目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼浜戦隊ショウテンジャー 1-1



 本番開始は午前11時。定刻まで10分を切った。
 舞台袖からちらりと覗くと、地面にござを敷き詰めただけの客席にはびっしりとお客さんが集まっていた。
 地元のちいさい子たちが主だけど、その家族らしき人たちもけっこういた。商店街でお馴染みの顔も数多ある。前もって仕込んである鬼工野球部の面々も確認できた。
 ポスター作成の仕事を請け負った亜由姉さんもいたし、亜由姉さんの友達で鬼工の保健室の遥先生の姿も見える。ほかにも知った顔がちらほらと。
 あとは、花束を抱えたお姉さん方の姿も見える。白鳥先生のファンの人たちかな? いったいどこで聞きつけてきたんだろう。
 開演5分前になると、短く鐘が振られた。商店街の抽選会のときに大当たりが出ると鳴らされるやつのようだ。

 その音を合図に、リュウジが言った。
「みんな、いい舞台にしようぜ!!!」
「は~い、兄貴!! オレ、ずっこけないようにがんばるっス」
「だな。俺も勢いつきすぎて舞台から落ちたりしないようにするわ」
「ふふふ。私は客席からの声援を浴びて輝いてみせるからね」
 ヒーロー組は口々に言ってる。思ったほど堅くなってる感じじゃないのがさすがだ。
「ハヤトもダイゴも、よろしく頼むぜ!!!」
「押忍。できるかぎりやってみよう」
「うん。そうだね。でもオレ、なんか緊張してるんだけど……」
「わははははは!!! ハヤトが緊張してるってどんな冗談だよ!!!」
「って、リュウジ。失礼だな」
 むすっと言ったらリュウジがオレの背中をばしっと叩いてこう言った。
「ハヤト。お前がそれでどうすんだ? この企画はいわばお前が支柱だろ。しっかりしようぜ。いつも通りでいいんだからな。ハヤトは特に、前にライブハウスとか出てただろ? 舞台経験者なんだし、落ち着いてればそれで大丈夫だぜ。な、ハヤト?」
 不思議だ。リュウジがオレの目を見てそう言っただけでなんだか落ち着くオレがいる。

 ひとつ大きく深呼吸。そのあとオレは思い出したので言ってみた。
「そうだ。ライブって言えば、ステージに上がる前に円陣組んで気合い入れたっけ」
「なるほどな!!! よし、やってみるか」
 そしてオレたちは輪になって、それぞれ右手を真ん中に出し合って。
「よっしゃ!!! 気合い入れてくんで夜露死苦ぅ!!!」
「夜露死苦ぅ!!」
 リュウジの先導に従ってみんなで声を出す。うん、それで完全に気分が切り替わった。
 あとはやるだけ。やれるところまでやるだけだ。
 そうして今度は長々と鐘の音が公園に響き渡った。開演時刻の合図だった。

 ダイゴとオレは客席後方からの登場となる。いったん舞台袖からこっそりと出て公園の外を回って持ち場へスタンバイ。
 舞台背面のパネルには、書き割りの代わりに商店街で実際に撮影された写真を大きく引き伸ばしたものが貼られている。商店街の写真館の人がやってくれたんだと昨日リュウジが教えてくれた。
 
 舞台にリュウジが出る。両脇には俊也さんと白鳥先生。すると客席から拍手が起こった。
 リュウジの衣装は昇龍軒の上っ張り。俊也さんはねじりハチマキとゴム長姿、それから白鳥先生はあおいさんに借りたらしい店名入りの前掛けをつけている。
 ちなみに本番の今日は全員ワイヤレスのピンマイクをつけることになっている。
「オウ、みんな元気そうだな!!!」
「あ、リュウジだっ」
「は~い!! げんきだよ~!!」
 リュウジの呼びかけに、口々に客席の子供たちが応える声。
「元気なのは魚食べてるからだよな? 知ってるか? 魚食べると頭よくなるんだよなー」
 稽古のときよりもおどけた口調で俊也さんが言った。
「ふふふ。女の子は笑顔が素敵だ。どの笑顔にも花が似合う」
 白鳥先生は手に持っていた赤いチューリップを、客席の女の子に差し出した。
 受けとった子はうれしそうにしていたし、大人のお姉さんとおぼしき観客からは羨望のため息が聞こえてきた。
「今日も鬼浜町商店街は元気で楽しくて平和で、最高だよな!!!」
 拳を握った右腕を体の前にもってきて、リュウジは大きく言い放った。
 当然のように客席からはいいお返事。立ち上がって飛び跳ねてる子なんかもいた。
 うん。つかみは上々だ。




<< 鬼浜戦隊ショウテンジャー 1-2 | ホーム | 商店街で君と握手!! 9-2 >>


コメント

商店街で君と握手シリーズ完結、お疲れ様でした(^ω^)

準備も万端。
次はいよいよ舞台開演ですねっ!
怪人軍との絡みはどうなることやら…。
まあ、私的にそこが凄く楽しみなんですが(笑)

>鬼ムチコさま

ども~( ´▽`)o
パソコン帰ってきました!! ので顔文字ですw
でもまだ環境が落ち着かないもんでお返事遅くてすみません。

どうにかこうにか本編無事完了です。
テンポ悪い中お付き合いいただけて、ほんとうにありがとうございました。
大感謝です!!!

>怪人軍との絡みはどうなることやら…。
そこですかwww
ええと……客席にいるのを妄想しといてください。なんちてw
どうか楽しくお読みいただけますように。





コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。