目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジグソーパズルの1ピース 3-2



 リュウジが満足して引き揚げてきたので、オレたちはまだ残っていた野球部の連中に挨拶をして校門を出た。
 朝からこんな時間まで学校にいるなんて滅多にないことだ。しかも夏休みなのに……。
 リュウジのジャージを着ているオレは、汚れているのでそのまま借りて帰ることにした。
「よっしゃ。そしたら汚れついでに浜へ行こうぜ、ハヤト。夕焼けが見頃だからな」
「ってリュウジ、ほんとに元気だね。疲れてないのか?」
「全然。ほら、早く歩けって。日が暮れちまうから」
 早く歩くどころかランニングの速度で走るリュウジに、数歩遅れてついていくのが精一杯のオレ。頑張れ、オレの筋肉、と叱咤しながら道を行く。
 なんとか辿り着いた浜では、見事な夕照がオレたちのゴールを讃えてくれていた。
「オウ、間に合ったぜ!!! いいよな、浜の夕暮れ時ってのは」
「うん。贅沢な気分になるね」
 海面のきらめきを目に映し、潮風を胸いっぱいに吸い込んでみる。
 リュウジとふたりきり、という色気の無さはとりあえず置いておくことにしよう。なんだか気分が満たされているから。

「うん? 俺が喧嘩の練習? いや、別にしねぇけど?」
 しばらく海に沈んでく太陽を眺めたあとに、自販機で買った飲み物を片手に砂浜に陣取っているリュウジとオレ。さっき玉城と話していて、気になっていたことを訊いてみた。
「昔ダイゴに教わった柔道技は役に立ってると思うけど、あとは独学だな。漫画とかも大いに参考になるぜ。読んでるだけで自然に身についてる感じか? あとから考えるとな」
「へえ。何でも勉強になるんだね」
 オレも動体視力を養うためにパチスロを――いや、これは発言は控えておこう。
「オウ!!! 見方次第じゃ漫画でも何でも教科書だぜ!!!」
「……それ、数学と英語の先生の前で言える?」
「おい、喧嘩売ってんのか、ハヤト?」
「あはは、穏便に穏便に」
 ふざけて握ったリュウジの拳がオレの眼前で止まった。

「でもハヤトは練習ってか、計算する方だよな。しょっちゅう考え込みながら走ってるだろ? 単車のとき」
「え――そんなつもりでもないような……ああ、でも、たまにはそうかも。初めて走る道なんかだと、もしここで勝負になったらどう攻めるとか、自然にね。で、もし二度目に同じ道を通ったら予行練習の気分になるときもあるね」
「だよな。たまにそんな顔してるもんな。それってすげぇな、って思ってたんだぜ、俺」
「そんなことまで見えてたんだ、リュウジには」
「当たり前!!! だって俺、総隊長なんだぜ?」
 眼前の海は紺色に染まり始めていた。砂浜にいるオレの横の存在だけが、未だ夕焼け色のオーラを放っているのをなんとなく感じてた。
 一方は本能で君臨する総隊長。
 もう一方は頭脳と努力で登り詰めた総帥――そこまで至らせたのはリュウジかもしれないってことだったのか。
 
 ぼんやりとしたオレの思考は、リュウジの声に遮られた。
「おい、ハヤト。明日は補習のあと浜で泳ごうぜ!!! せっかく夏なんだし」
「オレ、あんまり日焼けしたくないな。っていうか、オレは補習じゃないのに」
「そんな場合か? お前も来週は体育の補習だろ? どうせ種目は水泳なんだし、予行練習の気分でいいじゃねえか」
「え――オレ、補習? 体育の?」
「出席日数足りてねぇって赤ジャージに呼ばれてただろ? まあ俺もだけどな」
「……すっかり忘れてたよ、オレ」
「いや、さすがの俺もそれは笑えねえぞ。ハヤトらしいとか、そういう次元を超えてねえか? ちょっと心配になってきたぜ……」
 リュウジがいたわるような目でオレを見た。ここはオレ、笑っておくしかないのかな?
「あはは、大丈夫だって。ほら、リュウジも一緒ってことで、オレの本能が安心してただけだよ。補習も、頼もしい総隊長どのに先導してもらえばそれでOKってことで」
 ……我ながらどこまで本気の言葉だか、わかったもんじゃないけどさ。


<< ジグソーパズルの1ピース 4-1 | ホーム | ジグソーパズルの1ピース 3-1 >>


コメント

リュウジって、何に対しても呑み込みが早いタイプなんでしょうか(´∀`)
計算や、頭を使うこと以外でww

ふと思ったんですが。
リュウジの驚異的本能と、ハヤトの計算高い所が合わされば。
もしかして、無敵なんじゃないかと思います(笑)

>鬼ムチコさま

どもども(*^ー^)ノ

>リュウジって、何に対しても呑み込みが早いタイプなんでしょうか(´∀`)
ああ見えて応用力はあるかな、って。
それも計算とかじゃなくて素で。それが本能なのかしらw

>リュウジの驚異的本能と、ハヤトの計算高い所が合わされば。
>もしかして、無敵なんじゃないかと思います(笑)
そ う で あ っ て ほ し い の で す !!!
彼らには天下無敵であってほしいですし。
ほら、そのほうが打ち手の生活が……なんちて(〃∇〃)
冗談は置いといて、でもいいコンビですよね、リュウジとハヤト。
ま、ハヤトは計算してる自覚もないみたいなのが天然ですなw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。