目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味的放課後の過ごし方 6-1

 

 ノブオが昇龍軒のアルバイト店員となってから10日ほどが経っていた。
 その間に期末試験があったりとか――リュウジもノブオも『我関せず』みたいな態度だったけど大丈夫なんだろうか――、毎日の蒸し暑さが増してきたりとかしている。
 もう夏本番も間近に迫ってきた今日このごろ。
 リュウジもときにはノブオを店に残してオレの家まで遊びに来たりしているところを見ると、ノブオもいっぱしになった、ってことなんだろうな。
 
 試験のあとということで、すでに授業は午前中だけになっていた。
 ここのところオレの遊び相手になってくれていたダイゴは久し振りに赤ジャージと柔道の手合わせをすることになっているらしくて、今日は帰りが遅くなるみたい。
 オレはお客のところに納車に行くんだと言った親父に店番を頼まれていたんで、午後は店で過ごしているところ。
 たまに鳴る電話をとったり、ふらりと来たお客さんに請われてパーツカタログを渡したり、メンテ預かり中の常連さんの愛車のチェーンをウエスで拭いたりして。
 
 「よう、ハヤト」
 そんな最中にリュウジが店に入ってきた。
 「ああ、リュウジ。いらっしゃい」
 「暑いからな、アイス買ってきたぜ!!! 食うだろ?」
 「うん、もちろん。悪いね」
 「わはは。俺が食いたかっただけだぜ」
 リュウジの手みやげの入ったコンビニの袋を受け取る。やたらと数がたくさん入っていたのは、どうやら親父とお袋の分まで、とリュウジが気を利かせてくれたらしい。
 
 オレはソーダ味のやつを選んで、リュウジはこれだろうと踏んでいちご味のを渡して、残りを台所に持って行って冷蔵庫に入れて。
 誰もお客さんがいないのをいいことに、リュウジとふたりでおやつを決め込んだ。
 「今日は、ノブオは?」
 「ああ、夜からな」
 「そうか。そしたら夜はリュウジも店に戻る?」
 「いや、俺は今日は休みの予定だ。そう毎日働いたら身がもたねえって」
 なんてリュウジは肩をすくめて見せた。
 なるほど、と笑い返すと……あらら、アイスが溶けてきてる。慌てて口に持って行く。
 「わはは。ハヤト、食うの遅いな」
 「え。普通じゃない? っていうか、リュウジが早いんだって。あんまり急いで食べると頭痛くなるじゃん?」
 「そんなの気合いの問題だろうが!!!」
 ……ほんとにそういう問題なのかどうかは、はなはだ疑問だけど。

 そんな最中に店の入り口が開いて、親父が外から戻ってきた。
 「只今帰還」
 「おかえり、親父」
 「おう。店番ご苦労、我が出来のよい息子よ」
 「え。出来のよい、って――珍しいこと言うね」
 「そうか? 俺はいつもそう思っているがな」
 「……初耳だけど。オレ」
 「わはははは!!! 相変わらず仲いいな、親父さんとハヤトって」
 「おや、総隊長どの。それはそうさ。我が自慢の息子と俺はここらじゃ評判の仲良し親子だ」
 「……え。それも初耳だな、オレ」
 親父とリュウジは楽しそうに笑いあっていた。なんだかな。
 
 リュウジの手みやげのアイスを出してきて、親父に渡してやった。親父はリュウジに礼をしつつも、オレが食べたソーダ味がよかったとかって大人げないこと言ってたけど。
 「それで? 俺のいない間に変わったことはなかったか?」
 「ええと、パーツカタログを欲しいっていうお客さんが来たのと、あとは電話」
 「内容は?」
 「車検の問い合わせが1件と、広告出してる雑誌の編集さんから1件。あとは親父のお仲間からのご機嫌伺いが1件あった。メモはそこにとってあるから」
 「そうか、ご苦労」
 「あと、そこのメンテ中の単車、ちょこっと磨いて時間つぶしてた」
 親父はチョコのアイスをあっという間に片付けて、オレに頷いてみせる。
 やっぱりオレが食べるの、遅いだけなのかな……。



にほんブログ村 スロットブログへ


===============================

【鬼浜魂疾走編 登場人物紹介】

☆ハヤト:このおはなしの語り手
鬼浜爆走愚連隊・特攻隊長
単車勝負が得意 実家はバイク店「魔速商会」
一般評=クールなモテキャラ リュウジ評=とぼけた奴 趣味は昼寝

☆リュウジ
鬼浜爆走愚連隊・初代総隊長
喧嘩も単車も最強 実家はラーメン店「昇龍軒」
人情派で人望篤い 女子にめっぽう弱い 実は寂しがり屋の一面も

☆ダイゴ
鬼浜爆走愚連隊・親衛隊長
喧嘩勝負が得意 実家は鬼浜寺
寡黙で頼りになる存在 柔道の使い手 精神世界にも精通

☆ノブオ
鬼浜爆走愚連隊・若手
喧嘩も単車も修行中
総隊長リュウジを誰よりも慕う 打たれ強さは比類なし

===============================

★コウヘイ:暗黒一家・初代総帥
★ハンゾウ:暗黒一家・特攻隊長
★ゴンタ :暗黒一家・親衛隊長
★タカシ :暗黒一家・若手

===============================

<< 趣味的放課後の過ごし方 6-2 | ホーム | 趣味的放課後の過ごし方 5-2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。