目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味的放課後の過ごし方 4-1


 
 昨夜のまるで夕立みたいな雨が止んだ後の今朝は、やけに透明感のある空気。
 いつもどおりにリュウジがオレの家まで迎えに来て、いつもどおりに学校へ向かう。
 「なあ、ハヤト」
 歩きながらリュウジはオレに問いかける。
 「ん? なに?」
 「お前、ゆうべ店を覗いてただろう?」
 「あ、気づいてたんだ?」
 ダイゴとオレは、昨日から昇龍軒でアルバイトを始めたノブオの様子をこっそり見に行ったんだ。
 「まあな。ってか、ハヤトはいいとしても、ダイゴはそうそう隠れられるとは思えねえって話」
 「あはは、それもそうか。で、ノブオはどう? しっかりつとまりそう?」
 「オウ!!! ノブオは素直だからな。言ってやれば何でもちゃんと覚えるし」
 「なるほどね。それなら安心だ」
 
 それから学校につくまでの間、リュウジに昨日のこと――ダイゴがタイヤ交換しに来て、その足で昇龍軒を見に行って、雨に降られてダイゴの家に行って、そこでダイゴのおもちゃコレクションを見せてもらった話をした。
 「ああ、そういえばダイゴは昔からおもちゃは大事にする奴だったな」
 共に育った子供時代を思い出すような笑い顔でリュウジは言った。
 「ラジコンなんかも、ちゃんと手を洗ってからじゃねえと遊ばせてもらえなかったし」
 「あはは、なんか想像つくな。ダイゴって几帳面だからね。それに物を大切に扱うタイプだからこそ、あれだけ美品のままでコレクションできてるんだもんな」
 「言えてるな。俺はダイゴのおもちゃ箱はしばらく見てねえけど、想像できるぜ」
 「とにかく、すごかったよ。ダイゴのコレクションは。オレが見ても楽しくなったしね。リュウジも見せてもらったら?」
 「お。それはいいな。今日あたり行ってみるか」
 
 そんな話をしてたら後から元気な声が追いかけてくる。
 「チィ~っス、兄貴!! ついでにハヤトさん」
 「オウ、ノブオか。おはよう」
 「って……オレはついでなのか」
 「うはははは。まあまあ」
 やれやれ、なんて大袈裟にため息ついてみるけど、ノブオがこんな調子のときって気分がノってる証拠だからな。よっぽどやりがいがあるんだろう、昇龍軒のアルバイトが。
 「あ、ダイゴさんも来ましたね。おはようございま~っス!!」
 「押忍、お早う。ノブオ、アルバイトの調子はどうだ?」
 「あれ。ダイゴさん、もう知ってるんですか~? やだな。照れるっスぅ」
 「えっと。なんで照れるんだ? ノブオは」
 「もう。意地悪しないでくださいって、ハヤトさんも人が悪いっスね」
 「……? ぜんぜん意味わかんないよ、ノブオ」
 うん。ときどき理解に苦しむんだよな……別にいいけど。

 「ところでな、ダイゴ」
 ノブオのテンションを笑いながら、リュウジはダイゴを振り返る。
 「ダイゴのおもちゃ箱がすげえらしいな? さっきハヤトに聞いたぜ」
 「ああ、そのことか。まあ、それなりに充実しつつはあるがな」
 「俺も見に行ってもいいか?」
 「無論。ああ――だがしかし。リュウジの場合は手を洗ってからにして欲しい」
 「え? って、ダイゴ……」
 「あはははは!!! 言われてるよ、リュウジ。何年ぶり?」
 「ほんの軽い冗談だがな」
 「へ~。ダイゴさんが冗談言うなんて。よっぽどテンション高いんっスかね~」
 「ノブオほどではないがな」
 そうか。おもちゃの話になるとダイゴってテンション上がるんだ。昨日もそうだったな。
 
 「んじゃ、放課後にでも行ってみるか!!! そしたらノブオ、今日は俺は非番ってことで、お前は仕事頑張れな。もう慣れたろ?」
 「え――えっ? あ、兄貴、そんな殺生なぁぁぁ」
 ノブオがせつない悲鳴を上げて、逃げるリュウジを追っかけてる。
 ノブオって、からかい甲斐があるよな。なぜかオレはノブオにからかわれるんだけど。




にほんブログ村 スロットブログへ



===============================

【鬼浜魂疾走編 登場人物紹介】

☆ハヤト:このおはなしの語り手
鬼浜爆走愚連隊・特攻隊長
単車勝負が得意 実家はバイク店「魔速商会」
一般評=クールなモテキャラ リュウジ評=とぼけた奴 趣味は昼寝

☆リュウジ
鬼浜爆走愚連隊・初代総隊長
喧嘩も単車も最強 実家はラーメン店「昇龍軒」
人情派で人望篤い 女子にめっぽう弱い 実は寂しがり屋の一面も

☆ダイゴ
鬼浜爆走愚連隊・親衛隊長
喧嘩勝負が得意 実家は鬼浜寺
寡黙で頼りになる存在 柔道の使い手 精神世界にも精通

☆ノブオ
鬼浜爆走愚連隊・若手
喧嘩も単車も修行中
総隊長リュウジを誰よりも慕う 打たれ強さは比類なし

===============================

★コウヘイ:暗黒一家・初代総帥
★ハンゾウ:暗黒一家・特攻隊長
★ゴンタ :暗黒一家・親衛隊長
★タカシ :暗黒一家・若手

===============================

<< 趣味的放課後の過ごし方 4-2 | ホーム | 趣味的放課後の過ごし方 3-2 >>


コメント

(=^∀^)ノ どもw

ダイゴのおもちゃ箱。
やっぱり、リュウジも気になるみたいでw
でも、ダイゴが几帳面なのは分かるけど…
そんなにリュウジの手は汚いのかなぁ…?
リュウジは、おもちゃに触りすぎる傾向があるとか?

なんちゃって(笑)

>鬼ムチコさま

ども~(*^ー^)ノ

やっぱね、男子って。
多かれ少なかれ、おもちゃ好きなんですよね。
たぶん、ですけど^^
少なくとも私の周りはそういう人多いです。

まあ、わたしも好きなほうだけどw

幼少時代のリュウジ、そんな感じだったんじゃないかな、なんて。
楽しそうなことには真っ先に飛びつく本能タイプですかね。だはは。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。