目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼浜戦隊ショウテンジャー 2-1



 舞台背面のパネルの写真が、ふたりの黒子――商店街の世話役の人らしい――によって貼り替えられた。場面転換の合図だ。
 最初の写真は商店街の町並み。それで新しく貼られたほうは、鬼浜鮮魚店の店構えのアップ写真だ。
 準備完了の頃合いを見計らって、ダイゴとオレの怪人組がはじめて舞台に上がる。
 オレの手にある小道具は食品サンプルの鯛。ダイゴはひまわりの花束を持ってる。
 よし、がんばろう。
 オレも声を張って、台詞言わないといけないんだ。
「見てみろよ、カイジングリーン。さすがにイキがいいよな、ここの魚は」
 手にした模造品の鯛を頭上に掲げてアピールするオレ。
「押忍、カイジンブルー。良い商店街には佳い品が自然と集まるゆえ」
 ダイゴも演技として、幾分乱暴に花束を振りかざした。
 どうだったろう。ちゃんと喋れていたんだろうか――いささか心配になるオレだけど、客席の子供たちからブーイングをもらったのでOKだったと理解できた。

 いかにブーイングとはいえ、客席から反応をもらえるのっておもしろいかも。そう考えたら気分上々。
「この調子で、商店街をオレたちのもとに跪かせようか。そしたら何だってできる」
「賛成だ。ところで腹が減ったな。壮大な計画の前には腹ごしらえが必要ではないか?」
「言えてる。何かうまいものを捜そうか、カイジングリーン」
「では手始めにラーメンでもいただくとしよう。旨い店があると聞いているので」
「あはははは。それはいい案だ」
「そうであろう? さあ、食って食って、食い尽くすのだ。わっはっは」
 言って、ダイゴとオレは客席をあおるような仕草をとって見せた。
「なんだって~?」
「ダメだぞ、怪人!! そんなの許さないからなっ」
「こんなやつら、やっつけちゃってよぅ」
 客席は最高潮に盛り上がっていた。まあ、大半は幼い声の野次だったけど。

 子供たちのテンションが、放っておいたら舞台に殺到しそうな感じになるぎりぎりを見切って、満を持して登場するヒーロー。
 パネル裏で最初の衣装からバトルスーツへ着替え、フルフェイスのマスクを装着した4人がそこで舞台に再登場となる。
「ショウリュウレッド、参上だぜ!!!」
 咆吼しつつ、設えられた舞台の脇にあった古木の枝から飛び降りたリュウジが姿を現す。衣装合わせのときに見た赤いマントが翻る瞬間、客席から歓声があがった。ひらりと姿を見せたあとのリュウジは、オレたちには見慣れた闘争ポーズを作ってた。
 その瞬間をあえて待っていたかのように、怪人たるダイゴとオレはわかりきった仕草で周囲を見回した。
「フィッシュシルバー、只今見参」
 得意のバク転を決めて俊也さんがリュウジに続く。舞台上手から下手までの連続技で客席を沸かせたあとにリュウジの横へ並んだ。
「フラワーホワイトの御目見得だ」
 白鳥先生の連続ターン、そしてジャンプ。華麗な身のこなしは、もともと白鳥先生目当てで来ていたらしいお姉さんたちだけでなく、地元の女の子たちも虜にした様子だった。
「デマエピンク、お待たせしました~」
 小走りにステージに上がるノブオは岡持を提げている。それを舞台後方へ置いてから白鳥先生に習ったターンとジャンプを見せる。華麗ではないけれど、なんか一生懸命さが伝わってきて微笑ましい。客席からは「ノブオ兄ちゃ~ん」なんて声がかかった。
「愛と」
「平和と」
「友情の」
「鬼浜戦隊」
「ショウテンジャー参上!!!」
 勢揃いしたヒーローは、ノブオ、白鳥先生、俊也さん、リュウジの順でひと言ずつ、最後は全員で声を合わせて決め台詞を言ったあとにポーズをとった。



<< 鬼浜戦隊ショウテンジャー 2-2 | ホーム | 鬼浜戦隊ショウテンジャー 1-2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。