目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾ひれのついた怪魚 1


 二足歩行する魚の噂は、最初の日から数日はわが鬼工を駆けめぐっていた。
 噂の魚はオレたちが暗黒一家と手を携えて探し出し、その後はとりたてて連絡はないけれどおそらく暗黒一家がしっかりと見守っているはずなので、ふたたび「見た!」という人間が現れることはなかった。

 噂の立った翌日──つまりオレたちがモモコを捕獲した数時間後──オレたちみたいに探索部隊を結成しようという動きが、最初に写真を撮ったやつを中心とした1年生の間であったらしい。ノブオの報告でそれを知ったオレたちは、止めたほうがいいような気がした。
 だから、有志たちにダイゴをけしかけたんだ。
 「やめておいたほうが身のためだ。あの辺りは古戦場の跡地でな。いまでも成仏できない武者の霊がある気配がしているゆえ。そういえば撮った写真には妙なものは写っていなかったか?」
 ダイゴの深い声を聞いて、どうにか1年生の有志たちは思いとどまったようだ。
 やれやれ、といったところか。

 噂もすっかり下火になった今日。
 学校から帰ると、店先に近所の小学4年生・ケイタがいた。
 「あ、ハヤト!! おかえりぃ」
 「お、ケイタ。来てたんだ。回覧板でも持ってきた?」
 「ううん、そうじゃない」
 ケイタはくりっとした瞳でオレを見上げて、首を左右に振る。
 
 「あのさ、ハヤト。バイクにのっけてよ」
 「ん? 単車に?」
 「そう。あのね、ぼく行きたいとこがあるんだけど、ちょっと遠いんだ」
 なるほど。そういうことか。
 「どこまで行きたいんだ? ケイタ」
 「えっとね。夕映え木立」
 「え──」
 罪のない輝きをしたケイタの瞳は、オレを思いっきり頼りにしてると語っていた。

 どうしてピンポイントでケイタがそこを指定したんだろう。なんだかただ事じゃない予感がしたから、オレはリュウジに電話をかけて呼び出した。
 リュウジがつくまでの間、ケイタに話を聞いてみる。
 「あのね。クラスでうわさになってることがあるんだ」
 「噂、か」
 「うん。夕映え木立にね、おばけ魚が出たんだって」
 「どんな魚だって?」
 「ええとね。歩くんだって。おばけ魚」
 鬼工ではもう下火になっている陸棲の魚の噂は、時間差でケイタたちの小学校に伝播したってことみたいだ。
 「足が生えてて、四つん這いで歩いて、言葉を話せて、すっごく大きいんだって。それでね、人食いなんだって。こわいよね? ハヤト」
 「あはは、それは怖いなあ」
 「もう。笑いごとじゃないじゃんか」
 ケイタはふっくらした頬をぷんと膨らます。カワイイな、子供って。
 
 ケイタの話を聞くと、噂はずいぶん曲解されているみたいだ。
 事実を見た者としては笑うしかないんだけれど、それはあのときあそこにいた8人限定の秘密だから普通にしらばっくれる。

 「よう、ケイタ!!! 元気にしてたか?」
 「わあ、リュウジ!! うん。絶好調だよ」
 ちょうどここでリュウジの登場。オレはケイタに聞いたことをかいつまんでリュウジに伝えた。

 「わはははは、ケイタ。そんな魚いるわけねえだろ!!!」
 つとめて大きく笑い飛ばしたリュウジの目が笑っていなかったことには──子供のケイタにはばれずにすんでいたみたいで一安心。
 「でもさあ、カズマの兄ちゃんがさ……」
 オレはリュウジと視線を合わせた。
 カズマというのは、ケイタの仲良しの友達だ。将来は一緒に単車に乗る約束になっている同級生で、カズマの兄貴は──ハンゾウなんだ。

 「ハンゾウがどうかしたのか?」
 「うん。ここんとこあんまり家に帰ってこないんだって。カズマが心配してるんだ。でね、3日前の朝に会ったときに聞いたら学校のそばの林に行ってたって言うんだって。それってさ、夕映え木立のことなんでしょ?」
 「3日前、か」
 「ってことは、あの後だね」
 「なに? リュウジ、ハヤト、何か知ってるの?」
 「え……いや、何も知らねえって。だって俺たち、学校違うし。なあ、ハヤト?」
 「そうそう。そんなにしょっちゅう会わないからね。ハンゾウたちと」
 「ふう……ん」
 案外鋭いところもあるケイタだったが、それ以上はつっこんでこなかった。

 「でね。カズマがさ、うわさを聞いてホントにこわがってるんだ。もしかして兄ちゃんがおばけ魚に食べられちゃったらどうしよう、って」
 「いやあ、それはないと思うけど」
 「そうだな。ケイタ、よく考えてみろや。人を食う魚が林にいるなんて、おかしいだろ? それによ、魚は食われるもんじゃなくて食うもんだ。なあ、ハヤト? お前魚だったら何でも食うだろ?」
 「ああ。生きがよかったらね」
 とか言ってごまかしてはみるものの、ケイタにはあんまり効果はないみたい。

 「ねえ。おねがい、ハヤト。ぼく、ちょっとだけでいいから行ってみたいんだ。夕映え木立。何もいなかったら安心してすぐ帰るから。それにね、代わりに見てきてってカズマにもたのまれたんだよ。ほんとは自分で行きたかったみたいなんだけど」
 「カズマくんに──か。どうする? リュウジ」
 「そうだな。そこまで言うんじゃ仕方ねえな。ここは折れてやるか」
 「ええっ、ほんと? リュウジ」
 「オウ!!! ケイタの友達思いに負けたぜ、俺」
 「やった~~~!!」
 「な、せっかくだからカズマも連れてってやるか? 俺のリアが空いてるぜ」
 「ほんとに? ありがと、リュウジ。じゃあカズマを呼んでくる!!」

 かくして、オレとリュウジは3日ぶりに、ケイタとカズマを連れて夕映え木立へとふたたび入っていくことになったんだ。


テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

<< 尾ひれのついた怪魚 2 | ホーム | 秘密指令・総員ニテ捕獲セヨ 8 >>


コメント

はじめまして。
アクセスアップ!ブログランキング紹介ブログを運営するschim(シム)と申します。
様々なブログランキングをまとめたブログを作りました。

アクセスアップにお困りや興味があれば
ぜひあなた様にご利用していただきたいと思いコメントさせていただきました。

http://blog.livedoor.jp/schimap/ からたくさん
ブログランキングに登録すれば確実にアクセスアップできるかと思います。

ブログランキング登録は無料で簡単ですので
まだであればぜひ登録をおススメいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。