目次

過去の記事をまとめて表示できるようにしてみました。 【 】がついている項目をクリックすると、それぞれのタイトルの記事を一括でお読みいただけます。 【 】内の数字が若い順に古い記事となっております。 【 】内の冒頭数字が同じものはそれぞれ対になるおはなしです。

これまでのおはなし

全タイトルを表示

御来訪感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルの放課後 1


 それはある日の放課後のこと。
 赤ジャージの柔道特訓を一緒に見学したあと、リュウジとともに学校を出て、リュウジの家の前でいつものように別れを言い合ったその後。
 すこし歩いた商店街の真ん中で、オレは千晶ちゃんの姿を見つけたんだ。手には何やら大小ふたつの袋を提げている。
 「お、千晶ちゃん」
 「ああ、ハヤトだ。今帰り?」
 「うん、そう。千晶ちゃんは?」
 「あたしはこれからリュウジのとこへ行くんだ」
 やんわりと笑う千晶ちゃんのほっぺたは、今日も手入れが行き届いているらしく、ふっくらしていた。

 「こないだ頼まれてさ、リュウジに」
 「何を?」
 「買い物。刺繍糸」
 目の前に手荷物のうちの小さいほうの袋をかざして、千晶ちゃんはそう言った。
 「へえ。珍しい買い物を頼んだなあ、リュウジ」
 「ね~。だってさ、こないだコレ渡されてね」
 と、千晶ちゃんが示したのは、持っていたもうひとつの大きいほうの袋。袋の口を開けると、見慣れたリュウジの特攻服が現れた。

 「ここのところと同じ色の糸を買ってきて、って」
 「ああ、ここ? ほつれてるとこだ」
 「うん。直すんだって」
 「直す──って、千晶ちゃんが?」
 「まさか。あたしお裁縫は苦手だもん」
 くふふ、と千晶ちゃんは苦笑いを寄越した。

 「リュウジがね、自分でやるって。それくらいは出来るんだけど、でも手芸店に行くのが自分じゃムリとか言ってさ。恥ずかしいんだって」
 「あはは、そういうことか」
 確かに。リュウジが手芸店で刺繍糸を選んでいる姿って、想像するとやたらと笑えるかも。そりゃ恥ずかしいってのもわかるなあ。

 「それでさ、買い物したからリュウジに渡そうと思って」
 「そっか。じゃあオレも付き合おうかな」
 なんて言いながら、オレはついさっき別れたばかりのリュウジの家の前までふたたび、今度は千晶ちゃんと一緒に戻ることにした。

 「けど、リュウジって自分で裁縫できるんだ」
 「ね~。意外だよね」
 千晶ちゃんがくすりと笑う。
 「意外って言えばそうだけど、でもリュウジは何をやっても器用にこなすからね」
 「ふうん。あたし、ハヤトのほうがそういうの得意かと思った」
 「え? オレ? あはは、オレはムリだな。不器用だっていつもリュウジにからかわれてるよ」
 「へええ。そっちのが意外かも」
 「そう? でも、オレたちは千晶ちゃんがあんなに度胸あるって知ったときはほんとに意外だったけどな」
 「あは。世の中って、見かけによらないことだらけだよね」
 そうかもね、なんて笑いあっていた。

 話しながら歩いて、駅前に通じる道を横切ったところで、前方からひとつの人影がオレたちの前で立ち止まった。
 ん? と横に並んだ千晶ちゃんからはずした視線を前にやると──
 「あ、コウヘイだ……」
 こんなとき、どんな反応していいかって実はオレ、苦手なほう。
 リュウジと一緒に歩いてるときだったらリュウジが真っ先に行動を起こすので、それに倣えばいいだけだからな。
 ノブオだったら向こう見ずにつっかかっていくのかも。ダイゴだったら一礼して何事もなかったように歩き出すのかも。

 したらばオレは──なんて一瞬迷っているうちに、オレより先に千晶ちゃんがコウヘイに笑いかけたんだ。
 「こんにちは、暗黒の大将さん」
 「お……おう」
 ヤバいことにならないといいんだが──オレは腕っ節でコウヘイに敵うわけないから。一緒にいる千晶ちゃんをかばえるのか?
 とか思うオレを後目に、千晶ちゃんはまったく動じずにコウヘイを見据えている。

 見つめられるコウヘイは──なんだか妙な表情を作っているのに気がついた。
 「女子、貴様どうしてそのような恰好を?」
 「え? あたし? 何かおかしい?」
 目顔で問われて、オレは首を左右に振った。
 ちょうど冬服になったばかりのシーズンで、千晶ちゃんはごく普通に学ランを羽織っている。
 「べつにおかしいとこなんてないんじゃない? ちょっとサイズ大きめだけど」
 「それはね。そのほうが似合うから。あたし」
 「いや……そういう問題ではない。貴様、女子なのに何故男用の制服を着ているのだ?」
 言い終わっても、ぽかんと口を開けているコウヘイの顔は、ちょっと見物だった。

 そうか。ようやく納得だ。
 今日までずっと千晶ちゃんを完全に女の子だと思っていたコウヘイが、千晶ちゃんの学ラン姿を見たわけで。
 そしたらそういう反応するのも当然というわけで。
 オレと同時に千晶ちゃんも思い至ったようで、ああ、とばかりに頷いた。

 「貴様、女子の制服はスカートだろう? それは趣味なのか?」
 「いいじゃないの。何着てたって。だってあたしの本質は服の中の、それよりももっと奥のほうにあるのよ?」
 千晶ちゃんの回答はこうだった。さらに続けてこう言った。
 「大将の本質だって、目に見えるものとは違うかもしれないじゃない」
 コウヘイは言葉を詰まらせた。
 あらら、ホントに強いね、千晶ちゃん。オレ、出る幕ナシだ。

 結局のところコウヘイは、首を傾げたままそれ以上何も言わずに立ち去っていった。
 「すごいな、千晶ちゃん。暗黒一家の総帥に勝利だ」
 「あは。これって勝ち? じゃああたしもリュウジに並んだね」
 なんてやんわりと笑む鬼工のアイドルがオレの横にいる。
 オレたちには見慣れた学ラン姿の美少女って、やっぱりちょっと普通じゃないチカラを持ってる。
 それが人を惹き付けるんだな、なんて改めて感心してしまった。

 

テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

<< アイドルの放課後 2 | ホーム | 叢中に咲く一点の紅い花 9 >>


コメント

惚れた?

惚れたのか?コウヘイ・・・惚れちゃったのかい?
(昔風にいうと・・・ホの字?w)


>>Tohkoさま

むふふ……
どうでしょ~ね?
今度打ったときにでも訊いてみてくださいwww
くれぐれも総帥の機嫌を逆撫でしないようご注意(^^:)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。