目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商店街で君と握手!! 8-1



 舞台稽古は終盤に入った本番2日前のオレたちである。
 今日はダイゴとオレの怪人組に加勢してくれる有志が来てくれて、キャスト勢揃いのリハーサルが敢行されることとなる。
 有志たちにはとりたてて台詞があるわけではないし、各々忙しいだろうから、ということで稽古場に来てもらったのは今日が最初で最後といった手筈。
 集まってくれた面々を前に、オレがさらっと説明をする。
「そしたら、当日は今着てる黒の部活ジャージで来てくれればそれで大丈夫だから」
「了解した、相棒さん」
「うん。それで、オレが『集合』って合図したら、こっそりとこれを装着して……」
 と言って、オレは用意してあった黒の目出し帽を取り出す。
「被ったら、客席にばらけて座ってた位置にそれぞれ立ち上がってもらいたいんだ」
「そして攻撃へ適当に粘ったあとに、適当にやられたふりをすればよい、ということだ」
「そう。そんな役で悪いけど、協力してもらえると助かるよ。森園主将」
「なんのなんの。我々にとっては何であっても練習だから」
 鬼工野球部・森園主将は妖艶に笑んでそう答えてくれた。
 
 本当は主役級をお願いしてもいいくらいの役者なんだろう森園主将だけれども、今回はほんの脇役として助力してくれることに異議を唱えるでもなく。それだけじゃなくて、もともとは演劇部だったという玉城もメンバーなのでそれなりに恐縮したいたりもしたけれど、彼ら一行はそんなことなど一切気にしない、といったスタンスでいてくれた模様。
「でな、このきっかけで客席から攻撃されることになってるんだけどな。このへんは決して本気になったりしねえでほしいんだよな」
「もちろんそれは了解している、リュウジ。我々はあくまでスパイスなんだろう?」
「まあな。それを理解してもらえてるんだったら言うことなしだぜ!!! なあ、ハヤト?」
 リュウジは気合いの入ったこぶしを挙げた。それへオレも握った右手をぶつけてみる。

 最終的にストーリーは観客の子供たちの参戦を見据えてのものだったから、その部分はちょっと本番では変わってきそうな感じだったけれど、どうにかこうにか稽古は形になっていた。と、オレはそう思ったので満足だ。
 全編通しでのリハーサルを終えたあと、自然に頬をほころばせているオレがいる。
「うん。これなら明後日は上手くいきそうだ」
「そうか。ハヤトがそう言うんだったら大丈夫だよな!!! 何つったって監督だもんな」
「え、監督とか言った? リュウジ、オレはそんな大層なもんじゃないって」
「いや、しかしこのプランは相棒さんがあってのものなんだろう? 我々はリュウジからそう聞かされている。だから監督で正解だろう。な?」
 なんて森園主将が言うのに野球部の面々も賛同していたりとか。
 あとはダイゴもノブオも、それから白鳥先生も俊也さんも笑ってたりとか頷いてたりとか、オレの背中をどやしつけたりとかしてくれて。
 なんだか気恥ずかしいながらも、出演者諸氏にオレはこんな風に言って頭をさげてみる。
「ええと――そしたら本番はどうぞよろしく」
「おい、ハヤト。お前、なんか気合い足りなくねえか? そこは夜露死苦ぅ!!! だろうが!!!」
「あ、そう? じゃ、あらためて――夜露死苦ってことで」
「……なんか締まり悪いけどな。まあ、いいか。ハヤトだからな」
 リュウジがやけに芝居がかったため息をつく。みんな笑ってる。オレも笑ってた。

 リハーサルをこなしたあと、野球部は来たときと同じくランニングで鬼浜寺から去った。 それを見送りながらリュウジが言う。
「そろそろいい時間かもな」
「ん? 何の?」
 オレはリュウジに訊いている。
「今日な、公園に舞台が組まれる日なんだよな。盆踊りのやぐらは明日っつってたか?」
「はい、兄貴。オレもそう聞いてるっス」
「ちょっと様子見にいってみるか?」
「それは良いね、リュウジ君。実際の舞台は前もって知っておいたほうが」
「だな。跳んだりはねたりするのには空間を把握しないと話にならんよな」
 なんて兄貴分ふたりが賛同する。オレにももちろん異論はない。
「うん。そしたら行ってみようか。ダイゴも出られる?」
「押忍。悪いが少し待ってもらえるか? 住職についでの用向きがあるか訊いてくるゆえ」
「オウ!!! ダイゴ、商店街で買い物あったら勉強してくれるように俺が交渉するからな!!!」




<< 商店街で君と握手!! 8-2 | ホーム | 商店街で君と握手!! 7-2 >>


コメント

おおお!
怪人組も豪華なメンツが勢ぞろいですねww

参戦型のこういうショーって、子供達もつい本気になっちゃうんですよねぇ(´∀`;)
でも、そういう姿を見ていて微笑ましいと言うかww

>鬼ムチコさま

どもです~♪

>怪人組も豪華なメンツが勢ぞろいですねww
お~、そう言ってもらえてうれしいです☆
彼らもノリ良さそうですからね。安心できますw

>参戦型のこういうショーって、子供達もつい本気になっちゃうんですよねぇ(´∀`;)
やっぱりそう思いますかf(^ー^;
怪人組、危険かなあwww ←他人事
笑って済ませられますようにヾ(≧∇≦*)ゝ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。