れる。
 ダイゴの家に向かうかな? と思いきや、先導のダイゴはそのまま鬼浜町商店街に乗り入れた。
 ああ、そうか――ダイゴの意図が読めた。

 想像どおりの場所でダイゴは減速して、オレを振り返った。
 オレは笑って頷いて、そしてふたりで単車を路肩に停める。
 「やっぱりここか」
 「押忍。少し覗いていこうかと」
 「そうだね。ノブオ、合格してるといいけど」
 昼間にリュウジが貼り出したアルバイト募集のポスターにいち早く反応したのがノブオだった。
 それで、店主――リュウジの親父さんが面接するっていうところでオレは退出してきたんだけど。
 「どれどれ」
 言いながら、ダイゴは昇龍軒の赤いのれんをひらりとめくって中を見る。オレもダイゴの横に並んで覗きこんだ。

 そのとき見た中の様子は、ノブオがラーメンのどんぶりをお客さんに出しているところ。
 リュウジはそれを見て、なんだか注文をつけてた感じで――多分、どんぶりを出したときの向きかなんかを注意したんだろう――、それを受けたノブオは素直に頭を下げて、そのあと呼ばれたのか、やたらといい笑顔で厨房に入っていって。
 「ほう。やっているな、ノブオは」
 「うん、気合い入ってるね。いい顔してる」
 「リュウジの手伝いというのが、またノブオにはやる気を出させるのかもしれんな」
 「同感。リュウジとお揃いの上っ張りも、なんだか似合ってるし」
 「言えるな」
 なんて、店先で話していたら、中からお客さんが出てくるところ。
 ダイゴとふたりで慌てて飛びすさって、ドアの前をあけた。
 「ありがとうございました~!! またお待ちしてま~っス!!」
 店の中からノブオの声が外まで響いてくる。
 それを聞いて、ダイゴと顔を見合わせて笑ってるオレ。
 
 そのあと、もう一度国道に戻って走ろうか、っていう話になった。
 海の方角に向けて単車を再度スタートさせた。
 ちょうど川沿いの道に出たところで、さっきからの懸念だった雨粒が空から落ちてきた。
 並木道に単車を寄せて、ブレーキをかけたダイゴが言う。
 「ハヤト。これは拙い。雨だ」
 「うん。そろそろだろうとは思ってたけどね」
 「俺は急いで帰ることにするが、ハヤトはどうするのだ?」
 いつも冷静なダイゴにしてはやけに慌ててるな、って顔を見せたらダイゴはこう継いだ。
 「せっかく箱付で譲っていただいたラジコンを雨に晒すわけにはいかぬゆえ。いくらビニールで養生してあっても油断は禁物」
 「って、そんなに大事にしてくれるんだ。ダイゴ、本物のコレクターなんだな」
 「ハヤト、感想はあとだ。雨脚が強まってくるといけないのでな。急ぐぞ」
 「うん、了解」




にほんブログ村 スロットブログへ



===============================

【鬼浜魂疾走編 登場人物紹介】

☆ハヤト:このおはなしの語り手
鬼浜爆走愚連隊・特攻隊長
単車勝負が得意 実家はバイク店「魔速商会」
一般評=クールなモテキャラ リュウジ評=とぼけた奴 趣味は昼寝

☆リュウジ
鬼浜爆走愚連隊・初代総隊長
喧嘩も単車も最強 実家はラーメン店「昇龍軒」
人情派で人望篤い 女子にめっぽう弱い 実は寂しがり屋の一面も

☆ダイゴ
鬼浜爆走愚連隊・親衛隊長
喧嘩勝負が得意 実家は鬼浜寺
寡黙で頼りになる存在 柔道の使い手 精神世界にも精通

☆ノブオ
鬼浜爆走愚連隊・若手
喧嘩も単車も修行中
総隊長リュウジを誰よりも慕う 打たれ強さは比類なし

===============================

★コウヘイ:暗黒一家・初代総帥
★ハンゾウ:暗黒一家・特攻隊長
★ゴンタ :暗黒一家・親衛隊長
★タカシ :暗黒一家・若手

===============================

<< 趣味的放課後の過ごし方 3-2 | ホーム | 趣味的放課後の過ごし方 2-2 >>


コメント

(=^ロ^)ノ ドモドモ!

ノブオ、どうやら合格したみたいで良かったですねw
ま、リュウジのことだから不採用はないと思ってましたが(*´∀`)

それにしても、リュウジとお揃いの上っ張りかぁw
リュウジの手伝いも然り、ノブオのやる気を増幅させるにはもってこいですな^^

>鬼ムチコさま

ども~(*^ー^)ノ
お返事遅くなってすみませんでしたo(_ _*)o

ノブオ、採用されちゃったみたいです^^
きっと昇龍軒の店主=リュウジ父上にも気に入られてるんだろうなあ。
ってか、店主ってどんな人なんだろ。だはは。

>それにしても、リュウジとお揃いの上っ張りかぁw
きっと、みんなでお揃いの特攻服とは違う何かが
あるんでしょうね~!!!
あ~、なんとなく高校生時代を思い出すような。
そうでもないような(〃∇〃)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。