目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単車屋お天気屋 8-2



 遅刻して、さらに体育は大手を振って見学したオレは学校から帰ってきたところ。
 店の前に立ち尽くしているのは、親父の筆跡で書かれた貼り紙を見てるから。
『店主病気療養中につき本日臨時休業』
 療養って大袈裟な。ひとつため息をついてから、今日は玄関から家へ入ることにした。

 さて、病人はどうしているだろう。
 家の中の気配を読むに、どうも寝室にいるようだ。一応ノックしてから扉を開ける。
「親父? 病人なんだって?」
 室内は暗かった。電気もつけないまま、さらにカーテンも閉めたまま、親父は頭から布団にくるまっている模様。
「二日酔いか何かだろ?」
 ごそごそと布団が動く。親父の顔はまだその中のままだ。
「水でも持ってこようか? それとも薬がいる?」
「……水はいらんが、ビールを希望する」
 くぐもった親父の声が耳に届いた。
「って、やめときなよ。依存症になっちゃうだろ?」 
「別にそれでも構わんさ。誰も心配してはくれんだろう」
「まったく。何を拗ねてるんだよ、いい歳して」
「我が可愛い跡継ぎ息子よ。残念ながら父はまだ若いのだ」
「はいはい。親父は若い若い」
 っていうか、ガキみたいなもんか。

 台所へ戻って、コップにコーラを注いで親父の寝室へ運んでやった。
 ビールじゃないけど、炭酸だから多少は似てるだろう。水よりは。
 親父はようやく布団から起き上がって、ベッドに座ってコップを受け取る。
「うむ。二日酔いにコーラは、まあまあだな。覚えておこう」
「やっぱり二日酔いだったのか」
 オレの感想に返事はなかった。
 ひとこと言ったきり、親父は飲み干したコップを手にしてため息をつく。
「どうかした?」
 やっぱり返事はなかった。
 そうか。まだ昨日の落ち込みモードを引きずってるんだな。
「自称親孝行の息子としてはさ、心配だって。親父には元気に働いてもらわないとね。それに昨日オレ、単車に傷つけちゃったから、ほんとはすぐに診てほしかったりして」

 だから、しょうがないか。話してやろう。
「お袋、旅行中だってね?」
「旅行――?」
 やっと反応してくれる親父である。
 亜由姉さん、正解だ。親父は初めて聞かされる話のような反応を見せた。
「うん。あれ、親父は知ってると思ってたけどな」
「それは知らん……と思ったが、言われてみればどこかで聞いたような気もするな」
「あはは。だって、親父はそれが原因でお袋と喧嘩になったらしいじゃん。で、親父が怒るし、旅行もキャンセルできないし、って言うんで、お袋はばあちゃんとこ行って、そこから出かけたって聞いた。亜由姉さんにね」
 オレがそこまで言うと、ようやく親父は得心が行ったような顔をした。
「ああ、そうか。そうだったのか!! 思い出したぞハヤト。俺はあの日、母ちゃんの作った飯が食えないと働く気力が湧かないと言ったんだ。そうだそうだ、原因はそれだ」
「って、そんなこと言ったんだ、親父」
 親父の言い分を聞くと、なんだか気が抜ける。
「それは言うさ。現に母ちゃんの飯を食っていない今、働いておらんしな。わっはっは」
「そういう問題か?」
 オレが言うのも何だけど、まるで困った駄々っ子だな。
 その駄々っ子もすこし元気になったようだ。
 やっとこさ意識の底にしまいこんでいた何かを思い出して。もしかしたらもうお袋が帰ってこないんじゃないかと悩んでいたみたいだけど、それが勘違いだとわかって。

「で? ハヤト、母ちゃんはいつ帰ってくるんだ? 亜由ちゃんに聞いたか?」
「確かあさってだって言ってたかな」
「そうか。ならばあさっては店を休んで迎えに行くかな。新幹線か、飛行機だろうか?」
「それは聞いてこなかったけど、親父。サボり癖はよくないんじゃない? あさっては置いといて、とにかく頼むから今からでも仕事してよ。本気でオレの単車を診てほしいんだ」
 オレの懇願に、これまた気の抜ける親父の言葉が返ってくる。
「いや、しかし。母ちゃんの作った飯どころか、昨夜リュウジが持ってきてくれたラーメン以来何も食べておらんので、目眩がするほど空腹で。それどころではないのだ、息子よ」
 大きな駄々っ子に対して勝ち目のないオレは、仕方ないので何か簡単に食べさせられるものでもあるかと台所を物色しに行った。
 冷凍庫を覗いたら、お袋手製のカレーと小分けにされたごはんが保存されていた。
 フリーザーバッグに油性ペンで書かれた日付は、お袋がうちを出た日だった。
 よく見たら『ハヤトへ。パパの分は卵の黄身をトッピングしてあげてね』なんてメッセージが入ってた。
 ……努力してはみたものの、卵の黄身だけってスプーンですくうの難しいんだな。
 どうにもならなくて、結局ほとんど白身ごとルウの上に流して、やっとつなぎ服に着替えて台所へ来た親父に出してやった。
 親父は、お袋のカレーそのものには感涙ものだったみたいだけど、やっぱり卵の白身が邪魔だったみたいだ。
 今度リュウジにコツを教えてもらっておこうか。



<< 単車屋お天気屋 9-1 | ホーム | 単車屋お天気屋 8-1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。