目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商店街で君と握手!! 7-2



 作業に一段落つけたのが3時ごろ。リュウジとノブオは昇龍軒へ、オレは家へと戻ることにする。撤収の一行に、お遣いがあるというダイゴも混ざって商店街方面へと向かう。
 直接家へ帰るつもりだったんだけど、途中でレポート用紙を買い足しておこうと思いついて、まだちょっと時間もあったので商店街まで同行することに決めた。
 商店街の入り口付近、つまり昇龍軒の手前まで来たところで昨日行き合った男の子ふたり連れに遭遇した。
「あ、リュウジ。もうちょっと早くきてくれたらよかったのに」
「ほんとほんと~」
 男の子たちはリュウジの姿を見るなり駆け寄ってきて、口々にそう言った。
「うん? どうかしたのか?」
「それがさ。今日も見ちゃったんだよ、ぼくら」
「怪人、また来たんだよ。でっかいやつ」
「今日も魚屋さんにいたみたい。出てきたとこを見たんだ」
「それでね。途中までおっかけてったんだけど、こわかったから帰ってきたとこ。リュウジがいたらいっしょに追いかけてほしかったのにね」

 真剣そのものの子供たちをよそに、オレたちは顔を見合わせている。
 なんだ。彼らが昨日見た、今日も商店街に来たという怪人っていうのはダイゴのことじゃなかったのか。
 だってダイゴは今、彼らの前にいるわけだし。
 リュウジが心配していたこととは関係なかったんだとわかって、オレもほっとした。
 そんな意味の視線を交わしあったところで、リュウジは子供たちに言った。
「そうかそうか。それじゃ次にまたそいつを見かけたら俺にも教えてくれな。俺だったら本当に怪人かどうか見分けられると思うからな」
「うん、わかった、リュウジ。きっとそうするね」
「よかった、リュウジがいてくれて。そっちの大きい兄ちゃんも強そうだから安心だね」
 ふたりはダイゴを見上げてこう評す。ダイゴが頷くと満足したように去っていった。
 
「何だ。例の目撃談はダイゴじゃなかったんだな」
 ふたり連れの姿が視界から消えたあと、リュウジが呟いた。
「そのようだな。俺もこれで安心してここを歩ける」
「うん、ダイゴ。よかったよ。けど、誰だったんだろ?」
「真相究明しちゃいます? 俊也兄貴のとこ、行ってみません?」
「そうだな。誰だかわかんねえけど、怪人扱いされてる人がいるのも気の毒だよな」
 といったところで、オレたちは揃って商店街の鮮魚店、俊也さんの家へ赴いた。
 
「怪人だって? あんなに可愛いのにか? そんなふうに見えるのか、子供らには」
 リュウジが呼んで奥から出てきた俊也さんは、リュウジの説明を聞いてこう感想する。
「オウ。なんかおっかねえらしい。この店がどうにかなるとか、心配されてたぜ?」
「まさかまさか。有り得んよ、そんなん」
 俊也さんは笑い飛ばす勢いだった。
 鱗がぴかぴか銀色に光る魚が並ぶ店先。その前でオレたちは俊也さんの話を聞いた。
「それな、俺が教育実習行ってたときに知り合った子だ。俺に懐いてくれたもんで、こっち戻ってるって報せたら、昨日も今日も遊びにきてくれてな。本当に可愛いもんだよな」
「なんだ、そういう話だったのか」
「そうそう。ああ、リュウジたちのことも知ってたぞ。あんまり仲良くないらしいな?」
「うん? 何だ……ってか、誰のことだ?」
 なんて訊く体勢のリュウジに向かって俊也さんがこう続ける。
「そいつ、ゴンタだよ。体は大きいけどナイーブな子だろ? 最近、なんだか寂しいんだと。いつも一緒に行動してるやつが旅行中らしくて。その間の話し相手が俺ってことで」
「ゴンタだったのか!!! なるほどな。納得だぜ。しかし話し相手ってのは……」
「何かおかしいか? あいつ、よく喋るよな? 声がくぐもってるから聞き取りにくいけど。俺とはちゃんと普通に会話できるのがうれしいんだって喜んでくれるし」
 可愛い、ナイーブ、よく喋る――オレたちの知っているゴンタと同一人物なのか?
 まあ、大柄で寂しがってる、っていうところは当てはまると思うけど。



<< 商店街で君と握手!! 8-1 | ホーム | 商店街で君と握手!! 7-1 >>


コメント

なるほど~やっぱり、ゴンタだったんですね!
ゴンタって見かけによらず、繊細な所がありますよね(´∀`)
もう何て言うか、野生感たっぷりでカワユスww
私なんか、BIG中に流れるキャラ紹介で、片言でしゃべるゴンタに胸キュンしたくらいですし(笑)

これ以上寂しがらないように、早くコウヘイが帰ってくるといいですw(^ω^)

>鬼ムチコさま

どもです~☆

そうでしたそうでした。
ゴンタでした。バレてましたね~。だはは。

>私なんか、BIG中に流れるキャラ紹介で、片言でしゃべるゴンタに胸キュンしたくらいですし(笑)
わかりますソレ!!!
あのカタカナ表示の台詞が想像ってか妄想どおりでしたもん。

コウヘイも、さぞかしゴンタをかわいがってるんじゃないかな~、と。
猛獣使い……いや(汗)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。