目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーセンの鷹 1

 亜由姉さんの騒動のあったその翌日のこと。
 なぜか昼前からリュウジがオレの家まで赴いてきていた。
 
 「今日は店、いいのか?」
 「おう。今日は大丈夫だ。どっちみち盆時期で空いてる、店は」
 「ああ、そうか。忙しいのはダイゴのとこか」
 「だな」
 店先で、単車雑誌をぱらぱらめくりながらリュウジは頷いた。

 「で? どうかしたのか?」
 「いや、どうもしねえけどよ。ただ、俺が監視してないと、お前がパチンコだかパチスロだかに行っちまうんじゃねえかな、って思って」
 「え……」
 オレはぎくりと背筋を強張らせた。
 
 「あ、やっぱり、だろ? ハヤト、そんなこと考えてただろ。まったく、そんなことだろうと思ったぜ。俺の第六感も捨てたもんじゃねえな」
 リュウジは満足そうに言う
 「ちぇ。こんなことなら朝イチから出撃するんだったな……」
 「ん? 何か言ったか?」
 「いや、何でもないよ……」
 オレの考えることくらいお見通しなんだな、リュウジは。監視役──適任だぜ。

 そんなこんなの会話のあと、リュウジと連れだってオレは町へ出掛けていった。
 「なあ、ハヤト。ゲーセン行くか?」
 「ゲーセン? あんま興味ないけど……」
 「まあ、そう言うなって。たまには楽しいぜ!!」
 「うん、リュウジが行きたいんだったらいいよ。だってどうせ、オレには決定権ないんだろ?」
 「わはは、そうとも言うな!! それじゃ決まりだ」
 リュウジはうれしそうに、オレの手をひっぱってゲーセンへと連行したのだった。

 リュウジが好きなのは格闘ゲームらしい。
 お気に入りのゲーム機に100円玉を投入すると、慣れた手つきでレバーやらボタンやらを操作し始めた。
 しばらく見ていると、リュウジの操作するキャラクターはあっという間に敵を倒して次のステージへ移行する。
 「へええ、上手いもんだな、リュウジ」
 「まあな」
 得意げにリュウジは応える。表情がいきいきとしている。よっぽど好きなんだろう。

 「なあ、ハヤトもやってみろよ。ほら、そっち側で。これな、対戦できるんだぜ?」
 「そうなんだ。じゃあやってみようかな」
 リュウジに勧められるまま、オレは向かい側のマシンに100円を入れ、ゲーム開始。
 が──実際、どこをどうやったら技を出せるんだかも理解せぬまま、リュウジ(の動かすキャラクター)にヤられてしまった。
 まさに秒殺であった……。

 「おい、ハヤト!!! ちゃんとやれや!!! ちっとも楽しくねえぞ」
 「そんなこと言ったって、どうやったらいいんだよ、これ」
 「もう、わかんねえのかよ、ほら、ここをこうすればパンチだろ?」
 とか言いながら、面倒見のいいリュウジは、オレの機械に自分で100円玉を入れてくれて、さらにオレのそばで手取り足取り教えてくれたんだ。

 けど──
 「ここを? こう……?」
 「だ~~~、もうハヤト、タイミング悪いぜ。だから、敵がきたら避けるんだろ?」
 「避けるって技もあるんだ」
 なんてオレが言うと、リュウジは肩をがくりと落としたのだった。
 「まあな、避けるにも技術は要るけどな。でもゲームで技って、普通は攻撃するほうのことだよな。まあ、仕方ねえか。ハヤトはゲームどころか実際の喧嘩もしねえしな」
 リュウジはぶつぶつ言っている。

 「ああ、そうか。そんならあっちのほうが楽しいか、ハヤトには」
 と、急に思い立ったようにリュウジがオレの背中を叩く。
 「何?」
 「こっちだ、ハヤト。これで勝負しようぜ」
 そう言ってリュウジが次にオレを連行したのは、バイクレースのゲーム機の前。

 「な? これだったらちっとは勝負になりそうじゃねえ?」
 「あはは、そうかな?」
 オレは、少しだけいける気がした。これならオレの得意分野かも!

 「じゃあ行くぜ、用意はいいか?」
 「オウ!!!」
 同時にコインを入れ、ゲームを開始させるリュウジとオレ。
 ゲーム機から聞こえてくる『Ready Go!!』の声に合わせてスタートさせるも──
 スタート直後に転倒するわ、コーナーで派手にスピンするわ、周回遅れの上にリュウジの進路を妨害するわの大騒ぎで、ちっとも先に進まないという体たらく。

 「あらら、おかしいな……? なんでこうなる?」
 「なあ、ハヤト──お前って、つくづくゲームの才能ねえな」
 リュウジがもはや憐れみの目をもって、オレを見ていた。
 「だって、ギアチェンジのタイミングがさ……」
 嗚呼、なんか抵抗するのも虚しいぜ。

 結局、どのゲームをやってもそつなくこなすリュウジの手元を見て、オレは時間をつぶす羽目になった。
 途中でのどが渇いたから、ジュースでも買おうかと店内をうろうろしていて、オレはそれを見つけた──お、これはパチスロ機じゃないか? これも100円で遊ぶのかな? あ、そうか。あそこでメダル借りるんだな。

 オレはリュウジが花札ゲームに集中しているのを確認して、これこそオレの得意分野たるゲーム機に投入するメダルを借りてみることにした。
 

テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

<< ゲーセンの鷹 2 | ホーム | トラブルメーカー女史 8 >>


コメント

あ、模様替えだー!

私はPC知識が全くないので、毎回更新するのみで
あとは一切手をつけられない状態ですヨ・・

ゲーセンって「チャンプ」ですかぁ?(笑)
カツあげされてる鈴木君(でしたよね?)
出てくるのかなぁ?
ちなみに私は、ゲーセン演出が一番好きです。
今日もゲーセンでタカシをぶん殴ってたので
BETしたら「ボーナス確定」でした!わお!

模様替え♪

>>ピノコさま
わたしもまったくweb知識ないです!!
手探りでございます(^^;)
ただ、文字量からすると左右にサイドバーがあるのがちょっとかなあ……と思いまして。
前の、気に入ってたんですけどね……。

>今日もゲーセンでタカシをぶん殴ってたので
>BETしたら「ボーナス確定」でした!わお!
お~~~、それ嬉しいですね!!!
わたしは殴る→液晶凝視→「当」でした (*^ー^)ノ
ちなみにわたしの羅武演出は、河川敷夜露死苦ぅ!!でございます。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。