目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼浜戦隊ショウテンジャー 3-2



 リュウジとノブオは、ダイゴとオレを捕まえて床へと押さえ込んだ。
「捕まえたぜ、怪人!!!」
「オレもっス!!」
 ふたりの声が響き、客席の視線がこちらへ戻される。同時に怪人軍団たちへの攻撃はそこで止んだ。
「拙い。このままでは全員やられてしまうゆえ」
「そうみたいだ、カイジングリーン……よし、逃げろ!! 軍団撤収!!」
 オレの合図に右手を挙げて、例の「ウィ~~~ッス」を言ったあと、怪人軍団は二列縦隊を作って公園から走って出て行った。
 腰の位置に軽く握った手を添えて、いつも見るランニング風景を彷彿とさせる彼らに心の中で拍手を贈っておこう。
「オウ!!! みんな、逃げる奴らは追いかけねえで大丈夫だからな!!! もう悪さしねえから」
 リュウジが言った。これはアドリブ。ボールを持って立ち上がりかけた子がいたからだ。

 よし、ラストスパート。
 俊也さんと白鳥先生が舞台に戻ってきたのが合図。ダイゴとオレは、それぞれの肩を押さえつけているヒーローの腕からすり抜けて立ち上がる。
「しかたない。今日のところはこれくらいにしといてやろうか」
「押忍。その気になればまたいつでも来られるゆえ」
「覚えておけ、鬼浜戦隊ショウテンジャー」
「いつかきっとオレたちの野望が達成する、っていうことを」
 それが台本にある、ダイゴとオレの最後の台詞だった。
 言い放ったあとは舞台の裏へ戻って、登場のときと同じようにデコレーション自転車に乗って颯爽と公園を後にする、という手筈。

 が――
 下手にはける直前のことだった。
「怪人、なんで悪いことするんだよっ!!!」
 幼いが真剣な声とともに、客席からボールがオレに向かって飛んできた。
 スポンジボールだからダメージはないはず、と高をくくっていたのがまずかった。
 どこでどう混ざったのか、投球者の私物だったのか。それはピンクのゴムボールだった。
 それがオレの喉に当たった。体の中で唯一剥き出しの喉へ。
 予期せぬ度合いの衝撃に慌てたオレはさらに足許に散らばっていた模造品の手裏剣を踏んで、そのまま足を取られて転倒してしまった。
 そして――
 一体、何のはずみだったんだろう。
 あれほど正体がばれないようにと気をつけて装着していたメットとゴーグルが外れてしまったんだ。

 気がついたときには、オレは思いっきり素顔を見せていた。
 ヤバいね、オレ。やっちゃったね、カイジンブルー。
 鬼浜町商店街では今後絶対に悪い奴呼ばわりされるだろうな。
 さっきシメの台詞を言ったところだったのに、思わず呟いてしまった。ピンマイクが生きていることなんて、頭の隅っこにもなかった。
「――オレもヒーローになりたかったな……」

 結果的にオレの最初で最後のアドリブの台詞は、客席に笑いをもたらしたようだった。
 とにもかくにもダイゴに助け起こされて、何事もなかったように、というのは苦しいながらも再びメットとゴーグルを着けてから自転車に乗って撤収した。
 想定される展開としてはオレたちもスポンジボールの洗礼を浴びるんじゃないかと考えていたけれど、それは思っていたよりも少なかった。
 逆に拍手しながら見送ってくれてる子供もいたような気がした。
 
 公園から距離をとる最中にスピーカーから聞こえてきたリュウジの声。
「みんなのおかげで鬼浜町商店街には平和が戻ってきたぜ!!! これからも夜露死苦ぅ!!!」
 この台詞がシメだ。鬼浜戦隊ショウテンジャー・ヒーローショーは終了したんだ。
 風にのってオレの耳にそれが届いた瞬間、自然と自転車をとめてほっと一息ついていた。
「ごくろうだった、ハヤト。一仕事終わったな」
 同じくペダルから足を地面に移して、ダイゴがオレの肩をぽんぽん、と叩いてくれる。
 それへオレはにこりと笑って見せて――
 よっぽど安心したのか、走っていないのに自転車のバランスを崩して、また転びかけた。幸いにもダイゴが気づいて、手を添えてくれたからどうにか持ちこたえたけれど。




<< 鬼浜戦隊ショウテンジャー 4-1 | ホーム | 鬼浜戦隊ショウテンジャー 3-1 >>


コメント

あああ…!
カイジンブルーの素顔が露わに…!∑(゜д゜;)
それに、ハヤトのアドリブの台詞も何だか切ないww(´∀`)

何はともあれ、ヒーローショウも無事に終わったことだし。
みんな、ホントにお疲れ様って言いたいですね^^

>鬼ムチコさま

ども~(*^ー^)ノ

カイジンブルー、結局ボケキャラでしたの巻w
でもウチの場合はハヤトが肝心なところでとぼけてくれる程、締まりがいい気がします。
……ちょっとかわいそうにも思いますけど。だはは。

>みんな、ホントにお疲れ様って言いたいですね^^
うれしいお言葉ありがとうございます♪
きっと彼らもよろこんでくれるでしょう。
慣れないことさせられちゃいましたもんね~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。