目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジグソーパズルの1ピース 6-2



 平日の昼間だし、店番そのものは忙しいわけではない。
 時々鳴る電話へ応対して、時々入ってくるお客様に挨拶をして。
 あとは、たまたま修理で預かっていた鬼工の仲間の単車を店の中のスペースで磨いたりするのがその日のオレのアルバイトであった。
 いつもだったら何くれとなくオレに話しかけてくるリュウジだけど、やっぱりおとなしいままオレの背後の木製テーブルに陣取って、雑誌をぱらぱらめくって時間を潰してる。
 オレは思い立って、口を開いてみることにした。なにげなくを装って、ウエスを握った手を休めずに、後ろを振り向かないままで。
「そういえば、土曜だから一昨日か。オレ、夜にひとりで走りに行ったんだけど」
「たまにはいいよな、そういうのも」
「うん。気がついたら県境を越えてた。気持ちよかったから、つい遠くまで行ってた」
「ハヤトは見境ねえもんな。単車と一緒なら」
 いつもなら何気ない会話のときにでも、何かと語尾に感嘆符がついたようなしゃべり方をするリュウジが、補習が終わってからというもの全く違った雰囲気だ。

 そしてオレはくるりと体の向きを変えて、リュウジを正面から見て話を続けた。
「それで、その日の帰りに河川敷で奴ら――暗黒一家の集会らしいやつに出くわして。ああ、オレは土手から遠目に見ただけだったから何もなかったんだけど。その時、やっぱり少し妙な気配だったんだ、連中」
「……うん? どんな具合だったんだ?」
「気配からすると、かなり大勢集まってたと思うんだけど、やたらと静かで。誰も大声出したりしてる感じじゃなかった。オレが通りかかったときにたまたまだったのかもしれないけど、何て言うんだろう。奴らが醸すような物騒な空気みたいのを感じなくて。おまけに、暗かったし低速ながらも運転中だったからオレの見間違いだろうと思ってたけど、もしかしたらあれは本当にそうだったのかも」
「あれって何だ?」
「うん。コウヘイがさ。取り巻き連中に向かって頭を下げてたように見えたんだ。それって、さっきの玉城の話と照らし合わせるとコウヘイがリーダーを辞する覚悟なんかを口にしたのかもしれない、と思って。海外留学するんなら有り得る話じゃない?」
「なるほどな。それは有り得るな、確かに」
 リュウジは雑誌をテーブルの上にばさりと置いて、腕を組む。

 一瞬の間をおいて、数時間ぶりにリュウジらしい勢いの言葉がオレの耳へ入ってきた。
「ってか、やっぱり理解できねえな、俺には。コウヘイの奴、連中を従える身でありながらどっか遠いところへ行こう、ってのが。留学だか養殖だかが大事なことかも知れねえけど、俺だったら志の途中で道を逸れるなんて絶対できねぇぜ!!!」
「うん、きっとね。リュウジだったら絶対に」
「だろ、ハヤト? でもって、俺は奴もそうだと思ってたんだぜ? だから俺とは互角として認めてやってるんじゃねえか!!! 何も決着ついてねえってのに、納得いかねえ」
 組んだ腕をほどいて、リュウジはテーブルの上で拳を握っている。
「よし、わかった。俺がどうすりゃいいのかわかったぜ、ハヤト!!!」
 決然とひとつ頷いてリュウジは続けた。
「俺は納得しなきゃいけねえようだ。奴が頭を降りるにしろ、どうやったって奴との決着をつけないまま納得ができるわけねえんだ。やっと答えが出たぜ」
「そうか。だったらOKだ。いつものリュウジに戻ったな」
「ああ。こないだコウヘイに『理解力がねえ』って言われて腹立てたけどな、その意味も今になってやっと解ったぜ。俺は納得したいだけだ、ってことを理解するのにこんな時間がかかる奴だったんだな」
「まあ、突然聞いた話だったし。リュウジが複雑な気分なのもわかったよ、オレには」
「さすがハヤトだな!!! 俺、やっぱりハヤトと話してると正しい方へ行ける気がするぜ」
「あはは、そりゃどうも」
 リュウジは素直だな。ストレートすぎる表現だ。複雑よりもリュウジらしい。うん。
「よっしゃ。とにかくコウヘイを捜して問い質さねえとな。ハヤト、今夜付き合えるか?」
 オレが頷くのを見届けると、リュウジは喉が渇いたと行って外へ出ていった。
 おそらく今度はいつものいちご牛乳を手に戻ってくるんだろう。想像できてほっとした。


<< ジグソーパズルの1ピース 7-1 | ホーム | ジグソーパズルの1ピース 6-1 >>


コメント

コウヘイに長期留学のお話ですか∑(゜Д゜;)
でも、コウヘイ自身も凄く選択に迷うんじゃないでしょうかね~(´∀`;)

その留学の話に興味があれば、の話ですがww

>鬼ムチコさま

ども~(´∀`)

>でも、コウヘイ自身も凄く選択に迷うんじゃないでしょうかね~(´∀`;)
おそらく自ら志願して、って感じじゃなさそうですもんねw
でも周りに流されるタイプって気もしないですよね、コウヘイ。

>その留学の話に興味があれば、の話ですがww
たしかにwww
っていうかコウヘイはいったい何に興味があるんだろ?

……いろいろ想像してみようw


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。